PR


タグ:恋話

恋話のタグが付いた記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2017-09-18
ブログ友達のずずずさんの恋のお話を読んでいて「電車で一目惚れした女性と仲良くなる方法って無いのかな?」とツラツラ考え、身近な美人さんたち、可愛い若い女性たちに聞いてみました。「電車でよく見かける男性から『ずっと気になってました』って声かけられたらどうする?」と聞くと、女性たちは即「怖い!」と言いました。相手の顔とか職業等は関係ないそうです。「むしろイケメンだったら、『騙そうとしてるんじゃない?』と...

記事を読む

No Image

2017-04-07
「お願いしたことをやってくれない」「ホワイトデーや誕生日にプレゼントのお返しをくれない」「お誘いをかけてくれない」「連絡をくれない」片思いでこんなことがあると「あー脈ナシなんだな」と思って、そういうパターンをググッてみると、ネットの恋愛相談で似たケースの人の話がたくさん出てきますね。こういう相談の回答欄にはある程度パターンがあります。●「私もそういう態度を取られとき脈ナシだった。」という同意パター...

記事を読む

2017-03-29
半年前に書いた記事●好きな人との距離が縮まらない理由は、「自分の考えを口にしない男」だからでは?にコメントを頂き、当時書いたイケメン君のことを改めて読み直したのですが…今と状況が全く変わってません。複数人で飲みに行ったとか、前より甘えたことを言ってくるとか、お兄さんぶった態度を取られたりすることもあるとか、バレンタインとホワイトデーにやり取りしたとか、そういう日々のちょっとしたやり取りはありますが、...

記事を読む

No Image

2017-03-17 バレンタイン&ホワイトデー
「ホワイトデーのお返しがもらえなかった…」そう落ち込んで、でも一言いってやらないと気がすまない!と「チョコレートあげたの、迷惑だったかな?」と言ってみたときに、大抵の場合は「何にしようか迷ってた」「渡すタイミングが無かった」など言い訳をされて、そのままスルーということが多い、と●ホワイトデーをスルー=あなたのことが嫌い、なら、相手の気持ちを尊重しようで書きましたが、それでも本当に遅れてお返しをもらえ...

記事を読む

No Image

2017-03-11
ゴマブッこさんの「あの女」ブログなら、馬鹿にされて叩かれまくりの発言ですが、昨年改めて気付いたのは、「私はチャラいイケメンが好きだ」ということです。まぁ中にはイケメンとまでは言わない普通の顔の人もいました。好きになった中には身長165cm前後の人もいたので、身長に強いこだわりはありませんが、180cmくらいの人を好きになったことは数回あります。イケメンにも色々いますが、まぁ稲葉浩志さんを好きだ、ということも...

記事を読む

一目惚れした女性と仲良くなる方法はあるのか?

  •  投稿日:2017-09-18
  •  カテゴリ:
片思いする男性のイラスト


ブログ友達のずずずさんの恋のお話を読んでいて

「電車で一目惚れした女性と仲良くなる方法って無いのかな?」

とツラツラ考え、身近な美人さんたち、可愛い若い女性たちに聞いてみました。

「電車でよく見かける男性から『ずっと気になってました』って声かけられたらどうする?」

と聞くと、女性たちは即

「怖い!」

と言いました。相手の顔とか職業等は関係ないそうです。

「むしろイケメンだったら、『騙そうとしてるんじゃない?』と思います。

仕事がちゃんとしている人でも、そういう人がおかしなことをしでかさないとは限らないですし。

『ずっと見てた』とかも『何勝手に見てんの?キモい!』とか『この人、顔だけで判断してるんだ』って思いますね。」


とハッキリ言われ、一目惚れした男性の気持ちを知っている私はショックを受けました。

ずずずさんとはお会いしているので、そんなおかしな男性ではないと私は知っているのですが…

●ブログのオフ会しました


「いきなり声をかけられるんじゃなく、知り合いの知り合いとか、よく行く店で偶然会った、とかなら良いですけど、電車の中は怖いです」

と言う女性たちの反応を見て、自分ならどう思うか考えてみました。

多分、前々から気になってた男性でなければ、逃げ出すと思います。

じゃあイケメンなら良いのか?というと、やはり頻繁に見かけていて、相手の職場とか分かってないと怖いかも?

ちなみにずずずさんには、水城せとなの世界で一番、俺が〇〇をオススメしていました。



amazonで買う



●水城せとな「世界で一番俺が○○」1&2巻ネタバレ感想

この表紙のたろちゃんは、いつも行くお弁当屋さんの店員のふみちゃんを好きになり、3巻では「付き合えるかも?」というところまで行きます。
(でもゲームでたろちゃんを勝たせるために、アッシュがふみちゃんを口説いて奪おうとしていますが…)

男性視点で見ると「がんばれ!」って応援したくなりますね。


学生時代にマンションの住人からの手紙がポストに入っていて、怖かったことがありました。

「インターネット始めたんですね。

僕は学校で理系のコースなので、何か分からないことがあったら相談に乗ります」

と連絡先が書かれていて、インターネットを始めたのはSo-netからの封書が届いたのを見られたからだと分かってゾッとしました。

しかもこちらは相手の顔も分からないままでしたし。

その後たまたま引っ越しすることになったので良かったけど、しばらくは住人に会わないようにしていました。

今なら大家さんに相談したかもなぁ。


街中のナンパならそこまで怖がらないのに、生活圏内での見知らぬ男性からのアプローチは怖いと思うのが、女性心理かもしれません。

街中のナンパも相手によりますが…

一対一ならやはり怖いです。

ただ、高校生同士とかなら、電車内で一目惚れして声をかける、というのはアリな気はします。

実際に男性で「高校時代に他校の女子から告白された」って人はいましたし。

でもこんな話も聞きました。


「高校1年の時に、電車内で声をかけてきた男性がいました。

黒ずくめで背の高い25歳くらい男性で、声をかけられた時はビックリして怖くて『あ、はい…』しか言えなくて立ち去ったんですけど、その後も電車内で視線を感じたら背後に立ってたりして…

その人、いつも通りの時間じゃなく、遅刻した時も、乗る時間変えても常に同じ電車にいたんで、家から監視されていたみたいなんです。

学校の先生に言っても

『あなたに隙があるんじゃない?

スカートを短くしてるからよ。自分で防衛しなさい』

って言われただけで、警察に行っても

『今の段階では何も出来ない』

って言われて、親に言ったら引っ越しすることになりました。

それは、親は私じゃなく妹を心配していたからなんですけど。

『お姉ちゃんはともかく、似ている妹に変なことしたら怖い』

って言ってました。引っ越してからはその男性は見かけませんでしたが、友達が通学の間ずっと側についていてくれました」

と話してくれた女性は、今28歳なので、12年前のことだそうです。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私のために何もしてくれない」そんな片思い相手は消去!

  •  投稿日:2017-04-07
  •  カテゴリ:
「お願いしたことをやってくれない」
「ホワイトデーや誕生日にプレゼントのお返しをくれない」
「お誘いをかけてくれない」
「連絡をくれない」

片思いでこんなことがあると

「あー脈ナシなんだな」

と思って、そういうパターンをググッてみると、ネットの恋愛相談で似たケースの人の話がたくさん出てきますね。


こういう相談の回答欄にはある程度パターンがあります。

●「私もそういう態度を取られとき脈ナシだった。」
という同意パターン

●「私もそういう態度を取られたけど脈アリで、今の彼氏や夫です」
という励ましパターン

●「脈ナシにサッサと気付け」
という貶しパターン

●「男は気が利かないもの」「男なら脈アリなら頑張る」
という性別くくりパターン

●「相手に見返りを求めるな」
という精神論押し付けパターン

●「私の好きな人もそんな感じだけど、一緒に頑張りましょう」
という共感パターン

●「待ってないで自分から行動すべき」
という行動後押しパターン

●「外見や内面をもっと磨きましょう」
という女磨き推奨パターン

●「まだ脈の有無判定も出来ない、何も始まってない状態だ」
というツッコミパターン

●「押すばかりじゃなく、引いてみて」
という客観視推奨パターン


相談者がアラサー以上になると、貶しパターンが倍増する、

アラフォー以上だと嘲笑うコメントが増える、という傾向もあります。

悩んだ相談者は色々なコメントを読んで、納得したり怒りを覚えたり、失望したり…

後日談がある時と無い時がありますが、後日談付きはあまり見かけませんね。


色々読んできて、自分なりにも考えて思うのは、

「自分とテンションが合わない人と、無理矢理向き合おうとするのは、キツイ」

ということです。

「何で私ばっかり悩んだり、行動してるんだろう」

と考えてしまう状態のときに引いてみて、
相手が追ってくることもあれば、そのまま放置されることもあります。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進展しない片思いは時間の無駄?

  •  投稿日:2017-03-29
  •  カテゴリ:
半年前に書いた記事

●好きな人との距離が縮まらない理由は、「自分の考えを口にしない男」だからでは?

にコメントを頂き、当時書いたイケメン君のことを改めて読み直したのですが…

今と状況が全く変わってません。

複数人で飲みに行ったとか、
前より甘えたことを言ってくるとか、
お兄さんぶった態度を取られたりすることもあるとか、
バレンタインとホワイトデーにやり取りしたとか、

そういう日々のちょっとしたやり取りはありますが、それが何かを積み重ねて距離が縮んでいるか?というと、べつにそんなことは無い…


そもそも同僚との仲って、同性でも異性でも、恋愛対象外の人との距離間は、どんなに時間をかけてもそんなには変わらないことがほとんどですよね。

せいぜいたまに飲みに行くくらい。

20代前半だとプライベートで遊びに行くような仲になることもありますが、30歳を過ぎると節度のある距離間をキープし続ける人が多いです。

「ぐっどうぃる博士」の理論で、

●片思い相手に徹底的に優しくして、彼の味方となって半年尽くした後で、パッと姿を消す

というのがあります。


男が「本当に考えていること」を知る方法 [ ぐっどうぃる博士 ]

この半年間で、相手にとって価値のある人になれていたら、追いかけてきてもらえるかもしれない、というもの。

でもこれ、相手の性格や状況にもよるので、かなーり難しいですね…。


そもそも仕事関係者だと、ある期間は親しくても、そのプロジェクトが終わったら疎遠になるとか、どちらかが退職して疎遠になるとか、日常茶飯事です。

どんなに仕事中に尽くしたり優しくしたりしても、それはあくまでも仕事。

プライベートに踏み込んで半年間尽くす、というのは、20代ならともかく、アラフォーになると早々出来ません。

その状態で付き合えてないなら、異性ではなく社会人としての仲になってる気がしますが…。


だいたい、片思い状態で相手に尽くせる関係に持っていくのって、相手がそれなりにこちらを受け入れてくれていないと出来ません。

たまに飲みに行くとか、休日も会うとか、頻繁にメールやLINEをする、というのは、一方的に片思いしている側からだけの発信で続けるのは難しいです。

あちらからも連絡が来る、お誘いがある、という関係になるのには、「徹底的に尽くす半年」の前に必要な時間があり、それは時間をかければなれるものではない。

私はせいぜいたまに複数人で飲むのと、こちらからメールやLINEをすることまでしか出来ませんでした。


この一緒にたまに飲みに行くことさえ

●まだ親しくない同僚を飲みや食事に誘うのは、怖がられるからダメ?

で書いたように、勇気を出して声をかければ良いというものではありません。

勇気を出さなきゃ始まらないけど、その前準備は必要です。

それにどれだけ時間がかかるかは、相手の性格や状況によって違います。

人見知りするタイプの人だとか、職場の人には壁を作ると決めている人もいますし…
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遅れてもらったホワイトデーのお返し、嬉しい?嬉しくない?

「ホワイトデーのお返しがもらえなかった…」

そう落ち込んで、でも一言いってやらないと気がすまない!と

「チョコレートあげたの、迷惑だったかな?」と言ってみたときに、大抵の場合は

「何にしようか迷ってた」
「渡すタイミングが無かった」

など言い訳をされて、そのままスルーということが多い、と

●ホワイトデーをスルー=あなたのことが嫌い、なら、相手の気持ちを尊重しよう

で書きましたが、それでも本当に遅れてお返しをもらえるケースもあります。


本当に何にしようか迷っていたのか?渡すタイミングが無かったのか?

女性側はアレコレと何が真実か分からずにグルグルしてしまいますが…

結局のところ「当日に渡したい」とは思ってもらえなかったのは真実。

そして、お返しが食べ物だけだった場合は、あくまでも義理返しという解釈が濃厚です。

その場合は、それ以上彼の言い訳が本当か嘘か、なんて探らない方が良いですね。

だって、相手は友達感覚なんだから。


これが女同士の誕生日プレゼントの受け渡しだったとして。

以前誕生日プレゼントをくれた友達に、お返しのプレゼントをしなきゃなーと思っている内に当日が過ぎてしまい

「私の誕生日は祝ってくれないんだね…」

と言われたら、「わーやばい!…でもめんどくせー!」って思いますよね?

で、慌ててプレゼントを渡したときに

「前から用意はしてたんだけど、渡すタイミングを考えてて…」とか言っても

「嘘!慌てて用意したんでしょ?」なんて言われたら、キツイ。

そもそもこちらとしては、とりあえずお返しは渡せたからOK。

それで相手が喜んでくれなくても、もうそれはそれで。

こんな面倒な友達の機嫌を慌ててとる必要はないかな?

なんて思ってしまったりもします。


友達側がプレゼントを受け取れたことで

「なんだか催促したみたいで、ごめんね?

忘れられてるんだ…って思ってショックで…」と言ったとして、それに対しては

「いやいやー遅れたこっちが悪いんだよ!ごめんね!おめでとう!」

と言ったら、あとはこのことは流してもらいたい気持ちになると思います。

そこでいつまでも

「でも…私、恥ずかしい…ホントにごめんね…申し訳なくて、これもらっていいのかな…」

なんてグズグズ言われたら

「うぜー!!!!!!構ってちゃん、うぜー!!!!」

となります。仕方ないです。だって、ただの友達だもん。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー独身イケメン好き女の性格の問題点は「自分に自信が無い」から?

  •  投稿日:2017-03-11
  •  カテゴリ:
ゴマブッこさんの「あの女」ブログなら、馬鹿にされて叩かれまくりの発言ですが、昨年改めて気付いたのは、「私はチャラいイケメンが好きだ」ということです。

まぁ中にはイケメンとまでは言わない普通の顔の人もいました。

好きになった中には身長165cm前後の人もいたので、身長に強いこだわりはありませんが、180cmくらいの人を好きになったことは数回あります。


イケメンにも色々いますが、まぁ稲葉浩志さんを好きだ、ということもあり、クッキリ二重ではなくシャープな顔立ちで笑顔が可愛い人が好きですね。


Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜 【Blu-ray】 [ 稲葉浩志 ]

そして彼らの性格は大抵似た感じです。

よくブログに書く若いイケメン君は、最初は品行方正で愛想がいいけど口数の少ない人だ、と思っていましたが、慣れたらチャラい人だと分かりました。

先日話してるときにツッコミを入れたら、ウィンクしながらグッと親指を立ててきたのでビックリしました。

今までそんなこと他の人にしてるところ見たことないっていうか、私より長い付き合いの人でも、そんなことするとこ想像つかないって言うくらい、普段は品行方正で控え目なフリしてるくせに…。


昔好きだった

●お店の店員さんに一目惚れ~2人で会えるようになるまで、の体験談

で書いた人も、バイト先では好青年だったけど、プライベートはチャラかったなぁ。

「そういう人が本命に選ぶのは美人で可愛い若い子だから!」
と思う方が多そうですが、割と過去の人たちが本命に選んだのは、

「顔は普通だけど、メス臭の強いタイプ」でしたねー。

彼との写真をプロフィール画像にするとか、自分とのデート中の写真を彼氏のプロフィール画像にさせるとか。

彼氏のSNSに書き込みして存在アピールしたり、職場の集まりに彼氏を連れて来たり…


ま、そういう女性になればチャラいイケメンと付き合えるワケではないし、たまたまってのもあったとは思います。

あと、美人で性格が良い人の中には、あまりチャラいイケメンが好きじゃない人も多いかな?という気もしますね。

「イケメンは緊張しちゃうからダメです」
って言う若くて可愛い女の子には時々会います。


私も別に顔だけで好きになっているワケではありません。

若い頃は顔だけで好きになってましたが、今は「話してきたら楽しいな~」と思うのがチャラいイケメンだったりします。

が、この「話していて楽しい」と思わせることが出来る時点で、男性は外見に自信があるということなので、結局自分に釣り合わないモテる男性ばかり好きになっていたらアラフォーになってしまいました…。

●独身女性がキュンとする、モテ男が送るメール術7選!

で書いたような可愛いメールやLINEをくれるので、どんどん好きになっちゃうんですよねぇ。


不思議なもので、イケメンでも顔立ちが濃いタイプの男性は、
「お前は俺に釣り合わない」
というような高飛車な態度を最初から取ってくるので、
「いや、こっちもアンタに興味ないわ」
と思うため、好きになるどころか仲良くなることもありません。

私が好きになるタイプは、来るもの拒まず去るものは追わず、て感じで、愛想がいい人ばかり。

だから、こちらからグイグイいけば一時的に遊び相手にくらいなれてしまうので、余計こじらせてしまってました。


私が本気で「結婚したい!」と思っていたら、アラサー前半くらいの段階でこのことについてちゃんと考えて、キチンと付き合えるタイプはどういう人か探しながら考えていったでしょう。

でも、私にアプローチしてくれる人は連絡が頻繁過ぎて重いというか、こちらのペースを考えてくれないタイプというか、ちょっと怖い人たちでした…

まぁそんなに多い人数じゃないのですが、メールの返信が遅くなったら嫌味を言われたり、いきなりかかってきた電話でこちらの都合も聞かずに話し始められたりして、

うーん、無理…

と思ったりしてたんですね。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます