PR


カテゴリ:アラフォー腐女子向け

アラフォー腐女子向けのカテゴリ記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2017-12-05 アラフォー腐女子向け
今友人から「弟の夫」ドラマ化の情報が流れてきました!2018年3月に、NHK BSプレミアムで全3回で放送されるそうです。弥一役は佐藤隆太マイク役は把瑠都(ばると)おはようございます。23:00 きしょう…。まだ はんぶん ねてます。こんかい は いっぽんづり に ちょうせん!おおもの ねらい で ガンバルトー!みなさん は おやすみなさい。#把瑠都#ガンバルトー pic.twitter.com/acMBqgNOIm— 把瑠都 (@Baruto_official) 2017...

記事を読む

2017-11-23 アラフォー腐女子向け
「失恋ショコラティエ」で一躍有名になった水城せとなさんの「脳内ポイズンベリー」の映画、皆さんもうご覧になってますか?私はいつか観ようと思いつつ、まだ観ていません…なんか、真木よう子は好きだけど、イメージと違わない?と思ってしまって…これ原作持ってますが、すごく面白いです!楽天市場で買う無料立読アラサーで一見ぽわ~っとしている主人公が恋をしたら、脳内で色んなタイプの人たちが会議しまくっていくってのが主...

記事を読む

2017-11-19 アラフォー腐女子向け
数日前にテレビを観ていて、あれ?と思いました。顔を寄せ合う外人カップルや、海辺でおんぶしてはしゃいでいる姿を観て、な〜んだいちゃつく普通のカップルか〜と思いつつも、「あれ?一瞬髭が見えなかった?」と思いつつ、いやいやまさかね、と思って忘れていたら、先程また同じCMが流れました。うん、これ、両方男性だよね?と思ってググったら、やっぱりゲイカップルが出ている!最初は男女のカップルが出ているのですが、途中...

記事を読む

No Image

2017-10-04 アラフォー腐女子向け
とんねるずの番組で久々に登場した「保毛尾田保毛男」が炎上しているそうですね。Yahoo!コメント欄を読むと、「叩いている方が悪い」という擁護派の意見が多いように感じました。私は基本的には炎上騒ぎはクレーマーと思うことの方が多いですが、この件はやはり炎上して当然だったかな、と思います。過去の炎上騒ぎ↓●VOCE「女の市場価値は年齢?顔?」判定で炎上。騒ぐ女は馬鹿?●放送中止の資生堂インテグレートのCM、どこが問題...

記事を読む

2017-08-07 アラフォー腐女子向け
友人から勧められて読んだ「弟の夫」、最終巻の4巻を読み終わりました。未読の方の為にあらすじを書きますが、ストーリー自体はとてもシンプルです。弟の夫(4) [ 田亀 源五郎 ]無料立読離婚して小学生の娘夏菜と二人暮らしの弥一の元に、双子の弟亮二のカナダ人の夫マイクがやってきて3週間同居をする、というお話です。亮二はカナダでマイクと結婚しましたが、今は亡くなっていて、マイクは亮二の思い出を辿りに日本にやってき...

記事を読む

祝!LGBTへの理解を促す「弟の夫」が佐藤隆太主演NHKでドラマ化!

今友人から「弟の夫」ドラマ化の情報が流れてきました!

2018年3月に、NHK BSプレミアムで全3回で放送されるそうです。

弥一役は佐藤隆太



マイク役は把瑠都(ばると)



夏樹役は中村ゆり



夏菜役は根本真陽




すごい!すごい!

この漫画、本当に多くの人に読んでいただきたい素晴らしい漫画です。

弟の夫に関しては

●「弟の夫」3巻ネタバレ感想~日本の同性愛差別の闇~
●ゲイ差別について考えた「弟の夫」最終巻4巻読了

でも書いてきました。


弟の夫(1) (アクションコミックス(月刊アクション))


双子の弟がカナダで男性と結婚をした主人公が、弟の死後にパートナーだったマイクと会い、LGBTへの差別について娘と元妻と一緒に考えていくお話です。
PR

» 記事の続きを読む

 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水城せとなのBLマンガ「同棲愛」ネタバレ感想1〜杉浦椿〜

「失恋ショコラティエ」で一躍有名になった水城せとなさんの「脳内ポイズンベリー」の映画、皆さんもうご覧になってますか?



私はいつか観ようと思いつつ、まだ観ていません…

なんか、真木よう子は好きだけど、イメージと違わない?と思ってしまって…

これ原作持ってますが、すごく面白いです!




amazonで買う



アラサーで一見ぽわ~っとしている主人公が恋をしたら、脳内で色んなタイプの人たちが会議しまくっていくってのが主なんですが、確かにそういうときって、ピュアな自分、警戒する自分、動きたい、動けない自分が脳内でワイワイ騒ぎます。

20代の頃と違って、嫌な思いも色々していると、闇雲には突っ走れません。

でも、主人公がなぜ真木よう子なんだろう…

好きな女優さんですが、数年前なら菅野美穂あたりがベストな配役のキャラなんじゃないかな?

この「脳内ポイズンベリー」に関してはまた後日書くとして、今回は別のモノをご紹介します!


水城せとなさんは、腐女子なら20年近く前から知ってるマンガ家さんです。

当時はB-BOYというBLマンガ雑誌で「同棲愛」というマンガを描かれてました。


同棲愛(1) (ビーボーイコミックス)

amazonで買う


女子校だったのでクラス内でみんなで普通に回し読みしてました。

一回絶版になって、愛蔵版全8巻が出たときに買って最後まで読んだんですが、ホント人の心の微妙な機微を描くのが上手い方だなぁと思います。

ほとんどの登場人物がゲイなんだけど、執着してしまったり、トラウマを抱えたり、人を好きになって、失って、もがく様子がすごく痛々しい。

以下ネタバレになりますが、各巻をご紹介していきます。

オムニバス形式になっているお話なので、主人公は杉浦椿・篁光太郎・馬堀貴文・江端薫・金巻千里を主軸のお話が時系列となり、徐々に交わっていきます。

1記事では書ききれないので、数回に分けて書きますね。


杉浦椿のお話

高校一年生の杉浦椿は、同級生の江端薫と親しくなります。

女の子の子供を欲しがっていた両親の間に生まれた椿は、薫に無自覚の内に愛情を感じ始めるのですが

「男同士の間でラブなんてあるわけないだろ!男を好きになるなんてありえない!」

と薫に言われたことで距離が生まれてしまいます。

その後、高校の生物教師の池上から告白をされた椿は、薫が女の子と付き合っているところを見てしまったショックの勢いで池上に身を委ねます。

池上は椿の体液(アレです)を顕微鏡で覗いて「まだ動いてるよ」と言うような気持ち悪い人なのですが、高校卒業までの我慢だと思いながら椿は付き合い続けます。

椿は受験に失敗してしまいましたが、とにかく卒業で池上と別れられる、と思っていたのに、別れ話に抵抗した池上が椿の家に来て両親に全てをぶちまけたため、いたたまれなくなって高崎から東京へ飛び出してしまいました。


上京し、馬堀と付き合う椿

上京して入ったカフェで店員に飲み物をこぼされ、流れで家がないことを話すと、その店員の風子から「家においでよ」と言われ、そのまま彼女の家に転がり込むことになりました。

自分が男性と付き合っていたことを話しても笑って聞いてくれる風子と向き合う内に、椿も彼女を好きになり、結ばれました。

しかし、やっと愛情を知ったと思ったその翌日に、風子は事故で亡くなってしまいます。

傷心のままフラリと入った店で知り合った大学生の馬堀貴文についていき、そのまま関係を持つ椿。

そのまま椿は馬堀の家で一緒に暮らし始めました。(そんな簡単で良いのか!?)

馬堀に優しくされて、大事にされて暮らしていっても、椿は徐々に空虚さを感じるようになりました。

ペットの犬を可愛がるような馬堀に、椿は恋愛感情を抱けずにいたのです。

そして、「そうだ、俺は自分自身事が好きなんだ。だから弱い者として扱う馬堀といると寂しかった。俺は、自分で自分のことを好きだと自信を持ちたかったんだ」と気付き、馬堀の家を出ていきました。


「俺は自分のことが好きだ」と気付く

椿はそのままお金を持たずに店に入り、見かけた高村光太郎をナンパしてご馳走してもらいます。

そしてお互いのこれまでのことを話して心を通じ合わせた二人(光太郎の話は後述します)は、光太郎の家で関係を持ち、そして自分のことをキチンと認識できた椿は、実家に帰ることを決めました。

地元に帰り、偶然薫と再会した椿は、高校卒業後にふらふらしていた薫に「一緒に東京で住もう」と持ちかけます。

この自分勝手で可愛らしい椿に弱い薫は、そのまま椿との同居を決めました。

また東京に戻ってきた椿は、光太郎を友達として励ましたり、薫とも楽しく暮らしていきます。

そしてその後、薫はあの馬堀と付き合い始めるのですが、これはまた後述。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車VOLVO(ボルボ)のゲイカップルCMに驚き!

数日前にテレビを観ていて、あれ?と思いました。

顔を寄せ合う外人カップルや、海辺でおんぶしてはしゃいでいる姿を観て、な〜んだいちゃつく普通のカップルか〜と思いつつも、

「あれ?一瞬髭が見えなかった?」

と思いつつ、いやいやまさかね、と思って忘れていたら、先程また同じCMが流れました。

うん、これ、両方男性だよね?

と思ってググったら、やっぱりゲイカップルが出ている!

最初は男女のカップルが出ているのですが、途中の顔を寄せ合うところだけ男性同士のカップルが唐突に差し込まれ、その後の海辺でおんぶしてはしゃぐのは冒頭の男女のカップルのようです。



へ〜こういうCMが日本でも流れるようになったのかーとビックリ!
PR

» 記事の続きを読む

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ホモは気持ち悪い」と人々に思わせた保毛尾田保毛男の罪

とんねるずの番組で久々に登場した「保毛尾田保毛男」が炎上しているそうですね。

Yahoo!コメント欄を読むと、「叩いている方が悪い」という擁護派の意見が多いように感じました。

私は基本的には炎上騒ぎはクレーマーと思うことの方が多いですが、この件はやはり炎上して当然だったかな、と思います。

過去の炎上騒ぎ

●VOCE「女の市場価値は年齢?顔?」判定で炎上。騒ぐ女は馬鹿?
●放送中止の資生堂インテグレートのCM、どこが問題なのか全く分からない
●2chで炎上!女が化粧をするのは義務?小林ギリ子さんの「学生の化粧」にネットオタクが噛み付く
●菅野彰さんが小池一夫さんと和解へ。被害少女と炎上というものについて考えさせられました


多分あのキャラクターを今見て「懐かしい!」と笑える人たちは、同性愛者ではないと思います。

リアルタイムで観ていたとき私は子供でしたが、やはりこのキャラクターは

「ホモ=外見が気持ち悪い人」

という差別的な意識を植え付けるものでした。

ちょっとナヨッとしている男の子は「ホモだー!」って言って笑われてました。

天然パーマで可愛らしい顔立ちの男の子は「オカマ」と笑いものにされていた時代でした。

オカマは女っぽい男性、ホモは毛深くて気持ち悪い男性

そういうイメージを子供たちに植え付けていました。
(毛深い=気持ち悪い、というのも差別的ですが、当時の子供の感覚ではそういうイメージがありました)


今はテレビに同性愛者の方は普通に出るし、日本は寛容な方だという説もあります。

ただ、イジメに繋がるような侮蔑的な表現にも寛容だと思います。

なんでもかんでも禁止禁止言うのも息苦しいけれど、当時差別やイジメを生んだものを出すのは、慎重になった方が良かったでしょうね…

手塚治虫のマンガでも、黒人等差別的な表現のあるページは、修正があったり、「あえて当時のまま収録しています」と一筆書かれていますが、テレビでそういう配慮をするのは難しいとは思うけど…

同性愛者に対する差別は、実際にまだあると聞きます。

BL系マンガでも、イジメに遭う男の子の話もあります。

●【無料立ち読み有】良すぎて震えたBL「スメルズライクグリーンスピリット」

でご紹介した


スメルズライクグリーンスピリット SIDE:A (POE BACKS) (ポーバックス Be comics)

は、同級生たちからイジメを受ける男の子のお話でした。

無料立ち読みはこちら

スメルズ ライク グリーン スピリット SIDE-A
スメルズ ライク グリーン スピリット SIDE-B

こういう「ホモはイジメて良い存在」という価値観に、保毛尾田保毛男は加担していました。
PR

» 記事の続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲイ差別について考えた「弟の夫」最終巻4巻ネタバレ感想

友人から勧められて読んだ「弟の夫」、最終巻の4巻を読み終わりました。

未読の方の為にあらすじを書きますが、ストーリー自体はとてもシンプルです。


弟の夫(4) [ 田亀 源五郎 ]


離婚して小学生の娘夏菜と二人暮らしの弥一の元に、双子の弟亮二のカナダ人の夫マイクがやってきて3週間同居をする、というお話です。

亮二はカナダでマイクと結婚しましたが、今は亡くなっていて、マイクは亮二の思い出を辿りに日本にやってきました。

その昔、亮二にゲイだとカミングアウトされた時に、拒絶せずとも聞き流すようにかわしてしまっていた弥一は、マイクと話すうちに

「何故、同性愛というだけでこんなに差別意識が生まれるんだろう?

娘に同性愛のことをどう説明すれば良いんだろう?」


と考えるようになり、最後には

「差別意識を持つこと、同性愛を隠さなければいけないという価値観はおかしい。

同性愛者も同じ人間で、好きな人と愛し合っているだけだ」

と考えるようになりました。


このお話はもちろん、マイクがとても良い人だった、というのがポイントになっていると思います。

同性愛者だから人間的に変なワケではない、というのを分かりやすく伝える為には、マイクが良い人でなければ説得力がなかったので。

作者がゲイの方だということもあり、現実に起こりうる差別のエピソードがたくさんありました。

異性の夫婦なら何も言われないことが、同性の夫婦だと奇異な目で見られるのは何故なのか?

その理由は、日本ではうまく説明するのが難しい気がします。


今の日本では、オネエタレント自体は普通に受け入れられている、というか、お笑いタレントのノリで扱われていますね。

「面白いことを言って、みんなに馬鹿にされたりしても、毒舌をはいて笑わせられる存在」

はるな愛とマツコデラックスは需要の枠は違いますが、どちらも女装していて、女装していないゲイタレントはあまり聞きません。


「弟の夫」を読み終わり、改めて

外見は普通の男性で、オネエ言葉も話さないけれどゲイ、という方の存在も、今後はテレビ等で普通に取り上げて欲しいなと思いました。

私が新宿に行った時は、確かにオネエ言葉で話す方が多かったです。

●念願の新宿二丁目デビューしました!

でもオネエ言葉でもタチだったり、女性と結婚している方もいました。
PR

» 記事の続きを読む

 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます