PR


カテゴリ:BL、のようなもの

BL、のようなもののカテゴリ記事一覧。
No Image

2016-12-08 BL、のようなもの
今更私がブログに書いても、すでにたくさんの人がSNSに書いていると思いますが…帰り道に友人から「ユーリで王道カプが結婚したり、信成が出たりで忙しい」とLINEが来たのでググったら、なんかすごい絵面のまとめサイトがいっぱい出てくるよ?帰宅してから、観ました、10話。【Amazon.co.jp限定】ユーリ!!! on ICE 1 (スペシャルイベント優先販売申込券付き)(全巻購入特典:「久保ミツロウ描き下ろしマンガ(メーカー特典)」+「アニメ...

記事を読む

No Image

2016-11-06 BL、のようなもの
初の2丁目デビューで知った事実があります。それは…ネコとタチの決め方は、歳上がタチをやる、という暗黙のルールがある、ということ!よくBLではネコとタチは、性格で決まっているとか、話し合って決めるとかありますよね。先に迫った方が攻めのパターンが多い気がします。以前友人から借りた本のことを●男子禁制⁉︎「オトコのカラダはキモチイイ」で書いてましたが、そこには「2丁目では深刻なタチ不足になってる」と書かれてまし...

記事を読む

No Image

2016-11-06 BL、のようなもの
昨日は友人と新宿でご飯を食べた後、久々に再会した友人が「昔よく行ってた店が二丁目にあるよ」と言いだしたので、連れて行ってもらうことにしました!高校生の頃からずーっと気になっていて、いつか行きたいと思っていた新宿二丁目。近くにある新宿美術学院に講習で通ってたときに「ここが噂の二丁目だー!」とは思っていたのですが、いきなり知らない店に女が入って良いのか分からず、でした。友人に連れて行ってもらったお店は...

記事を読む

No Image

2016-09-29 BL、のようなもの
NHKオンデマンドで真田丸を一気見してます。真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]今30話まで観ましたが、割とながら見しちゃってるので、もう一度見直ししないと。しかし、要所要所で垣間見える、真田パパの草刈正雄と、出浦の寺島進の、忠義心を越えた愛!真田パパ×出浦ってのもアリですが、出浦は真田パパには強気だし、真田パパは出浦の前だと可愛くなるし…出浦×真田パパ、かな?長澤まさみ演じる、きりちゃんがウザい!と評判ですが...

記事を読む

No Image

2016-09-05 BL、のようなもの
友人とBLについて語っていたら、ふと「そういえばBLって言葉が生まれる前は『耽美』って言葉を使っていたはずだけど、最近聞かないね?死語になったのかな?」という話題になりました。BLって言葉が生まれる前は「やおい」を使っていたわけですが、でも「やおい」はやはり同人誌的なノリを指していて、それとは別に「耽美」って言葉も使っていた記憶があります。友人も「タンビー!とか確かに今使うと古い感じするね。耽美な絵でギ...

記事を読む

勇利は誘い受け!?指輪の交換&泥酔ポールダンス&織田信成登場…ユーリ!!! on Ice10話に衝撃!

今更私がブログに書いても、すでにたくさんの人がSNSに書いていると思いますが…

帰り道に友人から

「ユーリで王道カプが結婚したり、信成が出たりで忙しい」

とLINEが来たのでググったら、なんかすごい絵面のまとめサイトがいっぱい出てくるよ?

帰宅してから、観ました、10話。


【Amazon.co.jp限定】ユーリ!!! on ICE 1 (スペシャルイベント優先販売申込券付き)(全巻購入特典:「久保ミツロウ描き下ろしマンガ(メーカー特典)」+「アニメ描き下ろしアクリルスタンド6セット」引換シリアルコード付) [DVD]


ユーリの好きなところは、あからさまにBLっぽいシーンがあるようで、でもそれは「師弟関係の精神的な結びつき」であって「性愛」では無いと解釈出来なくもないところです。

ヴィクトルに精神的に支えられていて、もっと相手がちゃんと自分の演技を見てくれているという実感が欲しくて、ユーリは指輪を買ったわけですよね。

「相手の愛情を形として側に置きたい」

と思ったら、そりゃ指輪交換は分かりやすい。

で、その気持ちを受け止めたヴィクトルは、そりゃ自分からも嵌めるよね。

そこが丁度教会だったってのが、また良いわぁ。

この「お守り」を嵌めていることで、ユーリはずっとヴィクトルが側にいてくれるって実感して、安心できるのねぇ。


しかし、元々は酔っ払ったユーリが、自分からヴィクトルにコーチを頼んでいた!

ユーリは誘い受けからの、リバだ!予想出来なかった!

ってことに、友人は大興奮しています。

いやーしかもそのときのダンスバトルからの、パンツ一枚のポールダンスを、いつもとは違うエンディング曲と演出で流したってところが良かったわ〜。

その上、予告では織田信成が声の出演って、情報量が多すぎて交通整理がうまくできないから!

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネコとタチの決め方は、歳上がタチという暗黙のルールがあるらしい

初の2丁目デビューで知った事実があります。

それは…

ネコとタチの決め方は、歳上がタチをやる、という暗黙のルールがある、ということ!

よくBLではネコとタチは、性格で決まっているとか、話し合って決めるとかありますよね。

先に迫った方が攻めのパターンが多い気がします。


以前友人から借りた本のことを

●男子禁制⁉︎「オトコのカラダはキモチイイ」

で書いてましたが、そこには

「2丁目では深刻なタチ不足になってる」と書かれてました。

実際に2丁目で話を聞いてみたら、皆さん見た目は男っぽいけど、話し方は女っぽい方がほとんどでした。

でも

「彼氏は年下だから、私が『かわいいね~』って言ってタチをやらなきゃいけないの!

私も『かわいい』って言われたいのに!』

とか、

「彼氏が歳上だから、向こうがタチなんだ」

と言っていました。

そんなルールあるなんて、私が読んでたBL本には描かれてなかったわー。


また、最近の出会い系はアプリを使っているそうです。

最近彼氏と別れた、と話していた店子くんは、アプリで知り合った金沢の人と1年くらい遠距離恋愛していたんだとか。

他にも、初めての相手はアプリで知り合った人って言ってる人がいました。


金沢の彼氏と別れた子の理由を聞くと

「向こうがメンヘラで重かったのー。

僕はもっと気楽に付き合いたいんだよねー。」

と言っていて、他にもそういう、よく女性が言うような

「もっと一緒にいたい!」
「毎日連絡取りたい!」

みたいなことを彼氏に言われて、面倒になって別れるってケースを聞きました。

ちなみに金沢の元彼は

「イケメンなの」

と写真を見せられたら、ホントにイケメンの普通にサラリーマンな男性でした。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

念願の新宿二丁目デビューしました!

昨日は友人と新宿でご飯を食べた後、久々に再会した友人が

「昔よく行ってた店が二丁目にあるよ」

と言いだしたので、連れて行ってもらうことにしました!

高校生の頃からずーっと気になっていて、いつか行きたいと思っていた新宿二丁目。

近くにある新宿美術学院に講習で通ってたときに

「ここが噂の二丁目だー!」

とは思っていたのですが、いきなり知らない店に女が入って良いのか分からず、でした。


友人に連れて行ってもらったお店は、狭いビルの4階でした。

店名は伏せておきます。

じゃないと、店内で聞いた会話を書けないので…。

いわゆる二丁目の、大通りから数本入ったとこにあるお店。

ザ・ゲイバーって感じのオカマちゃんがいるお店では無く、パッと見は普通のカウンターだけあるバーって感じでした。


最初はお客さん1人と店員1人しかいず、ママが来るのは1時間後ということなので、店内に貼られたジャニーズのポスターや団扇を見たり、テレビから流れるジャニーズや懐メロの映像を観ながらお話していました。

中山優馬くんの店名入りサインポスターが貼ってあったのにはビックリ!

しばらくするとお客さんがどんどん入ってきて、店員さんも増え、ママも到着。

お客さんたちは、見た目は普通の男、話し方は女っぽい柔らかい感じの人がほとんどでした。


店員さんは見た目はノンケに見えるゲイの人と、ホントにノンケの大学生がいました。

「何でノンケなのにここでバイトしてるの?」
と聞いたら、

「女友達に連れられてきたらスカウトされたんです。

でも卒論で忙しくなるから、今月で辞めるんですよー」

と言っていたのですが、まだ若いし、いつかそっちの道に行く日も来るかも?


徐々に満席になった店の端の方で飲んでいたら、隣のグループの人たちが出ていきました。

すると残った1人が

「あーもう、ホントやだ!ちょっと聞いてよー」
と話しかけてきました。

このとき聞いた話がなかなか興味深かったです。


残った男性Aは、見た目はヒゲボウズ、話し方は女の子っぽい感じの20代半ば。

Aは同僚のやはり20代半ばのイケメンBと飲みに来ていたそうです。

Bは見た目はフェミニンな感じで、話し方も女の子っぽいけど、最近結婚したばかりの新婚さん。

で、2人で飲んでいたら、共通の知人で可愛い系の顔した20代前半のCがやってきて、一緒に飲みだしたそうです。


その後またまたお客さんが増え、Dという別の人も交えて飲むことになった4人。

が、なんとBは、実はCと1ヶ月前から付き合っているバイだったのです。

「今日は奥さんが実家に行ってていないから飲もう」
と言われて2人で飲みに来たはずなのに、

「俺をダシにしてCと会おうとするなんて嫌な感じ!」

とAはムッとしていたそうです。


その後、CはAのボトルのお酒を勝手に飲み始めた上に、Dにまでお酒を渡し、その身勝手さにAは更に怒り心頭!

Aが不機嫌なのを察したCも微妙な気持ちになり、Dとばかり話す状況に。

それに嫉妬したBはCを連れて店を出て行ってしまった、という流れで、残ったAが私たちに話しかけて来ました。


ってゆーか私と友人は

「え⁉︎新婚なのにBはCと付き合ってるの?偽装結婚ってこと?」

とそちらにビックリ!

Bは長年付き合っていた彼女と結婚したので、偽装結婚ではなくバイなんだそうです!

「えーと、AはBを好きなの?」
と聞くと、別にそういうワケではなく、ただただ友達と飲もうと思っていたのに、痴話喧嘩に巻き込まれたことに怒っていました。


Aがプリプリ怒っている話を30分くらい聞いていたら、BとCが店に戻ってきました。

微妙な空気になる店内…。

その後AとCが話してるなーと思っていたら、すぐにAが帰ってしまいました。

残ったBとCは15分くらい2人で話していたのですが、急に

「じゃあ今決めれば?」

みたいなことをBがボソッとCに言い、そのまま席を立って帰ってしまいました。


明らかに痴話喧嘩だな…と私と友人が聞き耳を立てていたら、今度はCが

「もーお姉さんたち、聞いてよー!」
と話しかけてきました。

私と友人は、先にAから話を聞いていたことを隠しながらCの話を聞くことに。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

推しカプは出浦×真田パパ

NHKオンデマンドで真田丸を一気見してます。


真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]

今30話まで観ましたが、割とながら見しちゃってるので、もう一度見直ししないと。

しかし、要所要所で垣間見える、真田パパの草刈正雄と、出浦の寺島進の、忠義心を越えた愛!

真田パパ×出浦ってのもアリですが、出浦は真田パパには強気だし、真田パパは出浦の前だと可愛くなるし…

出浦×真田パパ、かな?


長澤まさみ演じる、きりちゃんがウザい!と評判ですが、

私はきりちゃんの気持ちに感情移入しちゃうなー。

ホントは嫉妬心でいっぱいになっちゃう設定ですが、そこは三谷幸喜らしいというか、男が書いた脚本。

男性は、純粋に前向きに、ずっと想ってくれる、芯の強い女性が好きよね。


女性たちがとても強い人が多いので、男性たちの可愛さがクローズアップされてるなーと思います。

でも、推しカプになれるくらいイチャイチャしてるのは、やっぱり真田パパと出浦でしょう~。

そういえば沼田は、真田丸が始まる直前に行ったとこのブログでも書いてました。

●テルマエ・ロマエのロケ地、水上温泉の宝川温泉で渓流沿いの絶景露天風呂に入ってきました!

あのときはハマるか分からなかったから、沼田城には興味なかったけど、今は観光客がいっぱい行ってるんでしょうか?

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「耽美」はBL業界では死語?でも笠井あゆみ&いのまたむつみが現役でビックリ!

友人とBLについて語っていたら、ふと

「そういえばBLって言葉が生まれる前は『耽美』って言葉を使っていたはずだけど、最近聞かないね?死語になったのかな?」

という話題になりました。

BLって言葉が生まれる前は「やおい」を使っていたわけですが、でも「やおい」はやはり同人誌的なノリを指していて、それとは別に「耽美」って言葉も使っていた記憶があります。

友人も「タンビー!とか確かに今使うと古い感じするね。耽美な絵でギャグを描く人が増えた気がする」

と言っているのですが、そういえば麗しい男性のいちゃついてる絵に「タンビー!」とか手書きが書かれてる絵とか、昔はよく見た気がします。


で、「耽美」という言葉で思い出すイラストレーターさんは笠井あゆみさんです。


【中古】アニメムック 笠井あゆみ画集 月夜絵【02P03Sep16】【画】【中古】afb

この画集、昔持ってたわ〜。

麗しい絵で、結構ドップリした男同士の絵を描いてらした方ですが、情緒があって良かったな〜

と思ってググったら、今もバリバリ現役で描かれている上に、仕事の幅が広くてビックリしました!


こんな可愛い女の子も描いてるし


銀の娘は海竜に抱かれて (レジーナ文庫)


太陽王と灰色の王妃 (レジーナ文庫)


トリニティ・ロマンス 鈴蘭の花嫁と双子プリンス (ティアラ文庫)

色使いも今時で可愛い感じ〜になっているのかと思いきや


疵と蜜 (キャラ文庫)

昔の雰囲気を残したスーツの男を描いているかと思いきや


溺愛調教 (キャラ文庫)

おおおおおおーな絵も描いているし、


奪われたシークの花嫁 (ビーボーイノベルズ)


ショコラティエの恋の味 (リリ文庫)


君と僕と夜の猫


その血は夜を惑わせる (白泉社花丸文庫)


なんかもう、仕事の幅が広すぎて言葉がありません!

てか、肌色率が高すぎるものは貼っていません!もっとスゴイのがいっぱいあった…

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます