PR


タグ:東京

東京のタグが付いた記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど
No Image

2018-08-16 オススメ
先日小学校1年生の友人の娘ちゃんに「夏休みはいつまでなの?」と聞いてみたら「8月27日から学校が始まる」と返ってきてビックリしました。私はただ、初めての小学校の夏休みだから、9月1日始まりだって分かってるのかな?と思って聞いてみただけなのです。友人に「どういうこと?」と聞いたら「土曜日が完全休みに変わった影響で、その分夏休みが短縮されてるんだよ」と言っていて「じゃあ冬休みが長くなったりはしないの?」と聞...

記事を読む

2018-08-15 映画
映画「カメラを止めるな!」話題ですよね。低予算で作られているのに大人気だ、というニュースを見て気になっていたのですが、友人から誘われて観てきました!この映画の内容を話すことは、イコール、ネタバレになるということになります。ので、まずはネタバレにならない範囲の感想を書くととにかく笑えて、構成がしっかりしていて、感動もして、本当にスゴイ!映画館の中が爆笑に包まれ、私も笑い過ぎて涙がボロボロ流れました。...

記事を読む

2018-08-12 オススメ
私は「お盆」をしたことがありません。家にお仏壇も神棚も無く、いわゆる転勤族の核家族育ちで、お墓参りもトータルで5回くらいしかしたことがなく、お盆に親族が集まったことも1回くらいしかありません。昨日美容師さんたちとなんとなく宗教っぽい話になった時に「ウチは『あらぼん』の時、竹の棚を作って胡瓜の馬と茄子の牛作ったりしてますよ」と20代前半の女の子が言いました。「え?『あらぼん』って『新盆』のことですか?『...

記事を読む

2018-08-05 B'z
先日稲葉さんのお兄さんのお友達から「この間新橋にあるアンテナショップに行ったら『くらや』のお菓子が置いてなかったんで、兄貴に連絡したんだよ」と聞きました。「え?『くらや』のお菓子ってアンテナショップで買えるんですか?」と聞いたら「新橋に『とっとり・おかやま新橋館』ってのがあって、そこに『くらや』のお菓子も置いてるんだよ。でも稲葉の兄貴に聞いたら、今は夏で賞味期限の問題があって置いてないんだって。ま...

記事を読む

2018-08-01 女ですもの
昨夜の飲み会に、某国の大使館の特命全権大使(特命ってすごいインパクトある肩書ですよね)ご夫妻が来ていました。私はほとんどお話はしませんでしたが、日本語が堪能な初老の某国男性と、上品なワンピースドレスを着てニコニコ微笑む日本人の奥様を、皆キリッとした態度でお出迎え。来られてすぐに、周囲の人に娘さんの写真を見せていて、私も見せてもらったらとっても可愛い赤ちゃん!「生後どのくらいなんですか?」と聞いたら...

記事を読む

夏休みは8/31までじゃない!いつの間に短縮されていてビックリ

先日小学校1年生の友人の娘ちゃんに

「夏休みはいつまでなの?」

と聞いてみたら

「8月27日から学校が始まる」

と返ってきてビックリしました。

私はただ、初めての小学校の夏休みだから、9月1日始まりだって分かってるのかな?と思って聞いてみただけなのです。

友人に「どういうこと?」と聞いたら

「土曜日が完全休みに変わった影響で、その分夏休みが短縮されてるんだよ」

と言っていて

「じゃあ冬休みが長くなったりはしないの?」と聞いても

「ならないの。私達の頃は8月31日まで夏休みって思ってたからビックリだよね」

と言われて、ホントにホントに、いつの間に日本は変わったの??と驚きました。

「8月31日に宿題をまとめてやる子供」

という比喩を、仕事を溜め込んでまとめて片付けようとする人に使ってきていましたが、それもう通用しないんですね…


私が子供の頃も、北海道とか寒い地域では夏休みが短く、その分冬休みが長いというのは聞いたことがありました。

でも東京の小学校で夏休みが短くなってるなんて、いつの間に??

翌日この話を友人2人にすると、一人は

「え!ももクロの歌で8月31日って出てくるのがあるよ。

じゃあヒャダインはそれを知らなくて歌詞書いたってこと??」

と驚いていましたが、もう一人は親が教員なので

「そうだよ。だいぶ前、多分5〜6年前からそうなってるよ」

というので、その間全く知らなかったことに驚きです。

ちなみに他のアラフォー同僚に話しても

「マジですか?知りませんでした!」

と驚いていました。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「カメラを止めるな!」ネタバレ感想~爆笑&謎解き&感動のゾンビ映画

  •  投稿日:2018-08-15
  •  カテゴリ:映画
映画「カメラを止めるな!」話題ですよね。

低予算で作られているのに大人気だ、というニュースを見て気になっていたのですが、友人から誘われて観てきました!



この映画の内容を話すことは、イコール、ネタバレになるということになります。

ので、まずはネタバレにならない範囲の感想を書くと

とにかく笑えて、構成がしっかりしていて、感動もして、本当にスゴイ!

映画館の中が爆笑に包まれ、私も笑い過ぎて涙がボロボロ流れました。

いや、もうホント、こんな映画久々に観ました。

以下ネタバレ感想です。


この映画は前半パートがゾンビ映画、後半パートがそのゾンビ映画撮影の舞台裏、となっています。

しかも、前半のゾンビ映画はゾンビ番組の撮影中が舞台になっている、という3段階の構成。

三谷幸喜の「ラヂオの時間」という映画がありますが、構成としてはアレに近いものとなります。


ラヂオの時間

生放送中にドタバタがあり、一見普通に放送しているようで、実はアドリブだらけだった、ってやつですね。

廃墟でゾンビになった彼氏に襲われる女性のシーンを撮影中に、女性の恐怖の芝居に監督がブチ切れるところから始まります。

怒鳴り散らして監督が去った後、男女の俳優2人はヘアメイクの女性から

「ここは表向きは浄水場だけど、戦時中は亡くなった人を生き返らせる人体実験を行なっていた場所だって言われてるの」

と聞かされた時に、外から大きな物音が。


その後ドアの外からゾンビに襲われたスタッフの腕が飛び込んできます。

怯える女優の元に、カメラを構えた監督がやってきて

「それだよ!その表情だよ!」

と迫ってきて、皆んなパニック!

趣味で護身術をやっているヘアメイク女性と俳優2人はゾンビから逃げようとしますが、ゾンビに噛まれた疑いのある女優をヘアメイクが襲おうとしたり、それを監督が

「カメラを止めるな!」

と怒鳴りながら撮影し続けたりしながら、一同は屋上へ。

男性俳優がヘアメイクを斧で倒しますが、彼もまたゾンビ化してしまい、女優は冒頭のシーンを再現するように怯えながらも、彼の首を斧で切り取ります。

「台本通りにやれよ!」

と怒鳴る監督にも女優は襲いかかり、最後の1人となった彼女は血まみれの姿で笑いながら空を見て立ちつくします。

その足元には大きな星のマークが描かれていました。

ここでエンドロールが流れて

「あれ?これで映画は終わり?」

と思っていると、画面に東京の風景と共に

「その一ヶ月前」

というテロップが流れます。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新盆」は「にいぼん」「しんぼん」「あらぼん」?それとも「初盆」?

お盆

私は「お盆」をしたことがありません。

家にお仏壇も神棚も無く、いわゆる転勤族の核家族育ちで、お墓参りもトータルで5回くらいしかしたことがなく、お盆に親族が集まったことも1回くらいしかありません。

昨日美容師さんたちとなんとなく宗教っぽい話になった時に

「ウチは『あらぼん』の時、竹の棚を作って胡瓜の馬と茄子の牛作ったりしてますよ」

と20代前半の女の子が言いました。

「え?『あらぼん』って『新盆』のことですか?『にいぼん』じゃなくて?」

と聞いたら

「字は同じですけど…ウチは家族皆んな『あらぼん』って読んでたんですけど、え?違います?」

と言われて、その場で皆んなで確認し合うと

「えーウチは『初盆』と書いて『はつぼん』でした」

と言い始める人も登場。


ググってみると、これ土地によって言い方、読み方が違うんですね!

「あらぼん」って言った美容師さんは、若くていつもあまりモノを知らない人なので、単に勘違いしてるのかと思ってました!

ちなみにその美容師さんは群馬県出身で、「あらぼん」は北関東の呼び方だそうです。

私も群馬で育ちましたが、両親が群馬の人ではないし、同級生とお盆の話をする機会はなかったので知りませんでした。

友人たちにもその後聞いてみると、岐阜と静岡の人は「初盆」で「はつぼん」と言っていたそうです。

また、東京出身の友人宅では迎え火に麻を焼き、静岡の友人宅では松を焼くのだとか。

私はそもそも迎え火は、「防虫の効果がある」というのを本か何かで読んだことがあったので、勝手に

「迎え火の時には防虫剤の元になる、何か白っぽいものを琺瑯のお皿の上で焼くんだろうな」

と想像していましたが、全く違うんですね。

PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稲葉浩志の兄の勤める「くらや」のお菓子は都内で買える!

  •  投稿日:2018-08-05
  •  カテゴリ:B'z
先日稲葉さんのお兄さんのお友達から

「この間新橋にあるアンテナショップに行ったら『くらや』のお菓子が置いてなかったんで、兄貴に連絡したんだよ」

と聞きました。

「え?『くらや』のお菓子ってアンテナショップで買えるんですか?」

と聞いたら

「新橋に『とっとり・おかやま新橋館』ってのがあって、そこに『くらや』のお菓子も置いてるんだよ。

でも稲葉の兄貴に聞いたら、今は夏で賞味期限の問題があって置いてないんだって。

また涼しくなった頃に置かれると思うよ」


と聞いて、今まで東京で『くらや』のお菓子が買えると思っていなかったのでビックリ!



新橋から銀座方向に向かったところにアンテナショップはあるそうです。


ちなみに稲葉さんのお兄さんは『くらや』の社長ではありますが、お兄さんが一から立ち上げたお店ではなく、元々は親戚伝いで就職したんだそうです。

そうしたら稲葉浩志さんのファンがお店に押しかけるようになって売り上げアップ!

業績に大きく貢献したとして社長になられ、今も現役で働かれてます。

私が『くらや』に行った時は、ググッたら

「お兄さんはもう引退されている」

というネット記事を読んだので、会えないのかー残念だなーと思っていたのですが、お友達曰く

「いや、まだいるから、お店に行って『兄貴いますか?』って聞けば出てくるよ。」

とのことなので、デマ記事を信じてしまって勿体無いことをしました…

まぁあの時は知人が稲葉さんのお兄さんの友達だと知らなかったので、そんな気軽に聞けませんけどねー。

今なら事前に知人の名前を出せば会ってもらえるかもしれません。

私が『くらや』に行ってお菓子を買ったことはお兄さんに伝わってるので、今度行ったら会ってみたいなぁ。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大使館の奥様は、赤ちゃんをベビーシッターに預けてお出掛けする

眠る赤ちゃん

昨夜の飲み会に、某国の大使館の特命全権大使(特命ってすごいインパクトある肩書ですよね)ご夫妻が来ていました。

私はほとんどお話はしませんでしたが、日本語が堪能な初老の某国男性と、上品なワンピースドレスを着てニコニコ微笑む日本人の奥様を、皆キリッとした態度でお出迎え。

来られてすぐに、周囲の人に娘さんの写真を見せていて、私も見せてもらったらとっても可愛い赤ちゃん!

「生後どのくらいなんですか?」

と聞いたら、まだ片手で数えられる月齢だそうです。

ん?なのに夫婦で夜にお出掛け?


「え、じゃあ娘さんは誰かに見てもらってるんですか?」

と聞いたら

「はい、ベビーシッターに。

でも今日は早目に帰ります」


とおっしゃってましたが、これは日本の一般家庭の奥様には夢のような暮らしかもしれませんね。

先日三浦しをんの「ののはな通信」を読み終わりました。


ののはな通信

この小説についてはまた改めて感想を書きますが、外交官の娘さんが両親と離れて暮らしていて、外交官の妻は夫について各国移住し、社交の場に顔を出さなくてはいけない、という話が書かれていました。

実際に、ニュースでも夫婦同席でパーティーに出ている方々をよく見かけますね。

昨日はそんな、現職の議員が来たりするような会ではなかったので、それでも赤ちゃんを置いてくるんだーとちょっとビックリ。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます