PR


カテゴリ:ストレス・鬱

ストレス・鬱のカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-07-10 ストレス・鬱
最近親しくなったアラフォー女性同僚 田中さん(仮名)から聞いた話です。田中さんは一見、キツく見えるタイプ。でも話すとすごく面白いし、気が利くし、責任感の強い真面目な人。私は気が合って好きなのですが、そういう良さを知らない同僚から冷遇されてしまう時があります。彼女は真面目であるが故に、「普通こうすべき」という社会常識を他者に求め、それが出来ない人にイライラしています。そういう自分を他者が面倒に思うこ...

記事を読む

2018-06-07 ストレス・鬱
昨日、ケイト・スペードのデザイナーさんが首吊り自殺をしたニュースを観ました。私はケイト・スペードの商品は持っていませんが、もちろん知っています。ケイトスペード ショルダーバッグ アウトレット KATE SPADE WKRU4194ニュースでは、ケイト・スペードさんは躁鬱病で、でもキチンと治療を受けていなかったと親族が話していると言っていました。そしてトランプ米大統領長女のイバンカさんは、彼女の死を悼んで「鬱病で苦しんで...

記事を読む

No Image

2018-05-24 ストレス・鬱
私はアメフトのことはよく分からないし、ワイドショーもあまり観ないのですが、昨日たまたま宮川泰介選手の会見を観ました。アナウンサーやコメンテーター達は、監督もコーチも付き添わず、たった一人で会見を行った宮川選手に同情的で、「大人として、彼をここまで追い込んだ監督やコーチは情けないと思う」と怒り心頭でしたし、私もそう思いました。その後、監督の会見が炎上したというのは、今朝のニュースで観ました。無理矢理...

記事を読む

No Image

2018-05-11 ストレス・鬱
友人の職場が今日から移転するそうです。これまで自宅から徒歩通勤出来ていたのに、これからは電車通勤になる。一見、まぁそんなこともあるだろう、という普通の話なのですが、友人にとってはこの環境の変化が怖くて仕方ないそうで、移転が分かった先月から精神的に不安定になってしまっていました。元々、鬱で休職したことは数回ありましたが、その時々で症状も変わってきていて、最近は眠れなくなってしまったようです。この友人...

記事を読む

2018-04-25 ストレス・鬱
同僚の奥さんが数ヶ月前から鬱で休職しています。年齢的に不安定な時期と言うのもあったのかもしれませんが、そもそものキッカケは部署の配置換えで、親しい人達から自分だけ違う部署に変わったことだったとか。徐々に睡眠中に何度も目が覚めるようになり、その内全く眠れなくなり、動悸がして普通の状態では無くなってしまったので、旦那さんが心療内科に連れて行くと「今すぐ休職するように」と3カ月の休職の診断書を出された為...

記事を読む

真面目で責任感の強い人は、同僚から嫌がらせをされる?

真面目な人がイジメに遭う

最近親しくなったアラフォー女性同僚 田中さん(仮名)から聞いた話です。

田中さんは一見、キツく見えるタイプ。

でも話すとすごく面白いし、気が利くし、責任感の強い真面目な人。

私は気が合って好きなのですが、そういう良さを知らない同僚から冷遇されてしまう時があります。

彼女は真面目であるが故に、「普通こうすべき」という社会常識を他者に求め、それが出来ない人にイライラしています。

そういう自分を他者が面倒に思うことも分かっていて、それでも彼女はやるべきことを「仕事」と割り切ってこなし、そこでストレスを溜めているのですが、そういう心情を知らない同僚から見たら

「自分がどう見られているのか考えていない」

と思われているのかもしれません。

私自身もそういう風に言われることがありますが、他の同僚が田中さんのことを悪く言うのを聞いてしまった時には、とても残念に思いました。


田中さんは日々頻繁に外線電話を同僚に繋いでいます。

他の同僚が外線電話を取らないので、「外線電話をすぐに取らないなんて非常識!」とイライラしながらも、使命感でいち早く電話を取り、内線電話で同僚に繋いでいるのですが、その時に

「はい」

と言って受話器を取るだけで、名前を名乗らない同僚が何人かいるそうです。

私は内線電話だったら、別に名乗らなくても要件をその部署の人に伝えればそれで良いのでは?と思うのですが、田中さんは

内線電話でも、キチンと『はい、◯◯です』と名乗るべき。

だって私は相手先から◯◯さんに繋ぐように言われているのだから」

と言います。


田中さんは同僚が「はい」としか言わずに内線電話に出た時は

「◯◯さんですか?」

と一々聞いていたそうです。

それに対して相手は「はい」「いいえ」しか言わず、そのことに田中さんはイライラを募らせた結果、上司に相談をして

「内線電話を取った時は、キチンと名乗って欲しい」

と名乗らない人が多い部署の偉いさんにお願いしたところ

「それはウチの部下が悪いので、これからはキチンと名乗らせます」

と言われ、以降何人かはキチンと名乗ってくれるようになったけれど…

これを良く思わない佐藤さん(仮名)から、とんでもない対応をされたのだとか!
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイト・スペードは「躁鬱病」だったのに?トランプ米大統領長女イバンカのツイートに疑問

昨日、ケイト・スペードのデザイナーさんが首吊り自殺をしたニュースを観ました。

私はケイト・スペードの商品は持っていませんが、もちろん知っています。


ケイトスペード ショルダーバッグ アウトレット KATE SPADE WKRU4194

ニュースでは、ケイト・スペードさんは躁鬱病で、でもキチンと治療を受けていなかったと親族が話していると言っていました。


そしてトランプ米大統領長女のイバンカさんは、彼女の死を悼んで

「鬱病で苦しんでいる人は、誰かに相談をしてください」

とツイートしたそうです。



ちゃんとご本人のツイートを見てみて、Google翻訳を使うと

ケイト・スペードの悲劇的な合図は、他人の苦痛や負担を真に知ることがないという痛ましい思い出です。

あなたがうつ病に苦労して自殺を考えているなら、助けを求めてください。


となりましたが、私はこのコメントを読んで

「え、鬱病と躁鬱病は違うものなんだけど?

躁鬱病の人は、他人に悩みを話したら自殺を止められるってものじゃないって聞くけどなぁ」

と違和感を感じました。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「心労で入院」を馬鹿にして笑うネット反応はイジメではないのか?

私はアメフトのことはよく分からないし、ワイドショーもあまり観ないのですが、昨日たまたま宮川泰介選手の会見を観ました。

アナウンサーやコメンテーター達は、監督もコーチも付き添わず、たった一人で会見を行った宮川選手に同情的で、

「大人として、彼をここまで追い込んだ監督やコーチは情けないと思う」

と怒り心頭でしたし、私もそう思いました。

その後、監督の会見が炎上したというのは、今朝のニュースで観ました。

無理矢理会見を打ち切ろうとした司会者に、SNSで批難が殺到しているというツイートも見かけました。

そうして、先程同僚から

「監督と司会者が心労で入院したらしいですよ」

と半笑いで教えてもらい、私もちょっと失笑してしまいました。

それから、Yahoo!ニュースのコメント欄も見ましたし、元記事の毎日新聞の記事も見ました。

アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ


「選手を追い詰めた監督、取材陣に傲慢な態度を取った司会者が、世間に叩かれて心労で入院した」

となると、世間は「逃げだ」とか「お前が心労なんて言うな」という、より一層否定的な反応を見せます。

確かに、その心情は分かります。

でも、パフォーマンスとしての謝罪がキチンと出来なかった人に対して、世間がそれを叩いて嘲笑うのもまた、私にはイジメの構図に見えてきました。

擁護する気はありませんが、監督も司会者も世間からそこまで叩かれる対応をしたと思っていず、予想以上に叩かれたことにストレスを感じるのは、想像出来ます。


私は本当に、この問題のことは詳しく無いし、ある程度ワイドショーやネットの反応に感化されています。

それでも、

「普通、こういう時は監督やコーチは、こういう対応をすべきだ!」

という世間の常識通りの行動が出来なかった彼らが、心労で入院したなんて嘘に決まってる、逃げだ、と嘲笑って良いのでしょうか?

同情は出来ないけど、それさえも叩くのはイジメにも見えます。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

眠れないのは鬱症状かも~マンガ「ウツぬけ」感想

友人の職場が今日から移転するそうです。

これまで自宅から徒歩通勤出来ていたのに、これからは電車通勤になる。

一見、まぁそんなこともあるだろう、という普通の話なのですが、友人にとってはこの環境の変化が怖くて仕方ないそうで、移転が分かった先月から精神的に不安定になってしまっていました。

元々、鬱で休職したことは数回ありましたが、その時々で症状も変わってきていて、最近は眠れなくなってしまったようです。


この友人、会うと普通に元気そうに見えます。

話も面白いし、ノリも良く、ポーッとしてそうに見えてしっかり者。

なので、彼女が鬱になったばかりの時は、単に会社のストレスだろうと思っていました。

しかし、何度転職しても、職場の人とも有効的な関係が築けてるいても、朝起き上がれなくなったり、職場で倒れることが続きました。

最近初めて過呼吸にもなり、昨夜は電車通勤になることが不安で堪らず、睡眠薬を飲んでも眠れなくなってしまったそうです。


何となく、そういう風にメンタルが弱い人って、神経質そうだったり、大人しい真面目なタイプの外見というイメージがあるかもしれません。

私の周囲にはメンタルが弱い人が多いですが、皆んなそれぞれタイプも、発病する理由も違います。

過労が原因の人もいれば、人間関係や孤独感など、人それぞれ。

そして、一見そこまで悩んでいなそうに見える人は、いきなり倒れたり、友人のように眠れなくなったりして、体に不調が出て発覚する人も多かったです。


このことを最近出産した友人に話すと

「私も育児とホルモンバランスの変化で眠れなくなって、心身共にヤバイ感じになったから心療内科に行って睡眠導入剤出してもらったんだ。

眠ったら良くなってきたけど、やっぱり睡眠は大事だね」

と、こちらの友人もやはり眠れなくなってしまっていたこと発覚。

彼女も以前鬱で休職していた時期があり、子供はミルクで育てることにしているので、薬を飲んで眠ることが出来て良かったです。
PR

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「鬱」を笑い飛ばす人は意外とまだまだ多い

同僚の奥さんが数ヶ月前から鬱で休職しています。

年齢的に不安定な時期と言うのもあったのかもしれませんが、そもそものキッカケは部署の配置換えで、親しい人達から自分だけ違う部署に変わったことだったとか。

徐々に睡眠中に何度も目が覚めるようになり、その内全く眠れなくなり、動悸がして普通の状態では無くなってしまったので、旦那さんが心療内科に連れて行くと

「今すぐ休職するように」

と3カ月の休職の診断書を出された為、翌日から休職となりました。


その後自宅でゆっくりとテレビを観たりしながら過ごしていたのですが、間も無く休職期間が終わる頃になるとまた眠れなくなり、パニック状態となったので旦那さん付き添いの元病院に行き

「また期間延長の診断書を出すから、とにかく今は会社のことを考えなくて良いですからね」

と言われたそうです。

旦那さんは以前から「仕事を辞めても良いんだよ」と言っていたそうですが、そういう決断を迫られることさえ今の奥さんには苦痛で、何も考えられない、というのが、私はいわゆる「鬱症状」だと思いました。


しかし、こういう鬱状態に理解の無い人はまだまだたくさんいます。

この奥さんの話を聞いた他の同僚既婚女性は影で

「仲良い人達から自分だけ離れたから悩むって、クラス替えでショック受けた子供かよって思った」

と笑って言っていました。

彼女は過去にこの奥さんと会ったこともあるそうで

「ちょっと会っただけだけど、そういう人には見えなかったんだけどなー」

と言っていたのですが、どういう人が鬱になり、どういう人が鬱にならないか、なんて、一般人がちょっと会っただけで分かるわけない気がします。


パッと見明るくて元気な人も、何か事情や悩みがあって鬱になることもある。

いかにも悩みやすそうな、神経質そうな人でも、鬱になる程悩まないこともある。

前述の奥さんが鬱になったきっかけは確かに配置換えが大きな理由かもしれませんが、新しい部署の人とうまくいっていなかったり、仕事内容に不満があったり、詳細を聞いていないので私には分かりません。

それでも同じ内容を聞いた派遣女性が

「子供かよ」

と笑っていることにゾッとしました。


私はこれまで鬱に関する本をいくつか読んできました。

著者や大槻ケンヂなど様々な人の鬱体験をまとめたマンガがこちら


うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

ギャグテイストで心の症状についてまとめている有名なマンガがこちら


マンガで分かる心療内科 うつを癒す話の聞き方編(1) (ヤングキングコミックス)

SHINeeのメンバーが亡くなった時にネットではこちらの絵本が話題になっていました。


ぼくのなかの黒い犬

独身既婚に関わらず、原因も症状も期間も人それぞれで、でも誰でもキッカケがあれば発病する可能性があるのが鬱で、いわゆる「心の風邪」と言われています。

鬱を理由に亡くなる人もいれば、休職したことでリフレッシュし、仕事はともかくプライベートでの変化で持ち直す人もいます。

真面目な性格の人が鬱になりやすい、という説もありますが、その真面目さも人それぞれ発揮され方は違っているし、パッと見では分からないこともあります。

一応精神科医は、会って1分で判断出来るそうです。

確実にやばい状態になる程悪化している人は、家族や同僚に付き添われていないと病院に行くことも出来なくなるそうなので、私のような独身一人暮らしだと判断が遅れることもありそうですね…。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます