PR


カテゴリ:アラフォー腐女子向け

アラフォー腐女子向けのカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-07-31 アラフォー腐女子向け
今友人から、C翼オールキャラアンソロ「DREAM TEAM」のツイートリンクが送られてきました。C翼はキャプテン翼の略で、かつてコミケではキャプテン翼の同人誌を描いているサークルがとってもとっても多かったんですね。私より上の、現在アラフィフ世代の方が執筆していたのですが、当時同人誌界で有名かつ、商業誌で描いているプロの漫画家&小説家さんたちが、今回の夏コミで大集結した一冊が出るそうです!お待たせしました! 今...

記事を読む

No Image

2018-07-26 アラフォー腐女子向け
ランチの時に同僚に一橋大学アウティング事件の話をしたら、彼女はこの事件自体を知りませんでした。先日また●一橋大学のゲイ暴露転落事件には、報道の偏りがある気がしますにコメントを頂き、ちょうどその返信を書いている時に、NHKでアウティング事件の裁判のことが放送されていました。遺族は大学のことを訴え続けているそうで、ニュースを観て私は思わず「遺族は、誰かのせいにしないと、気が済まなくなっているのかな?それと...

記事を読む

2018-07-25 アラフォー腐女子向け
リアル中二病の頃、染色体XXY(クラインフェルター症候群)という染色体異常の人たちがいる、というのが話題になり、そういう方々をテーマにしたマンガを時々見かけました。当時は今ほどオタクの中でジャンルが多く分かれていなくて、今みたいにBLだのNLだのふたなりだの無く、ただなんとなく「性別が無いって、不思議でオタク心をくすぐる!」という認識だった気がします。天使って性別が無いって言いますし、そういう物語的な世...

記事を読む

2018-07-18 アラフォー腐女子向け
時々、以前書いた●一橋大学のゲイ暴露転事件には、報道の偏りがある気がしますにコメントを頂きます。昨日今日とまたコメントを頂いたのですが、昨日頂いたものは少し差別的に感じたので非公開にしています。今日頂いたコメント大学側の対応が前時代的なのは置いておいてアウティングされた側が完全なる被害者と強調されるにはちょっと謎なんですよね、二か月の期間やアウティング後の脅しとも取れる返信を見てると。を読み、私も...

記事を読む

2018-05-08 アラフォー腐女子向け
友人がオススメしていたので、鶴谷香央理さんの「メタモルフォーゼの縁側」1巻を楽天KOBOで買ってみました。メタモルフォーゼの縁側(1)【電子書籍】[ 鶴谷 香央理 ]楽天市場で買う無料立読これが本当に、買ってよかった!面白かった!早く続きが読みたい!と思ったら、1巻に収録分は一部抜粋になってますが、1巻の続きの2話は上の無料立読のページで読めました。今月からコミックNewtypeにて月二回漫画を連載します。タイトルは『...

記事を読む

高河ゆん、尾崎南、おおや和美、みずき健も!C翼オールキャラアンソロが豪華すぎ!

今友人から、C翼オールキャラアンソロ「DREAM TEAM」のツイートリンクが送られてきました。

C翼はキャプテン翼の略で、かつてコミケではキャプテン翼の同人誌を描いているサークルがとってもとっても多かったんですね。

私より上の、現在アラフィフ世代の方が執筆していたのですが、当時同人誌界で有名かつ、商業誌で描いているプロの漫画家&小説家さんたちが、今回の夏コミで大集結した一冊が出るそうです!





私もキャプ翼の同人誌ってほぼ読んだことがないのですが、日向小次郎と若島津建のカップリングが多かった、というのは本で読んだことがあります。

若島津建✕日向小次郎(ケンコジ)か日向小次郎✕若島津建(コジケン)かで派閥が出来ていて、逆カップリングのサークルで交流をしないこともあったとか…


私が今回のこの執筆者の中で知っているのは、

うぐいすみつる、TONOのうぐいす姉妹



●子供や親が「脳死」したら、どうすべきか?TONO「おれたちの葬式本」ネタバレ感想
●男運を潰す魔物猫⁉︎TONO&うぐいす姉妹「よからぬ話」感想

でもご紹介した漫画家さんですね。

TONOさんはエッセイマンガの中で、キャプテン翼の同人誌が売れに売れている時にお父さんが亡くなったため発送の手続きが間に合わなくなり、お客さんから「詐欺だ!」と怒りの手紙が続々と届いていたのだけれど、落ち着いてから事情を書いた手紙と本を送ったところ、「すみませんでした、許してください」と涙でシワシワになった手紙がたくさん届いたことを描いていました。


おおや和美



尾崎南



高河ゆん



は言わずもがなの人気作家さんですね。

尾崎南はキャプテン翼の同人誌から始まって「絶愛」を描いたようなものなので、彼女は外せませんよね〜。

ただ、おおや和美の絵でキャプ翼というのは想像がつきません。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一橋大学のアウティング転落事件は「ホモハラ」?

