PR


タグ:独身

独身のタグが付いた記事一覧。
No Image

2017-03-25 女ですもの
以前何度か書いた、「知ったかぶりで良い女気取りなオバさん」の年齢、たまたま小耳に挟んで知ったのですが、アラフィフ前半でした。彼女の名前は仮にZさんにします。Zさんに関してはこちら。↓●何故一重の化粧下手なアラフォーはブルーやグリーンのアイシャドーを塗りたがるのか●もう限界!「自分は物知りアピール」おばさん●めんどくさいアラフォーおばさん、どうしたらいい?時々Zさんのことは周囲にネタとして話すのですが、毎...

記事を読む

No Image

2017-03-11
ゴマブッこさんの「あの女」ブログなら、馬鹿にされて叩かれまくりの発言ですが、昨年改めて気付いたのは、「私はチャラいイケメンが好きだ」ということです。まぁ中にはイケメンとまでは言わない普通の顔の人もいました。好きになった中には身長165cm前後の人もいたので、身長に強いこだわりはありませんが、180cmくらいの人を好きになったことは数回あります。イケメンにも色々いますが、まぁ稲葉浩志さんを好きだ、ということも...

記事を読む

No Image

2017-03-10
Yahoo!ニュースにドラマ8話のネタバレが掲載されていました。ってかドラマのネタバレってニュースにすること?で、コメント欄を読んでいると、ドラマに好意的なものもあれば、ただの賞味期限切れ女を馬鹿にするコメントやら、正論と言うかただの理想論をドヤ顔で書いてるものもあったのですが、その中に「タラレバ娘たちは男とちゃんと話し合うということをしないけど、『彼女と別れないなら別れる』って言えばいいだけの話」とい...

記事を読む

No Image

2017-03-06 女ですもの
先日の記事●彼女持ちの好きな人からホワイトデーのお返しは欲しい?にコメントを頂きまして、返信もしましたし、その返信をしたときの気持ちも●正論や常識って人を追い詰めますよねぇに書いたのですが、いやーなんと言いますか…たまにコメント欄にコメントを頂くことがあり、とてもありがたいな、と思っているのですが、ぶっちゃけて言うと、私はこのブログは、Yahoo!知恵袋や発言小町をお手本にしております。それは、自分自身が...

記事を読む

No Image

2017-03-05 女ですもの
よく子連れで遊んでいる友人がいます。赤ちゃんのときから、会うときは常に子連れでした。私も甥姪感覚になっていて、子供ちゃんに会いたいから遊ぶ約束をしていました。友人も色々気を遣ってくれているし、昼過ぎにはベビーカーでお昼寝してしまうので、よくネットでみるような「ゆっくり話せないから子連れの友人とは会いたくない」という気持ちにはなりませんでした。友人も「子連れで当然だし、大事な友だちの子供なら可愛がれ...

記事を読む

No Image

2017-02-24 女ですもの
「本当の愛情は見返りを求めないものだ」「無償の愛こそ正しい」という、まるで宗教のような言葉がネットや本には溢れています。それを鵜呑みにして、見返りを求める人にドヤ顔で「本当の愛情は~」と説教口調で語る人の多さには、どれだけ単細胞なのかと呆れてしまいます。よく「無償の愛とは、親が子供に向ける愛情」と言う人もいますが、私は親から無償の愛を受けたとは思えません。子供が欲しがるものを好きなだけ買い与えるの...

記事を読む

2017-02-24
昔いた会社の同僚で、仲良し3人グループを作っていて、今も交流があります。1人は結婚20年になる2児の父Aさん、1人は結婚6年になる1児の母Bさん。Aさんは私の4歳上、Bさんは同じ歳で、昔はよく一緒にカフェや映画や買い物に行ってました。Aさんはフェミニンな男性で、私たち3人は女友達感覚でした。「Aさんと一緒にお風呂に入っても平気かも~」なんて言って、私とBさんは笑ってました。しかしある時から、急にBさんは3人で遊ぼう...

記事を読む

No Image

2017-02-23
好きな人にお誘いをかけるメールやLINEをした後、もしくは何気ないことを送った後、せっかく返信が来たのに、開くのが怖い!と思ったことはありますか?そもそもこちらから連絡すること自体が怖くて出来ない、という人もいますね。いますねっていうか、私もそうです。私はどちらかと言うと積極的なタイプですが、それでも「素っ気なくされたらどうしよう…」「断わられたらどうしよう…」「無視されたらどうしよう…」「ウザいと思わ...

記事を読む

No Image

2017-02-11 女ですもの
先日書いた、転職に悩んでる友人に「転職は大賛成だよ!」と言ったら、「そう言ってくれてホッとした」と言われてビックリしました。↓前回記事●私、ホントに今の仕事が適職?と迷ってませんか?話を聞いていてネタとして面白い部分はたくさんあったけど、職場としては無しだろーと思っていたのと、心身の調子を客観視したら、そりゃ転職だろっと思ってたんですが、本人は転職に気が引けていたようです。私の周囲のアラフォーはブラ...

記事を読む

2017-02-10 女ですもの
人の結婚報告を聞くとたびに、おめでたい気持ちと、モヤモヤした気持ちが、もう何度私の胸の中を去来したことでしょう…まだまだ結婚を諦めてはいないけど、ネットじゃ「子供も産めないくせに」とか言われちゃうアラフォー。身近にアラフォーで出産した人は何人もいますが、そろそろ本当にリミットが近づいててヤバイ!なのに、脈ナシ片思いに丸一年以上遣ってしまいました…。アラフォー後半の女性が結婚出来る確率は1桁と言われて...

記事を読む

痛いアラフィフ独身女になりたくない!

以前何度か書いた、「知ったかぶりで良い女気取りなオバさん」の年齢、たまたま小耳に挟んで知ったのですが、アラフィフ前半でした。

彼女の名前は仮にZさんにします。

Zさんに関してはこちら。

●何故一重の化粧下手なアラフォーはブルーやグリーンのアイシャドーを塗りたがるのか
●もう限界!「自分は物知りアピール」おばさん
●めんどくさいアラフォーおばさん、どうしたらいい?


時々Zさんのことは周囲にネタとして話すのですが、毎回笑いが取れます。

Zさんの外見は、かなり太めで、顔は朝青龍系。

実家暮らしで、彼氏がいるっぽいことを匂わせるような話を一度していましたが、突っ込んで欲しそうだったけど面倒だったから聞きませんでした。

今は私はあからさまにZさんとは話さず、たまに話しかけられても一言で返して会話終了しちゃいます。


Zさんのネタは過去記事でも書いてますが、

●スキンケアトークで「牛乳石鹸がすごく良いんですよ~」とドヤ顔で言う

●「メイクについて教えてあげる」口調で話してくるけど、本人はデビルマンメイクか素っぴん

●「ダイエットでは炭水化物は抜いちゃダメ!」と教えてあげる口調で語るが、私の倍くらい横幅がある

●「私、眼力があるって人から言われて~何でかな?っておもったら、黒目が大きいからだって気付いて~」
と言うが、単に瞼が腫れぼったい一重で目付きが悪いだけ。
黒目が大きいのではなく、白目の面積が少ない。

●「私、胸が大きいから外国製の服しか着られなきて~」と言うが、デカイのは胸じゃなく体全体。
そして服装は部屋着レベル。

私が「パンツは外国製の方がスタイルが良く見える(ヘルムートラングやポール&ジョーのパンツは、ユニクロと違って足が長く細く見える)」と話しているのとは意味が違う。

●「胸が見えるから胸元が開いた服を着るなって言われたけど、セクハラ!」と言うが、男性陣も別に見たいとは思っていない。

●太った男性社員を笑い者にするが、アンタこそ…

●「私ドSだから~」と言いながら男性陣を上から目線でディスる。


私はアラフィフでも、キレイな人も素敵な人もいるので、女性は年齢だとは思っていません。

実際

●48歳でイケメンと再婚した美魔女の話がスゴイ!

で書いた女性はZさんより歳上だけど、比べ物にならないくらい素敵でした。

Zさんと同じ歳でも、スタイルが良くてオシャレな人、話していて楽しい気さくな人はたくさんいます。

でもZさんは、見た目も性格もイマイチなのに、良い女気取りなのが痛くてキツイ!

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー独身イケメン好き女の性格の問題点は「自分に自信が無い」から?

  •  投稿日:2017-03-11
  •  カテゴリ:
ゴマブッこさんの「あの女」ブログなら、馬鹿にされて叩かれまくりの発言ですが、昨年改めて気付いたのは、「私はチャラいイケメンが好きだ」ということです。

まぁ中にはイケメンとまでは言わない普通の顔の人もいました。

好きになった中には身長165cm前後の人もいたので、身長に強いこだわりはありませんが、180cmくらいの人を好きになったことは数回あります。


イケメンにも色々いますが、まぁ稲葉浩志さんを好きだ、ということもあり、クッキリ二重ではなくシャープな顔立ちで笑顔が可愛い人が好きですね。


Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜 【Blu-ray】 [ 稲葉浩志 ]

そして彼らの性格は大抵似た感じです。

よくブログに書く若いイケメン君は、最初は品行方正で愛想がいいけど口数の少ない人だ、と思っていましたが、慣れたらチャラい人だと分かりました。

先日話してるときにツッコミを入れたら、ウィンクしながらグッと親指を立ててきたのでビックリしました。

今までそんなこと他の人にしてるところ見たことないっていうか、私より長い付き合いの人でも、そんなことするとこ想像つかないって言うくらい、普段は品行方正で控え目なフリしてるくせに…。


昔好きだった

●お店の店員さんに一目惚れ~2人で会えるようになるまで、の体験談

で書いた人も、バイト先では好青年だったけど、プライベートはチャラかったなぁ。

「そういう人が本命に選ぶのは美人で可愛い若い子だから!」
と思う方が多そうですが、割と過去の人たちが本命に選んだのは、

「顔は普通だけど、メス臭の強いタイプ」でしたねー。

彼との写真をプロフィール画像にするとか、自分とのデート中の写真を彼氏のプロフィール画像にさせるとか。

彼氏のSNSに書き込みして存在アピールしたり、職場の集まりに彼氏を連れて来たり…


ま、そういう女性になればチャラいイケメンと付き合えるワケではないし、たまたまってのもあったとは思います。

あと、美人で性格が良い人の中には、あまりチャラいイケメンが好きじゃない人も多いかな?という気もしますね。

「イケメンは緊張しちゃうからダメです」
って言う若くて可愛い女の子には時々会います。


私も別に顔だけで好きになっているワケではありません。

若い頃は顔だけで好きになってましたが、今は「話してきたら楽しいな~」と思うのがチャラいイケメンだったりします。

が、この「話していて楽しい」と思わせることが出来る時点で、男性は外見に自信があるということなので、結局自分に釣り合わないモテる男性ばかり好きになっていたらアラフォーになってしまいました…。

●独身女性がキュンとする、モテ男が送るメール術7選!

で書いたような可愛いメールやLINEをくれるので、どんどん好きになっちゃうんですよねぇ。


不思議なもので、イケメンでも顔立ちが濃いタイプの男性は、
「お前は俺に釣り合わない」
というような高飛車な態度を最初から取ってくるので、
「いや、こっちもアンタに興味ないわ」
と思うため、好きになるどころか仲良くなることもありません。

私が好きになるタイプは、来るもの拒まず去るものは追わず、て感じで、愛想がいい人ばかり。

だから、こちらからグイグイいけば一時的に遊び相手にくらいなれてしまうので、余計こじらせてしまってました。


私が本気で「結婚したい!」と思っていたら、アラサー前半くらいの段階でこのことについてちゃんと考えて、キチンと付き合えるタイプはどういう人か探しながら考えていったでしょう。

でも、私にアプローチしてくれる人は連絡が頻繁過ぎて重いというか、こちらのペースを考えてくれないタイプというか、ちょっと怖い人たちでした…

まぁそんなに多い人数じゃないのですが、メールの返信が遅くなったら嫌味を言われたり、いきなりかかってきた電話でこちらの都合も聞かずに話し始められたりして、

うーん、無理…

と思ったりしてたんですね。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「タラレバ娘」たちが男とちゃんと話し合えない理由

  •  投稿日:2017-03-10
  •  カテゴリ:
Yahoo!ニュースにドラマ8話のネタバレが掲載されていました。

ってかドラマのネタバレってニュースにすること?

で、コメント欄を読んでいると、ドラマに好意的なものもあれば、ただの賞味期限切れ女を馬鹿にするコメントやら、正論と言うかただの理想論をドヤ顔で書いてるものもあったのですが、その中に

「タラレバ娘たちは男とちゃんと話し合うということをしないけど、『彼女と別れないなら別れる』って言えばいいだけの話」

というコメントがあって、

「あー現実でこういう経験したことがない人、もしくは、こういう価値観が理解出来ない人なんだなー」

と思いました。


2017/4/13発売
東京タラレバ娘(8): KISS


人間関係は算数とは違って、

「ああすればいい、こうすればいい」

と外野が感情論を抜きに結果だけ見て言っても、現実ではそうはいかないことはたくさんあります。

というか、結果を焦って話し合おうとして自滅するケースなんて、たくさんあります。

「早く夏休みの宿題をやりなさい!」

と言われたら、やりたくなくなる子供のような心理は、大人にもある。

別にダメ人間の大人なだけじゃなく、それが普通なんだけど、結果を焦る人は心理なんて考えないから、それで命令ばっかりして嫌われる、と…。

じゃ、自分自身はちゃんと全て計画通りに最短ルートを選んで他人とコミュニケーション取れてるのか?って言うと、

そういう人ほど、家族や身近なごく少数の人としか関わらないで生きていて、世の中には色んな人がいるって知らないんですよねぇ。


まぁ実際問題、香と涼ちゃんは別れて良かったとは思いますが、その理由は、涼ちゃんと一緒にい続けて期待し続けることで、香がどんどん傷付いていくから。

でも、ずっと彼氏がいなかった、好きな人がいなかった香にとっては、気心の知れた涼ちゃんに優しくされたり、一緒にご飯を食べたり、カラダの関係を持てたり

「好きな人と一緒にいられる」

という、女として求められている幸せを感じられる瞬間があって、それは麻薬みたいに魅力的なモノ。


セカンドあるあるですが、彼と一緒にいる時間は楽しいんだけど、それ以外の時間に孤独感をより一層感じるようになって、それがキツイんですよね。

その孤独感は、ずっと一人でいたときより重くて苦しい。

そうなると、手に入りきらないことにより、より一層彼のことを好きになる。

自分を苦しめている男が、孤独感を癒してくれる存在にもなる、という矛盾が、またセカンド女を追い詰めていくわけですが…


その状況に耐えられなくなって自分から離れる人もいれば、

男が本命と結婚することになって捨てられることもあれば、

単に飽きられて捨てられることもあれば、

追い詰められて重い女になってウザがられて捨てられることもあれば、

耐え忍んだ後に本命になれる人も、ごく少数でもいます。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォーは、正論や常識以外のダメなこと言ったらダメですか?

先日の記事

●彼女持ちの好きな人からホワイトデーのお返しは欲しい?

にコメントを頂きまして、返信もしましたし、その返信をしたときの気持ちも

●正論や常識って人を追い詰めますよねぇ

に書いたのですが、いやーなんと言いますか…

たまにコメント欄にコメントを頂くことがあり、とてもありがたいな、と思っているのですが、

ぶっちゃけて言うと、私はこのブログは、Yahoo!知恵袋や発言小町をお手本にしております。

それは、自分自身が悩んでググッたときに、そういうサイトが上位表示されているからです。

で、そういうお悩みサイトの解答欄って、正論や常識をドヤ顔で書く人が多くて、ウンザリしてるんです。


日常生活でも、当たり前のことをドヤ顔で言う人って多いんですが、

私が好きなのは、弱い人の感情を一旦受け入れてから、その人に合うアドバイスをする人です。

マンガでもそういうのが好きです。

エッセイでも、菅野彰さんや三浦しをんさんや雨宮まみさんや向田邦子さんが好きです。


女に生まれてみたものの。 (ウィングス文庫)


妄想炸裂 (ウィングス文庫)


まじめに生きるって損ですか?


思い出トランプ (新潮文庫)

関連記事

●【爆笑】エッセイ~菅野彰さん~
●三浦しをん「あの家に暮らす四人の女」感想
●死にたいくらい落ち込んでるアラフォー女性に読んで欲しい!雨宮まみさんの最新エッセイ
●雨宮まみさんは自殺なんてしていない、という真実は残したい
●元祖 こじらせ女子、向田邦子さん大好き!


彼女たちは、自分の中の常識外の感情を面白おかしく書くことで、

「私だけが、こんなことで悩んでるんじゃないんだ!」

と思わせてくれるし、

「あー同じように考えながらも、実際他人と接する時はちゃんとしてるんだなぁ」

と参考になることをたくさん書いてくれています。


私がブログをやっている理由の一つに、よく人から
「本を出せば?」
と言われる、というのがあります。

もちろん文章力があるからではなく、ツラツラと感情について語ったり、身の回りに起きたことを面白おかしく語ろうとしたりするからなんですが、

作家にはなれないけど、ブログなら誰でも出来るなぁ、と思って、日々思ったダメなこととかを書いてみています。


ま、私自身たいして常識も身に付いてませんし、ダメダメなんですが、

でもダメな人っていっぱいいっぱいいますよね。

で、ダメな自分を他人に受け入れて欲しい!
って言うのではなく
ダメな人がここにもいますよー
って見知らぬ人に言えるのが、ネットなんじゃないかな?

と思っています。

常識とか正論は、他の人がたくさん書いてるから、それは私が書かなくてもいいんじゃないかな?


でもねーそれをやってみたら、
「なんで正論や常識を書かないんだ?
分かってないんだろ?」
ってコメントを頂くことも、チラホラあるんですね。

で、あまりに罵詈雑言ってコメントのときは、読んだ人が気分が悪くなる、というか、

私と同じように悩んでいる人が目にしたら、否定された気持ちになってしまうだろうなぁ

と思って、そっと削除しています。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子持ち友人とのランチ、直前に子連れに予定変更はアリ?ナシ?

よく子連れで遊んでいる友人がいます。

赤ちゃんのときから、会うときは常に子連れでした。

私も甥姪感覚になっていて、子供ちゃんに会いたいから遊ぶ約束をしていました。

友人も色々気を遣ってくれているし、昼過ぎにはベビーカーでお昼寝してしまうので、よくネットでみるような

「ゆっくり話せないから子連れの友人とは会いたくない」

という気持ちにはなりませんでした。

友人も「子連れで当然だし、大事な友だちの子供なら可愛がれるはず」みたいな価値観の人ではないので、全然問題なかったんです。


ただ、段々子供ちゃんが大きくなってきて、5歳になった今はお昼寝をしなくなりました。

大人同士で話していると嫌がり、話を中断させようとしてきます。

可愛いし、比較的物分りも良くて大人しい子なのですが、それでも友人と話したいことを話せない、という不完全燃焼な気持ちにはなるようになりました。

なので、今回また遊ぶ約束をしたときに「旦那さんに子供を見ていてもらうから、今度は大人だけで」という流れだったので、
「あー久々にゆっくり話せるなぁ」
と楽しみにしていました。


最初約束の段取りを話していたときは
「子供も一緒に行きたいって言い出した」と友人が言ったので、
「どちらでも良いよ」と返したのですが、
「やっぱり今回は大人だけで」と言っていたので、私は友人だけに会うテンションと言うか、気楽な気持ちでいました。

やはり子供ちゃんと会うときは、喜びそうなことを考えたり、常に機嫌良くお相手をするための気力体力がいります。

ですが、朝起きてLINEを見たら
「やっぱり子供が行きたいって言うから一緒でもいい?」
というメッセージが来ていました。

子供ちゃんからみたら、普段一緒に遊んでいるんだから、ついて来たがって当然です。

ただ、正直私はガッカリしました。

返信をどうしようか…と思いながら、こういうとき他の人はどうしてるんだろう?と思ってネットでググりました。

やはり「子連れで当然でしょ!」ってママさん派とか、「ゆっくり話せないから子連れは嫌」とか、「子供好きだから気にならない」とか、意見は色々ありました。

ただ、それは毎回の話であって、今回のように「久々に大人だけで会えるかもって思っていたのに…」というケースは出てきませんでした。


別に、大人同士であれを話そう、これを話そう、と思い描いていた程では無いのですが、それでも話そうと思っていたことのほとんどが話せなくなるなぁ、というのと、

子供ちゃんに気を遣う体力が、今は無いなぁ、と思ってしまっている部分があります。
私の中で何がモヤモヤしているのか?を考えてみました。

それは、「自分とゆっくり話すことより、子供を優先した」ということに対する不満な気がします。

もちろん子供が1番なのは当然ですが、
「子供の預け先がない」
というケースと違い、今回は旦那さんに事前にお願いしてあったのです。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「本当の愛情は見返りを求めてはいけない」というウザい嘘理論が嫌い

「本当の愛情は見返りを求めないものだ」

「無償の愛こそ正しい」

という、まるで宗教のような言葉がネットや本には溢れています。

それを鵜呑みにして、見返りを求める人にドヤ顔で

「本当の愛情は~」

と説教口調で語る人の多さには、

どれだけ単細胞なのか

と呆れてしまいます。


よく「無償の愛とは、親が子供に向ける愛情」と言う人もいますが、私は親から無償の愛を受けたとは思えません。

子供が欲しがるものを好きなだけ買い与えるのも、子供に親の好きなものを着せたり食べさせたりするのも、無償の愛ではないですよね。

子供に躾をするのも、子供が世間に受け入れられ、愛され、キチンとした人になるように…

という期待を込めてやっていることであり、そう育ったら親は満足するという時点で、無償の愛ではないと思います。

キチンと躾けたつもりなのに、子供がグレたりしたら、親はガッカリするんじゃないでしょうか?


可愛い動物を見たら、自然と笑顔になり、撫でたりご飯をあげたりしたくなる。

これも、「可愛い姿を見せてくれた」ことに対する報酬のようなもの。

そして、「相手に喜んでもらえるだろうことをする」

という発想の時点で、

「相手が喜んでいる反応が欲しい」

という見返りを求めていると思います。


そして「ただ自分がやってあげたいから、

相手にどう思われてもいいから親切にする」

と言うのは、お節介で迷惑だと思われる可能性もあります。


結局、相手の様子を見ながら、相手のためを思って行動をする、という時点で、「相手の反応」という見返りは求めている。


「相手の見返りを求めてはいけない」という人は、もしかしたらここまで私が書いたことを読んで

「そういうことじゃなくてー、プレゼントに同等のお礼を求めたりしちゃいけないってことでー」

と言うかもしれません。

でも物でも笑顔でも何でも、恋愛ってやはり見返りは求めることが多いし、それが醍醐味なんじゃないでしょうか?

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔振った・振られた元同僚男女の間に挟まれ、面倒です…

  •  投稿日:2017-02-24
  •  カテゴリ:
昔いた会社の同僚で、仲良し3人グループを作っていて、今も交流があります。

1人は結婚20年になる2児の父Aさん、

1人は結婚6年になる1児の母Bさん。

Aさんは私の4歳上、Bさんは同じ歳で、昔はよく一緒にカフェや映画や買い物に行ってました。

Aさんはフェミニンな男性で、私たち3人は女友達感覚でした。


「Aさんと一緒にお風呂に入っても平気かも~」

なんて言って、私とBさんは笑ってました。

しかしある時から、急にBさんは3人で遊ぼうとしても、断るようになりました。

何でかな?と思って聞いても、理由は当たり障りない社交辞令のようなことしか言いませんでした。


それから数年経ってから、私とBさんと2人で会っていたときに

「実は、Aさんと泊まりで一緒に出張に行ったときなんだけど…

夜ご飯を2人で食べて、もう一軒行こうか?って話になったときに、

『Bさんのことが好きなんだ』

って言われたの」

「マジで?だって私たち、Aさんの奥さんも子供たちも会ってるじゃん。

ってゆーか、あのフェミニンなAさんが?」

「ねー。で、ビックリしてたら

『手を繋いで良い?』

って言われて、手を繋がれて…」

「うわっ!気持ち悪い!」

「でしょ⁉︎私も気持ち悪くて、手を振り払っちゃった。

だから、あれから3人で会うの避けてたんだ」

「うわー…ダメだ、私もうAさんに裏切られた気持ち…」


そんな話を聞いてから、もう10年近く経ちました。

その後も数回、他の人も含めて一緒に会ったり、

個別に私は会ってごはん食べたりはしています。

Aさんには、私が告白のくだりを知っているとは言ってません。

告白の話を聞いた数年後に、Bさんは結婚して出産しました。


ただ知った直後は、

「今まで仲良く遊びに行ってたのは、3人で遊ぶのが楽しかったんじゃなくて、

Aさんは私をダシにしてBさんと遊びたかったんだなー」

と思うと、ガッカリしたし、嫌な気持ちになりました。

そして、そういう男性の部分を見せたAさんを、気持ち悪いな、と思いましたし、当時のことを思い出すと今もちょっとモヤモヤします。

私はこのことから、不倫をしようとする男性を「気持ち悪い」と思うようになりました。

いや、自分に関係無いところで誰がどうしようとどうでも良いのですが、

「奥さんも子供も会わせている相手に、不倫を持ちかける男」

というのが気持ち悪いと思ってしまうのです。

ので

●年下既婚男性に片想い?節操のない子持ち主婦ブログが怖い!
●続・節操が無い子持ち主婦の不倫ブログに呆れた

で書いた、社内で不倫をした主婦も気持ち悪いなと思ってしまっています。


そんなAさんとBさんと、近々3人で会うことになりました。

「久々に会いたいねー」

という話は出ていました。

なので、まぁいいかなぁと思って、私が3人のLINEグループを作りました。

そうしたら、そこからAさんがハッスル!ハッスル!

私はいつもBさんとは子供連れで会っていました。なので、今回もBさんの子供も一緒に会うと思っていました。が…

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな人からのLINEやメールの返信を読むのが怖い⁉︎

  •  投稿日:2017-02-23
  •  カテゴリ:
好きな人にお誘いをかけるメールやLINEをした後、もしくは何気ないことを送った後、

せっかく返信が来たのに、開くのが怖い!

と思ったことはありますか?

そもそもこちらから連絡すること自体が怖くて出来ない、という人もいますね。

いますねっていうか、私もそうです。


私はどちらかと言うと積極的なタイプですが、それでも

「素っ気なくされたらどうしよう…」
「断わられたらどうしよう…」
「無視されたらどうしよう…」
「ウザいと思われたらどうしよう…」

とグルグル考えてしまいます。

先日はイケメン君に送ったLINEの返信がその日のうちに来ず、怖くなってLINE通知をオフにし、

翌朝すぐに送ってくれた返信を丸一日開封出来ませんでした。


いや、内容はお誘いとかではない返信不要レベルのモノでしたが、それでも

「こんなに頻繁にLINEが来るのは迷惑ってずっと思ってて、ついに

『もうLINEを送るのやめて下さい』

とか言われたらどうしよう…」

と思ってしまったのです。


返信は別に普通のモノだったんですが、連絡自体がウザいと思っていて、ずっと我慢させている可能性はあります。

結局その後軽いノリの冗談交じりの短いやり取りを2往復くらいしたので、私が怯えていたようなことは何も無かったのですが、

調子に乗ってこれ以上送ったらダメかも…

と思って、それ以上は送りませんでした。


ググると同じ気持ちの方はたくさんいました。

皆さんが怖いと思うのは、

「相手から好かれていない可能性があるのに、自分は好きだから、いつも自分から連絡している」

という状況だからです。

そういう状況になったことがない、もしくは今現在片思いをしていない、恋愛を重視していない人から見たら

「怖がってないで行動しろよ!」
「脈ナシか確認したら諦めろよ!」

と思うことでしょうね。


好きだから連絡したい。

でも迷惑に思われたくない。

別館ブログの

●無視はある日突然に。理由は日々の積み重ね

で書いたように、嫌われるきっかけは少しずつ積もっていってる可能性があります。

告白して、振られて、でも諦めきれなくてアプローチし続けて…

というのを何度も繰り返すと、例え一つ一つのアプローチの間に数ヶ月経っていても

「いい加減ウザいな」

と、ある時急に冷たくされることもある。


自分から連絡しておいて、返信が怖い。

それは、相手に対して気持ちが勝手に大きくなって、視野が狭くなっているからです。

相手を恋愛対象にしか見えていなくて、友達とか知人とか、単なるその他大勢とは違う存在にしてしまっている。

でも相手から見たら、自分はその他大勢の1人なだけかも。


冷静に考えれば、まだ自分のことを好きになってくれていない相手を、必要以上に大切にしなくて良いはずです。

だって、大切に思ってもその他大勢だと思っても、相手の好意に影響を与える可能性は少ない。

「こんなに好きでいてくれるなら、自分も好きになろう」

なんて、たかがメールやLINEのやり取りだけでは思ってもらえません。


なのに、なんだか相手からの返信が、テストの結果みたいに思えて、怖くなるんですよねー。

告白の返事を待ってるワケじゃないのに。

もし相手からの返信が怖くて、でも連絡はしたかったら、

それが勇気を出したお誘いや、告白ならともかく、ただの雑談なだけだったら、

無理して送る必要はないかも。


そんな風に返信が怖くなってるときは、相手を勝手に理想化して、神格化しちゃってるってこと。

だからこそ雑談のやり取りが出来るだけで幸せだと思えるんですが。

というのも、1年近くメールやLINEで雑談していても、バレンタインや誕生日にプレゼントしても、

たまに複数人で飲みに行けるようになっただけで、恋愛相手に彼は別の女性を選んで、

私とやり取りしている最中も、私じゃない人と一緒にいるから。


連絡し続けても、好きになってはもらえない

でも、連絡し続けたら嫌われることもある

というモノだからこそ、返信が怖くなる。

相手からのアプローチが無いから、期待しているような展開になかなかならないから。

と、長く片思いしているから怖くなってるなら、とりあえず連絡を止めてもいい。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社畜?甘え?アラフォーのブラック企業からの転職はアリかナシか?

先日書いた、転職に悩んでる友人に

「転職は大賛成だよ!」

と言ったら、

「そう言ってくれてホッとした」

と言われてビックリしました。

↓前回記事
●私、ホントに今の仕事が適職?と迷ってませんか?

話を聞いていてネタとして面白い部分はたくさんあったけど、

職場としては無しだろー

と思っていたのと、心身の調子を客観視したら、そりゃ転職だろっと思ってたんですが、

本人は転職に気が引けていたようです。


私の周囲のアラフォーはブラック企業体質の社畜根性が強く、心身を壊してしまう女性が多いです。

踏ん張りどころと、辞めるべきとこ、の采配は難しいですよね。

30代前半までは数年単位の転職が私も周囲も多かったのですが、アラフォー以上になるとそう気軽に転職出来ない…

転職支援会社は、転職させればお金が入るからってガンガン転職させようとしてますけど、だって決まった人の年収の1/3くらい入るらしいですからね。

私が登録してる転職支援会社デザイナーの人材派遣【マスメディアン】では1人の契約が決まると社員たちが万歳三唱するらしいです。ははは…。




まぁお陰で転職してこれてるし、契約のやり取りもしてくれるからいいんですけどね。


簡単に「辞めちゃえば?」と無責任には言えない世相ですが、ブラック会社にしがみついて結局数年後に共倒れするのも、本人が倒れるのも避けたい!

会社に問題があることも、本人に問題があることも多いし、相談相手も人によって言うことが違う。

ドライな人は相手の状況も考えずにポンポン物を言うこともありますよね。

私が転職を悩んでいたときは、どちらかと言うと

「次の会社がなかなか決まらない」
「行きたいと思える求人がない」


ということだったんですが、

「今までもすぐ次が決まってたんだし大丈夫でしょ~」

と笑って言われることが多くて

「もうその頃とは年齢も世相も違うし、前の転職も自分ではすごく悩んで焦って、不安でいっぱいだったのに」

とモヤモヤしました。


今の転職先も、1年探してきた結果なんですが、前職辞めてすぐ働き出してるので周囲にはスムーズに見えてるようで

「よく毎回そんなすぐに次が決まるね」

と言われます。

もう気軽に転職先が決まる年齢では全然無くて、条件が合う求人を探すだけでも1年かかっていたし、最後は慌ててとりあえずで受けたりもしていて、

それで1社受けてる途中でたまたま今の会社の求人を見かけて、受けたらスルッと決まったし、環境も待遇もすごく良いなぁと思ってますが、でも自分なりには色々ありました。


あと、当時よく上から目線で言われたのが

「フリーランスになればいいじゃん。」

既婚でフリーランスやってる人や、元同僚から言われたんですが、

実際私も以前やっていたけど、お金も保障も無い暮らしでキツかったし、今はともかく10年20年先を考えたら無理。

そりゃ共働きなら、

今暮らせるお金が稼げればそれでいーじゃん、

と思うのかもしれませんが、独身女性の未来を想像もしないでポンと上から言えちゃう神経にはホントうんざりしました。

既婚者なら休職期間があってもまーそのうち、くらいに思えるかもしれませんが、独身だとそうもいきませんよ。

あと20年近く働ける職場を見つけるというのは大変。


地方の同世代ブロガーさんの転職に関するブログを読んでいると、そちらも仕事探しが大変そうですね…

女性だけでなく男性でも派遣をやってる人が多いみたいです。

先行き微妙なブラック企業の正社員か、毎年更新に怯える契約社員か派遣社員か…

この状況はよくニュースにもなってるのに、結局大企業の正社員を守る法案と、契約や派遣を増やす法案ばかりできてる。


もちろん正社員も安泰ではなくて、最近もAmazonやアリさんの引越社で正社員を辞めさせたことが問題になりましたね。

まー契約や派遣からみたら、

仕事出来ない正社員を守るのはおかしい!

って思うんですが。



実情が分からないからなんとも言えませんけど。


時々身近でも聞くのは、出来ない正社員を転部させて、あえて自主退職するような環境にするってやつですね。

実際自分がやられたら堪りませんが、その人がいたポジションを狙う派遣がいたらどんどんやって欲しいやり方。

まるで椅子取りゲームな状況です。

日本だけじゃなく、海外ならもっと過酷かも、と思うと、なんだかウンザリですね…

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の東京では、40代女性の結婚ラッシュが来てる!?

人の結婚報告を聞くとたびに、おめでたい気持ちと、モヤモヤした気持ちが、もう何度私の胸の中を去来したことでしょう…

まだまだ結婚を諦めてはいないけど、

ネットじゃ「子供も産めないくせに」とか言われちゃうアラフォー。

身近にアラフォーで出産した人は何人もいますが、そろそろ本当にリミットが近づいててヤバイ!

なのに、脈ナシ片思いに丸一年以上遣ってしまいました…。


アラフォー後半の女性が結婚出来る確率は1桁と言われています。

もうダメかなーと思っていたら、

今年に入って2人の、年上のアラフォー後半台の女性が、Facebookで結婚報告をしていました!

もう1年半くらい会ってない人たちなんですが、その時には2人とも彼氏はいませんでした。


1人は顔は普通。体型は年相応。仕事は事務系。

服装はちょいダサめ可愛い系。

姉妹でマルチをやっていて、Facebookはマルチパーティーの写真がたくさんアップされていて、

私が男なら、お付き合いはちょっと…ってタイプ。

だってまだ姉としか会ってない段階からFacebookで友達申請してきたり、

「一緒にケーキ食べよう」

ってコメントしてきたり、いかにもマルチやってるグイグイしたノリが怖かったんです。


もう1人は顔はキレイで、ナチュラルな自由人タイプ。

仕事は個人でサロンを細々しつつ、お金が無いので夜のお仕事もしたり…って感じでした。

マルチはやって無いけど、マルチの集いには顔を出して、サロンのお客さんになってもらったりもしてました。


私はこの人たちとは

●【実録】ア◯ウェイパーティー断ったった

で書いたマルチパーティー以降は距離を置いていて、Facebookの投稿を見るだけでした。

が、前者の人がまさか結婚するとは!

てか2人とも40代で結婚出来るんだ!

私、なにぼんやり片思いしてたんだろー!

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます