PR


カテゴリ:ストレス・鬱

ストレス・鬱のカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど
No Image

2018-05-24 ストレス・鬱
私はアメフトのことはよく分からないし、ワイドショーもあまり観ないのですが、昨日たまたま宮川泰介選手の会見を観ました。アナウンサーやコメンテーター達は、監督もコーチも付き添わず、たった一人で会見を行った宮川選手に同情的で、「大人として、彼をここまで追い込んだ監督やコーチは情けないと思う」と怒り心頭でしたし、私もそう思いました。その後、監督の会見が炎上したというのは、今朝のニュースで観ました。無理矢理...

記事を読む

No Image

2018-05-11 ストレス・鬱
友人の職場が今日から移転するそうです。これまで自宅から徒歩通勤出来ていたのに、これからは電車通勤になる。一見、まぁそんなこともあるだろう、という普通の話なのですが、友人にとってはこの環境の変化が怖くて仕方ないそうで、移転が分かった先月から精神的に不安定になってしまっていました。元々、鬱で休職したことは数回ありましたが、その時々で症状も変わってきていて、最近は眠れなくなってしまったようです。この友人...

記事を読む

2018-04-25 ストレス・鬱
同僚の奥さんが数ヶ月前から鬱で休職しています。年齢的に不安定な時期と言うのもあったのかもしれませんが、そもそものキッカケは部署の配置換えで、親しい人達から自分だけ違う部署に変わったことだったとか。徐々に睡眠中に何度も目が覚めるようになり、その内全く眠れなくなり、動悸がして普通の状態では無くなってしまったので、旦那さんが心療内科に連れて行くと「今すぐ休職するように」と3カ月の休職の診断書を出された為...

記事を読む

No Image

2018-04-23 ストレス・鬱
私の周囲には、正社員や契約社員として働いていた会社で鬱になり、傷病手当をもらって数ヶ月から1年近く休職した人が何人かいます。ほとんどの人がその後その会社を退職しましたが、それは自主退職の人もいれば、契約社員だったので契約更新を打ち切られた人もいれば、退職前提で傷病手当をもらってから退職した人もいますし、その後も働き続けている人ももちろんいます。その内の一人が働いていたのは、ストッキングでかなり有名...

記事を読む

No Image

2018-04-16 ストレス・鬱
私はストレスが溜まると、食欲が無くなるタイプです。そのことを知人の精神科医の先生に話したところ「そういう時に、一発で効く方法はね、アイスクリームを食べること!」と教えてくれました。実際に先生が勤務医をしていた頃は、入院中の患者さんが食欲が無くてご飯が食べられない時、先生がポケットマネーで買って冷凍庫に入れていたアイスクリームを食べさせたら、患者さんの食欲が回復したそうです!理由は、まず1つは下に刺...

記事を読む

「心労で入院」を馬鹿にして笑うネット反応はイジメではないのか?

私はアメフトのことはよく分からないし、ワイドショーもあまり観ないのですが、昨日たまたま宮川泰介選手の会見を観ました。

アナウンサーやコメンテーター達は、監督もコーチも付き添わず、たった一人で会見を行った宮川選手に同情的で、

「大人として、彼をここまで追い込んだ監督やコーチは情けないと思う」

と怒り心頭でしたし、私もそう思いました。

その後、監督の会見が炎上したというのは、今朝のニュースで観ました。

無理矢理会見を打ち切ろうとした司会者に、SNSで批難が殺到しているというツイートも見かけました。

そうして、先程同僚から

「監督と司会者が心労で入院したらしいですよ」

と半笑いで教えてもらい、私もちょっと失笑してしまいました。

それから、Yahoo!ニュースのコメント欄も見ましたし、元記事の毎日新聞の記事も見ました。

アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ


「選手を追い詰めた監督、取材陣に傲慢な態度を取った司会者が、世間に叩かれて心労で入院した」

となると、世間は「逃げだ」とか「お前が心労なんて言うな」という、より一層否定的な反応を見せます。

確かに、その心情は分かります。

でも、パフォーマンスとしての謝罪がキチンと出来なかった人に対して、世間がそれを叩いて嘲笑うのもまた、私にはイジメの構図に見えてきました。

擁護する気はありませんが、監督も司会者も世間からそこまで叩かれる対応をしたと思っていず、予想以上に叩かれたことにストレスを感じるのは、想像出来ます。


私は本当に、この問題のことは詳しく無いし、ある程度ワイドショーやネットの反応に感化されています。

それでも、

「普通、こういう時は監督やコーチは、こういう対応をすべきだ!」

という世間の常識通りの行動が出来なかった彼らが、心労で入院したなんて嘘に決まってる、逃げだ、と嘲笑って良いのでしょうか?

同情は出来ないけど、それさえも叩くのはイジメにも見えます。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眠れないのは鬱症状かも~マンガ「ウツぬけ」感想

友人の職場が今日から移転するそうです。

これまで自宅から徒歩通勤出来ていたのに、これからは電車通勤になる。

一見、まぁそんなこともあるだろう、という普通の話なのですが、友人にとってはこの環境の変化が怖くて仕方ないそうで、移転が分かった先月から精神的に不安定になってしまっていました。

元々、鬱で休職したことは数回ありましたが、その時々で症状も変わってきていて、最近は眠れなくなってしまったようです。


この友人、会うと普通に元気そうに見えます。

話も面白いし、ノリも良く、ポーッとしてそうに見えてしっかり者。

なので、彼女が鬱になったばかりの時は、単に会社のストレスだろうと思っていました。

しかし、何度転職しても、職場の人とも有効的な関係が築けてるいても、朝起き上がれなくなったり、職場で倒れることが続きました。

最近初めて過呼吸にもなり、昨夜は電車通勤になることが不安で堪らず、睡眠薬を飲んでも眠れなくなってしまったそうです。


何となく、そういう風にメンタルが弱い人って、神経質そうだったり、大人しい真面目なタイプの外見というイメージがあるかもしれません。

私の周囲にはメンタルが弱い人が多いですが、皆んなそれぞれタイプも、発病する理由も違います。

過労が原因の人もいれば、人間関係や孤独感など、人それぞれ。

そして、一見そこまで悩んでいなそうに見える人は、いきなり倒れたり、友人のように眠れなくなったりして、体に不調が出て発覚する人も多かったです。


このことを最近出産した友人に話すと

「私も育児とホルモンバランスの変化で眠れなくなって、心身共にヤバイ感じになったから心療内科に行って睡眠導入剤出してもらったんだ。

眠ったら良くなってきたけど、やっぱり睡眠は大事だね」

と、こちらの友人もやはり眠れなくなってしまっていたこと発覚。

彼女も以前鬱で休職していた時期があり、子供はミルクで育てることにしているので、薬を飲んで眠ることが出来て良かったです。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「鬱」を笑い飛ばす人は意外とまだまだ多い

同僚の奥さんが数ヶ月前から鬱で休職しています。

年齢的に不安定な時期と言うのもあったのかもしれませんが、そもそものキッカケは部署の配置換えで、親しい人達から自分だけ違う部署に変わったことだったとか。

徐々に睡眠中に何度も目が覚めるようになり、その内全く眠れなくなり、動悸がして普通の状態では無くなってしまったので、旦那さんが心療内科に連れて行くと

「今すぐ休職するように」

と3カ月の休職の診断書を出された為、翌日から休職となりました。


その後自宅でゆっくりとテレビを観たりしながら過ごしていたのですが、間も無く休職期間が終わる頃になるとまた眠れなくなり、パニック状態となったので旦那さん付き添いの元病院に行き

「また期間延長の診断書を出すから、とにかく今は会社のことを考えなくて良いですからね」

と言われたそうです。

旦那さんは以前から「仕事を辞めても良いんだよ」と言っていたそうですが、そういう決断を迫られることさえ今の奥さんには苦痛で、何も考えられない、というのが、私はいわゆる「鬱症状」だと思いました。


しかし、こういう鬱状態に理解の無い人はまだまだたくさんいます。

この奥さんの話を聞いた他の同僚既婚女性は影で

「仲良い人達から自分だけ離れたから悩むって、クラス替えでショック受けた子供かよって思った」

と笑って言っていました。

彼女は過去にこの奥さんと会ったこともあるそうで

「ちょっと会っただけだけど、そういう人には見えなかったんだけどなー」

と言っていたのですが、どういう人が鬱になり、どういう人が鬱にならないか、なんて、一般人がちょっと会っただけで分かるわけない気がします。


パッと見明るくて元気な人も、何か事情や悩みがあって鬱になることもある。

いかにも悩みやすそうな、神経質そうな人でも、鬱になる程悩まないこともある。

前述の奥さんが鬱になったきっかけは確かに配置換えが大きな理由かもしれませんが、新しい部署の人とうまくいっていなかったり、仕事内容に不満があったり、詳細を聞いていないので私には分かりません。

それでも同じ内容を聞いた派遣女性が

「子供かよ」

と笑っていることにゾッとしました。


私はこれまで鬱に関する本をいくつか読んできました。

著者や大槻ケンヂなど様々な人の鬱体験をまとめたマンガがこちら


うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

ギャグテイストで心の症状についてまとめている有名なマンガがこちら


マンガで分かる心療内科 うつを癒す話の聞き方編(1) (ヤングキングコミックス)

SHINeeのメンバーが亡くなった時にネットではこちらの絵本が話題になっていました。


ぼくのなかの黒い犬

独身既婚に関わらず、原因も症状も期間も人それぞれで、でも誰でもキッカケがあれば発病する可能性があるのが鬱で、いわゆる「心の風邪」と言われています。

鬱を理由に亡くなる人もいれば、休職したことでリフレッシュし、仕事はともかくプライベートでの変化で持ち直す人もいます。

真面目な性格の人が鬱になりやすい、という説もありますが、その真面目さも人それぞれ発揮され方は違っているし、パッと見では分からないこともあります。

一応精神科医は、会って1分で判断出来るそうです。

確実にやばい状態になる程悪化している人は、家族や同僚に付き添われていないと病院に行くことも出来なくなるそうなので、私のような独身一人暮らしだと判断が遅れることもありそうですね…。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラック企業は診断書の受取拒否をしても違法ではない、らしい

私の周囲には、正社員や契約社員として働いていた会社で鬱になり、傷病手当をもらって数ヶ月から1年近く休職した人が何人かいます。

ほとんどの人がその後その会社を退職しましたが、それは自主退職の人もいれば、契約社員だったので契約更新を打ち切られた人もいれば、退職前提で傷病手当をもらってから退職した人もいますし、その後も働き続けている人ももちろんいます。

その内の一人が働いていたのは、ストッキングでかなり有名なメーカーでしたが、そこが猛烈なブラック企業でした。

タイムカードを押した後に残業させるのは当たり前。

労基の指導が入ると一時的に改善しても、すぐに元通りになる。

そこで鬱になったと診断書を提出した知人は

「じゃあ、退職して」

と言われ、それまでの残業代も未払い、傷病手当も無しの扱いとされそうになったそうです。


ただ、彼女はそれまでタイムカードを押した後の労働時間を全て記録していて、周囲からアドバイスを受けながら会社と交渉し、なんとか傷病手当や残業代を受け取ってから退職することができました。

前述の契約社員だった人は

「病気を理由に契約更新不受理は違法のはず」

と交渉したけれどダメだったそうです。

まぁ、その人の場合は本当はその会社に入る前から鬱の傾向があったので、仕方ないだろうって気もしましたが…。


ただ、先日知人の精神科医の先生に聞いたところ

「診断書の書き方が会社の規則と違うから受け取らないって言って、何度も何度も書き直しても受け取らないまま、本人が自主退職するように仕向けるブラック企業もあるんだよ。

会社が社員から診断書を受け取らないのって、違法じゃないんだ。

診断書を出すのも一通4千円近くするから、本人は何度も診断書を提出していたらお金もかかるし、会社内でも噂が広まってい辛くなって、結局諦めて退職するんだよね」

と話していて、ビックリしました。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食欲が無い時は「アイスクリーム」を食べれば良い!らしい

私はストレスが溜まると、食欲が無くなるタイプです。

そのことを知人の精神科医の先生に話したところ

「そういう時に、一発で効く方法はね、

アイスクリームを食べること!

と教えてくれました。

実際に先生が勤務医をしていた頃は、入院中の患者さんが食欲が無くてご飯が食べられない時、先生がポケットマネーで買って冷凍庫に入れていたアイスクリームを食べさせたら、患者さんの食欲が回復したそうです!


理由は、まず1つは

下に刺激の強い甘味を感じさせることで、味覚を感じさせることができる。

もう1つは

喉に冷たいモノを通すことで、気道を広げられる。

先生自身、食欲が無い時はコンビニでハーゲンダッツを買って半分くらい食べるそうです。

もちろん精神科医だから食欲を増すお薬を出すこともあるけど、アイスクリームの効果は凄い!と言っていました。

カップアイスを3口くらい食べるだけでも効果があるそうです。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます