偕楽園で花見をした後、知人にオススメされた水戸芸術館に行ってきました。

●茨城旅日記~震災の日に偕楽園で満開の梅見と黙祷~

今水戸芸術館では「藤森照信展自然を生かした建築と路上観察」を開催しています。



私は藤森照信さんをよく知らないのですが、有名な建築家だそうですね。


藤森照信読本


初めて行った水戸芸術館は、最初駐車場がどこにあるか分からなかったのですが、

「駐車場無いのかな?」
「いや、美術館は搬入のために駐車場はあるはずでしょ」
と言いながらぐるりと回ると、裏側に市営駐車場の入口がありました。

30分まで無料、1時間まで¥200、30分ごとに¥100 ということで、結局駐車料金は500円かかったので3時間いたことになります。


会場内は撮影自由でしたが、人がそこそこいたので少しだけ撮りました。

タイルが貼られた車、可愛い。



ところどころ文字が仕込まれていて、「カサハラ」とか「タイル大好き」とか書かれていました。


東京計画2107は、水没した東京。



この奥には砂浜と木々と未来の建築物があるという模型でした。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加