PR


タグ:花よりも花の如く

花よりも花の如くのタグが付いた記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2017-09-05 マンガ
本日2017年9月5日発売の「花よりも花の如く」最新刊17巻を、早速楽天KOBOで買って読みましたので、ネタバレ感想を書きます。今まで単行本で買っていたのに、途中から電子書籍にしちゃうのはなぁとも思ったのですが、さすがにそろそろ本棚のスペースをかなり埋め尽くすようになってきてしまいました…このまま増えることを思うと、いっそ電子書籍で揃え直すことも考え始めてしまいます。楽天市場で買う無料立読じいさまが青森に帰っ...

記事を読む

2017-03-06 マンガ
前巻の、実家がゴミ屋敷になってしまっている生徒杉浦さんのお家の片付けをしながら、ボケてしまっている?お父さんを見つめていくお話と並行して、連絡がうまく取れず、すれ違ってしまう葉月と憲人のことを描いた「Something Old Something New」と、楽の不思議な力と彩紀とのことを描いたスピンオフ「左目の女の子」の二本が収録された16巻でした。花よりも花の如く 16 (花とゆめCOMICS)改めて15巻から読み返したのですが、葉月...

記事を読む

No Image

2016-03-06 マンガ
本屋に行ったら「花よりも花の如く」の新刊が出ていたので早速買って読みました!花よりも花の如く 15 (花とゆめCOMICS)以前もこのブログでご紹介したことがありますが、能のシテ方の役者さん榊原憲人(「のりと」、だけどなぜか家族も周囲もみんな「けんと」と呼ぶ)が主人公。能の世界のお話、お舞台のストーリーとリンクした現実の悩みとの向き合い、家族のこと、日本の伝統のこと、世界と日本の能の繋がりなどなどに加え、最近...

記事を読む

「花よりも花の如く」17巻成田美名子ネタバレ感想

  •  投稿日:2017-09-05
  •  カテゴリ:マンガ
本日2017年9月5日発売の「花よりも花の如く」最新刊17巻を、早速楽天KOBOで買って読みましたので、ネタバレ感想を書きます。

今まで単行本で買っていたのに、途中から電子書籍にしちゃうのはなぁとも思ったのですが、さすがにそろそろ本棚のスペースをかなり埋め尽くすようになってきてしまいました…

このまま増えることを思うと、いっそ電子書籍で揃え直すことも考え始めてしまいます。



amazonで買う



じいさまが青森に帰ってしまいました。

憲人は胸にぽっかり穴が空いてしまい、ついぼんやりして集中できなくなってしまいました。

そのうち、西門も青森に帰ってしまう。

そう思うと、憲人はどうしても子供の頃、西門が青森に養子に行ったときのことを思い出してしまいます。

葉月から「今感じる強い感情の多くは過去に感じたもの」という説を聞き、過去の自分、今の自分について考える。

それが17巻のテーマとなっています。


憲人が受け持つ子供能のお稽古に、いつも友達とそのお母さんと来ている女の子 山口渚ちゃん9歳がいました。

お役代が出せないということで「土蜘蛛」では後見人をお願いしているのですが、憲人は渚ちゃんの気配り上手なところ、熱心に稽古をするところを見込んでいました。

渚ちゃんの両親は離婚していて、お母さんと暮らしているのですが、仕事の忙しいお母さんは一度もお稽古に来たことはなく、お母さんの高校時代からの友人兼渚ちゃんの友達の泉ちゃんと一緒に、いつもお稽古に来ていました。

渚ちゃんと泉ちゃんを薪能に連れていき、後見人の大切さを教えた憲人。

けれど自分のお舞台には今ひとつ心あらずとなってしまっていました。


葉月にお舞台の感想を聞くために電話をしていたときに、

「そういえばお弟子さんのゴミ屋敷を片付けたんだって?」

と、前巻の杉浦さんのことを聞かれました。

事情を説明した憲人に、葉月は

「憲人さんて誰にでも優しいのね」

と棘のある言い方をします。

出掛けだったので、また電話すると言って電話を切った後も、憲人は葉月の言葉のことを考えていました。

そして子供能のお稽古を終え、葉月には「9割方行けないと思う」と言っていたライブにも、演奏には間に合わないながらも駆けつけ、葉月と話します。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「花よりも花の如く」16巻成田美名子、ネタバレ感想

  •  投稿日:2017-03-06
  •  カテゴリ:マンガ
前巻の、実家がゴミ屋敷になってしまっている生徒杉浦さんのお家の片付けをしながら、ボケてしまっている?お父さんを見つめていくお話と並行して、

連絡がうまく取れず、すれ違ってしまう葉月と憲人のことを描いた「Something Old Something New」と、

楽の不思議な力と彩紀とのことを描いたスピンオフ「左目の女の子」

の二本が収録された16巻でした。


花よりも花の如く 16 (花とゆめCOMICS)


改めて15巻から読み返したのですが、葉月ってクールビューティな外見に似合わず、察してちゃんですよね…。

仕事でテンパっているのもあるとはいえ、憲人の電話に折り返ししなかったり、メールに返信しなかったり。

優しさのある素敵な美女で頑張り屋さんって部分と、嫉妬したら冷たい態度を取る部分があって、

同じ女性として葉月の気持ちは分かるけど…。


でも、「明日会いたい」っていきなり言って、ダメならいきなり電話切って…

後から憲人が「あ、俺の誕生日だったからか」と気付くって、どうなの?

その後謝罪のメールしたのに返信無し。

今回はじっちゃんがお舞台に葉月を呼んでくれて、そこで
「メールありがとう」って葉月が照れながら言って和解ってなってましたが、

「いや、彼の誕生日を祝いたいってのはこちらの勝手な気持ちなんだから、察して欲しかったならハッキリ言えば?

てか思い通りに祝えないから怒るってどうなの?」

と発言小町なら葉月は叩かれまくりますよ!


少女マンガだから、偶然のタイミングや周囲の協力で和解出来たりしてるけど、憲人も割と悩みながらも状況見つつですぐに動かないし、現実の恋愛だと難しそうだな~と思ってしまいます。

付き合う前から喧嘩が多いし、付き合ってからもあまり会ってないし。

お互い家同士の付き合いもあるし、仕事に理解があるから、結婚するんだろうなぁとは思いますが、

この2人を参考にしてしまうと、現実の男性だと愛想を尽かされそうな気がします。


ゴミ屋敷のお父さんは、結局痴呆というほどのことではなく、徐々にシッカリしてきて良かったです。

戦中戦後を知っている人だから、物を再利用するつもりでどんどん溜め込んでしまう、というのは実際にありそうです。

が、ボケに関しては、かなりこれは良いケースなんでしょうね。

憲人に対して礼儀正しいし、猫を可愛がったりしてたし、

奥さんのことを愛していたんだなー

と伝わるお話でしたが、実際に痴呆だったとしたら、こんな風に順調に片付けをさせてくれなかったでしょうね。


じっちゃんが青森に帰る日も近付いてきていて、すでに荷物整理を始めてします。

西門も居なくなるの、寂しい…。

杉浦さんはお舞台に旦那さんが来てくれた上に、妊娠発覚。

子供が出来たから大団円、に実際だとなるのか微妙なラインですが、事情がわからないので何ともはや…。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成田美名子「花よりも花の如く」15巻ネタバレ感想

  •  投稿日:2016-03-06
  •  カテゴリ:マンガ
本屋に行ったら「花よりも花の如く」の新刊が出ていたので早速買って読みました!


花よりも花の如く 15 (花とゆめCOMICS)

以前もこのブログでご紹介したことがありますが、能のシテ方の役者さん榊原憲人(「のりと」、だけどなぜか家族も周囲もみんな「けんと」と呼ぶ)が主人公。

能の世界のお話、お舞台のストーリーとリンクした現実の悩みとの向き合い、家族のこと、日本の伝統のこと、世界と日本の能の繋がりなどなどに加え、最近は恋愛のお話も出てきました。

私自身はまだ能を見たことがないのですが、今年こそ観に行きたいな〜。

こういうマンガは内容が古くなるということはないので、ふと能に興味を持ったときに読めて良いですね。

ちょっと気になるという方は1巻試し読みがこちら電子貸本Renta!で出来ます


花よりも花の如く 無料サンプル

以下はネタバレ含みますので、ご注意を!


憲人は日々、シオちゃんが四国八十八ヶ所巡りをしている姿をブログで見ながら、子供能のお稽古、生徒さんのお稽古、自分のお舞台と慌ただしく過ごしています。

子供能のお稽古は慣れなくて大変なのですが、以前高砂を結婚式で謡ってトラブルになってしまった花嫁・日高さんの機転で子供たちにお舞台の動画を見せてあげることができ、これをきっかけに何か日高さんにお礼をしたい、と考えた憲人は、葉月のライブ終了後に相談をします。

「相手は誰?」
と聞かれ、葉月さんと日高さんは折り合いが悪いから、と
「葉月さんの知らない人」
と憲人はとっさに答えたのですが
「ああ、香取の花嫁ね」
と不機嫌そうに言う葉月さん。

「それでピアノを聴いてなかったの」
と言う葉月さんに
「いや、聴いてたよ!」
と必死に憲人は言うのですが、しかし確かにぼんやりと考え事をしてしまっていた憲人は

「じゃあ最後の曲はなんだった?」と聞かれて
「おれの知らない曲」と答えてしまい
「だいっきらい!」と言われてしまいます…。


なにがなんだかわからずに帰宅した憲人は、家に届いた生徒さんたちからのバレンタインチョコレートを見て、

曲は「マイ・ファニー・バレンタイン」という愛の曲だったことに気付きます。

この葉月さんの、嫉妬とか愛の曲を選ぶ女心が、かわいい〜!!!!!!!!

しかしその後葉月さんからはメールの返信が無く、悩んでいるときに役者仲間から

自分は考え事をしているときに、自分の世界に入り込んでしまって周囲の声が聞こえなくなってしまう

という性質に気付かされます。

まだ憲人と葉月の付き合いは日が短いので、お互いにして欲しいこととしたいことがうまく噛み合わない。

そして、盲目の整体師 望さんのところにいつものマッサージに訪れた時に、葉月は憲人にあげるはずだったチョコレートを望さんにあげていたことが分かります。

ちょうどその頃、憲人がやろうとしているお舞台は「清経」。

結婚して間もない頃、夫の平清経が戦死してその遺髪が届いた妻が、死を受け入れられずに遺髪を突き返す。その枕元に夫が現れて…というお話で、気持ちのスレ違いというものについて憲人は考え込みます。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます