浦沢直樹の漫勉シーズン4第1回、清水玲子の回を観ました!

「秘密」を描いている現場を観られるなんて、ありがたいことです。


秘密 season 0 4 (花とゆめCOMICSスペシャル)

自宅件仕事部屋は、とてもキレイで整理整頓された、白を基調にしたお宅でした。


下書きをトレースしながら下書きを描くときに使用しているのは、大ゴマの絵はHのユニの鉛筆。


三菱鉛筆 鉛筆 ユニ H UH 1ダース

後方の人物を描く時は、鉛筆だと線がつぶれてしまうので0.3mmのシャーペンなど使い分けているそうです。

清水玲子さんの線だとステッドラーの鉛筆かと思ってましたが、ユニなんですね。
(絵を描く人が使う鉛筆は、ユニかステッドラーかで分かれます。
ステッドラーの方が固くてシャープな線、ユニは柔らかく情感のある線を描ける印象がありますね。)




ペン入れのときには、白い手袋を嵌めて、一番力が入る中指にはサポーターを巻かないと、痛くて描けないとのこと。


P-80WL 編集用手袋 2入L

こういう編集用手袋は、汗で汚さないようにしたりするときにも使いますね。

主線を見ながら

「最近端役の人の目が小さくなりましたよね」

と浦沢直樹に言われ

「薪以外はモブ顔だって言われるんですけど…薪は美男子という設定だから、差を出すためにしてるんです。

薪のモデルはL’Arc~en~Cielのhydeさんなんで。ああいう官僚がいてもいいと思って」

と、薪さんのモデルがhydeだとわかりました!


次に丸ペンで繊細な線を描いていきます。

特に髪の毛は、顔が締まって男前度が上がるのでポイントが高いそうです。

そして目のペン入れは、なるべく淡白に描いていき、消しゴムで下絵を消してから再度調整するのがポイント。

あまり書き込みすぎてしまうと失敗することがあるので、最初はあまり書き込まないそうです。

東村アキコは迷いなくさささささっと絵を描いていて、浦沢直樹からも

「俺も早いけど、東村さんも早いね!」と驚かれていましたが、

清水玲子さんはやはり、とてもとても丁寧。

下書きの線をしっかりと追うように、口も一気に描かずに、紙の角度を変えながら複数回に分けて描いていました。

なのでその分躊躇い線のようなものがあるなぁ、と思っていたら、そこは全てホワイトで修正していました。

ミクロンの世界で調整していかないと表情が変わってしまうから、と…。

ものすごく時間をかけていそうですが、大ゴマの薪は下書きからペン入れまで30分。


お次は、青木と薪の絡み!

無茶をする青木を止めようと、服を脱がせる…という、言葉で書くとアレなシーンなわけですが、

「男を描きたいってのが表れてるよね!この腕が描きたいって感じ!」と浦沢直樹が言うと

「実はコレ、勘違いしていて、腕をまくっていないシーンだったから、後で長袖に直したんです…」

と、そんなうっかりミスがあったことを告白してくれました。


そして、青木に抱きつく薪は左から右を向いているシーンだったため、一旦描いた後に紙を裏返してトレース台に置き、デッサンの狂いを確認して裏面に修正の線を入れ、また紙を裏返して、透けた裏面の線に沿って調整をしていました。


【日本製】【2017年度モデル】トライテック トレビュアーLEDトレース台【薄型 8mm】【7段階調光機能付き】A3サイズ LED 薄型 (3段階傾斜) 【照度2000~4400ルクス】A3-500

これは、右利きの人は左向きの絵は描きやすいけど、右向きの絵だと狂いやすいから。

清水さんは一度裏返した後も、また何度か裏返して修正を確認しながら、デッサンの狂いを修正していました。


何度も表裏を返して線を修正し続けた後、表面の絵を一旦全て消しゴムで消し、裏面に描かれた線をトレース。

これで、表裏どちらから見てもデッサンの狂いがなくなった、と…すごいこだわり!!!!!

とは言えこのページの下書きにかけたのは30分。

そこからペン入れなのですが、その段階で薪さんの袖は長袖に変更されました。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加