ランチの時に同僚に一橋大学アウティング事件の話をしたら、彼女はこの事件自体を知りませんでした。

先日また

●一橋大学のゲイ暴露転落事件には、報道の偏りがある気がします

にコメントを頂き、ちょうどその返信を書いている時に、NHKでアウティング事件の裁判のことが放送されていました。

遺族は大学のことを訴え続けているそうで、ニュースを観て私は思わず

「遺族は、誰かのせいにしないと、気が済まなくなっているのかな?

それとも弁護士や支援者に『今後息子さんと同じような被害に遭う人たちを生まないためにも、大学を訴えましょう!』って言われてるのかな?」


と思ってしまいました。

この裁判のことが書かれているニュースサイトでも、私がテレビで観た内容が書かれています。

●ゲイ暴露「一橋大アウティング事件」で証人尋問 大学の責任めぐり遺族ら6人が証言

遺族は「大学は息子がLGBTなのを苦にして亡くなったと勘違いしている!

息子はイジメに遭っていた。

その相談に対して大学はキチンと状況を把握して的確な対応を出来なかった」


と言っているそうですが、現時点では私には、遺族とその弁護士の言い分がイマイチぶれているように感じてしまうのです。


この件を世間はどう思っているのか?とググッてみたところ

「この事件、ホモハラじゃないの?」

というまとめサイトが出てきました。

同性から告白された側の気持ちも考えて欲しい、という言葉を書く方が多かったです。

また「男女間でも、好きじゃない異性からつきまとわれたら周囲に相談する。

それをLGBTだから『アウティングは暴力だ』と差別意識を持って騒がれるなら、関わりたくない」という言葉もありました。

私の中でもこの事件の解釈はモヤモヤしていて、

●アウティング(同性愛暴露)は暴力?一橋大学の事件は女には理解できないのか

でも少しその後の心境を書きましたが、でもどうにも大学とか、告白された側とか、そういう「誰かのせい」で亡くなったという、一方的なものなのだという主張で裁判をし続けることに違和感を感じています。


それで同僚に話したところ

「例えば『同和地区出身者だ』と周囲にバラされたとしたら、それはイジメだし、それに近い感覚なのでは?」

と言われました。しかし、これとはまたちょっと違うような気がするんです。

それは、そもそも同和地区というのは、差別するために作られたモノだから。

ちなみに同和地区については、品川区が以前記載しています。

●みなさんは、同和問題をご存知ですか?

そういう「元々差別するために人が作ったもの」と、「以前は差別対象にしていなかった同性愛」を同列に考える事はできないのでは?
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

染色体XXY(クラインフェルター症候群)とXジェンダー(性別不明)は違うの?

リアル中二病の頃、染色体XXY(クラインフェルター症候群)という染色体異常の人たちがいる、というのが話題になり、そういう方々をテーマにしたマンガを時々見かけました。

当時は今ほどオタクの中でジャンルが多く分かれていなくて、今みたいにBLだのNLだのふたなりだの無く、ただなんとなく

「性別が無いって、不思議でオタク心をくすぐる!」

という認識だった気がします。天使って性別が無いって言いますし、そういう物語的な世界を感じていました。

よくあるパターンだと、子供の頃から男の子だと思って育っていたけれど、思春期に違和感に気付き、その後美少女となって幼馴染の男の子と恋をする、的なやつがあった気が。

水城せとなの「放課後保健室」の主人公も上半身は男、下半身は女、という染色体異常という設定でしたね。


放課後保健室 1

有名な方だと、東村アキコの元元旦那さんの最初の奥さんで、漫画家の新井祥さんが染色体異常で、30歳を過ぎてからは男性として過ごされているそうです。


LGBTだけじゃ、ない!「性別」のハナシ (本当にあった笑える話)


「性別が、ない!」人たちとのつきあい方~実はあなたにも当てはまる20の性別パターンガイド~ (本当にあった笑える話)




先日Yahooニュースを見ていたら「Xジェンダー」という人たちがいるということを知りました。

自分は「男」でも「女」でもなく、そして好きになる相手も「男」とか「女」と決めたくない。

女装したいわけでも、男装したいわけでもない。

人によってXジェンダーの中でもタイプは色々で定義は明確じゃないそうです。

記事はそんな自分達のような人の苦しみを知り、理解して欲しい
、というものでした。

LGBTの定義の中にはXジェンダーは今のところ含まれていないそうです。

なので、LGBTのように皆んなで活動することも出来ず、自分の中の違和感は何なのか分からずにいる方も多いのだとか。

ちなみに「Xジェンダー」は日本で生まれた言葉なので、ジェンダークィア(genderqueer)が英語では近いものなのだそうです。

●男か女か“決めたくない”“わからない” 「Xジェンダー」という性

実際に「Xジェンダー」だと公表している方の、説明漫画もありました。


PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウティング(同性愛暴露)は暴力?一橋大学の事件は女には理解できないのか

LGBTカップル

時々、以前書いた

●一橋大学のゲイ暴露転事件には、報道の偏りがある気がします

にコメントを頂きます。

昨日今日とまたコメントを頂いたのですが、昨日頂いたものは少し差別的に感じたので非公開にしています。

今日頂いたコメント

大学側の対応が前時代的なのは置いておいて
アウティングされた側が完全なる被害者と強調されるにはちょっと謎なんですよね、二か月の期間やアウティング後の脅しとも取れる返信を見てると。


を読み、私もまた改めてこの事件について考えてみました。


いくつかネット記事を読みましたが、告白された側の男子学生の気持ちが書かれているものがありました。

●一橋大ロースクール生「ゲイだ」とバラされ転落死 なぜ同級生は暴露したのか
悲劇を繰り返さないためには


この記事は中立的な立ち位置で書かれてるなと思いました。

振った側の男子学生も、距離感に悩んでいたことが分かります。

彼なりに当たり障りなく接しようと努力していたこと、それでも自分の態度を気にする男子学生に戸惑ったことが書かれていました。

そして、同性愛に偏見は無いと言いながらも、やはり自分が対象となったことに戸惑っていた気持ちも。


もう一つ、亡くなった学生から相談を受けていたLGBTの男性弁護士の記事を読みました。

同性愛者の立場から、アウティングがいかに相手を追い詰めるか、それは暴力と同じだ、ということが書かれていました。

●一橋大学ロースクールでのアウティング転落事件~原告代理人弁護士に聞く、問題の全容

私は実は、こちらの記事には少し納得がいかない、というか、それはちょっとどうだろう?と思っている部分があります。

「異性愛者には『なんでアウティングくらいで自死しようと思うのか』が分からない。

カミングアウトは自分の意志でするもので、アウティングは暴力だ」


という主旨の言葉には、同性愛者と異性愛者を隔てる意識を感じたんです。


この事件はとても悲しいものですし、今後同じような悲劇をくり返さないために、考えていくべきことは色々あると思います。

ご紹介した記事は2つとも、

「同じような悲劇をくり返さないために、告白した側も、された側も、悩んでいたら誰かに相談してください」

ということが書かれていました。

でも、一体誰に相談したら良いのでしょうか?

告白された側の男性学生が仲間内に話したら、それは「アウティング」と言われてしまう。

見ず知らずの他人に相談して、振った側と振られた側が納得のいく関係になれるようになるんでしょうか?

私は、自分を振った男性と最終的には気まずくなり、縁が切れていきました。

やはり振られた後もついつい「親しい友達」的な距離感を期待してしまい、それ以下の態度を取られると

「この人はいつまでも自分のことを蔑ろにしている…」

という被害者意識を持ってしまい、どんどんイライラしたり悲しくなったりしてしまったのです。

でも私を振った側の男性は、いつまでも期待し続ける私を面倒に思ったり、ワザと距離を置くことにより、必要以上に傷つけたくないと思っていたのかもしれません。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

75歳の老婦人がBL腐女子に!?「メタモルフォーゼの縁側」1巻ネタバレ感想

友人がオススメしていたので、鶴谷香央理さんの「メタモルフォーゼの縁側」1巻を楽天KOBOで買ってみました。


メタモルフォーゼの縁側(1)【電子書籍】[ 鶴谷 香央理 ]


amazonで買う



これが本当に、買ってよかった!面白かった!早く続きが読みたい!

と思ったら、1巻に収録分は一部抜粋になってますが、1巻の続きの2話は上の無料立読のページで読めました。



ツイートを見ると月2回更新なんですね。今後も続きはネットで読んで、単行本化したら2巻も買おうっと!


あらすじは、3年前に夫を亡くし、書道教室をやっている75歳の老婦人 市野井雪さんが、たまたま入った本屋で絵がキレイだな、と買ってみたのがBLマンガで、その本屋さんでバイトをしている女子高生 佐山うららとBLマンガを通して友達になっていくというお話です。

雪さんは毎日平穏に、老いを感じながらも日常を過ごしています。

そしてうららは、BLマンガについて話せる友達もいず、幼馴染の紡とたまに話す程度の地味な女の子。

お婆さんがBLマンガを買うのでビックリしていたら、その後続きを探してやって来たので、続巻の取り寄せを手配しつつ、ついこのマンガの話をそっとしたらお茶に誘われ、うららは初めて出来たBLの話が出来る友達にワクワクする様子が可愛い!

雪さんは過激なシーンにも驚かず、作中のカップルを応援して楽しんでいて、1年に1冊しか出ないマンガの続きを読むために、あと何年生きていけるか計算したりしています。

そして1巻の終りには、そのマンガの作者が来るイベントのために、二人で池袋のイベント会場へ行くところで終わりました。

この続きのWebで公開されていたお話では、二人は憧れのコメダ先生のブースで同人誌を買い、握手してもらいます!
PR

» 記事の続きを読む

 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます