PR


タグ:失恋

失恋のタグが付いた記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど
No Image

2018-05-01
他人の幸福を「不運」と思うのは、どうかと思いますが…別館に書きましたが、以前片思いのような憧れのような気持ちを抱いていた男性と、元彼が、先月結婚したことを知りました。●鈴木さんが結婚した●元彼が結婚したのを知りました元彼の方は友達繋がりのFacebookで知ってしまい、友達たちに話したら「そういうのは見なくて良い!見ても良いことない!」と2人共に言われました。分かってるんですが、どうしているのか知りたくて見ち...

記事を読む

No Image

2018-03-25 女ですもの
久々にサンジャポを見ていたら、西川史子先生があまりに激ヤセしていてビックリしました。こんなこと言ってはいけないのですが、「もしかして癌かな?」と思うような、ゲッソリと痩せて顔色は悪く、皺の深い顔立ち。こういう風に激ヤセしていたら、その後癌告知する芸能人の方も多いので、もしかして…と思っていたら「ずっと大好きだった人に一週間で『もう会いたくない』ってタクシーで言われて振られちゃったの」と涙ぐみながら...

記事を読む

No Image

2018-03-19
先日●7年前の元彼と復縁したアラフォー美容師さんで書いた美容師さんは、この春に結婚することが決まったそうです!これまでの美容師さんのお話はこちら↓●都内オシャレ美容師30代女性は、恋愛に奥手⁉︎●のらりくらりと会う約束をはぐらかす男の見極め方●続・都内のオシャレ美容師さんの、ピュアな片思い●可愛い美容師さんのピュアな片思い、終了脈なし男性に一年グズグズ片思いしていた時間はなんだったの?というくらい、スピーデ...

記事を読む

2018-01-02
何度か書いてきたストーカー女性の中村弘美さんは、2回目の逮捕で勾留中に誕生日を迎え、43歳になっていました。偽名Facebookで12月が誕生日と書かれていたので、やっぱりアレは本人のFacebookだったんだなぁ、と分かりました。関連記事↓●怖い!42歳ストーカー女性の偽名Facebook「藪崎美智子」を見てしまった●【被害男性は葬儀場社員】42歳の無職「中村弘美」が20代男性にストーカー、に大迷惑その後色々彼女について調べていたの...

記事を読む

2017-12-12 女ですもの
42歳ストーカー女性の話から思い出し、清水玲子の「秘密 トップシークレット」6巻を読み直しました。●42歳の無職デブス「中村弘美」が20代男性にストーカー、に大迷惑●42歳ストーカー女性「中村弘美」は結婚歴あり法学部卒らしい●Twitterで42歳ストーカー女性の名前が検索出来なくなってる!秘密 6―トップ・シークレット (ジェッツコミックス) コミックス – 2009/2/27事件は、コンビニアルバイトの40歳独身女性 小島郁子(こじまい...

記事を読む

縁結び神社仏閣に行くのは無意味

  •  投稿日:2018-05-01
  •  カテゴリ:
他人の幸福を「不運」と思うのは、どうかと思いますが…

別館に書きましたが、以前片思いのような憧れのような気持ちを抱いていた男性と、元彼が、先月結婚したことを知りました。

●鈴木さんが結婚した

●元彼が結婚したのを知りました

元彼の方は友達繋がりのFacebookで知ってしまい、友達たちに話したら

「そういうのは見なくて良い!

見ても良いことない!」

と2人共に言われました。

分かってるんですが、どうしているのか知りたくて見ちゃってました…


最近他にも精神的に参ることがあり、そういう時に過去に好きだった男性の結婚を知るのはキツイですね。

こういう思いをした人は多いんでしょうし、もっと若いうちに経験しそうですが、私も「今かよ⁉︎」とは思っています。

さすがに

●怖い!42歳ストーカー女性の偽名Facebook「藪崎美智子」を見てしまった

で書いたストーカー女性のように

「私の運命の人なはずなのに、変な女に騙されてるんだ!」

とは思いませんが、

「あちこちの神社仏閣で復縁をお願いしたり、

好きな人と進展出来るようにお願いしたり、

他のご縁が新たに出来ますように」

とお願いし続けたのは、意味無かったんだなー」


と思ってしまいます。


もちろん、「この神社に行ったら何年振りかに彼氏が出来た」とかいう話は聞きますし、そういう方もいるのだと思いますが、

「そんな神社仏閣に行かなくても、幸せになれる人はなれるし、なれない人はなれない」

ということはハッキリと分かりました。

まぁ恋愛に関しては、神頼みじゃなく本人の現実的な努力次第なので当然ですね。

ただ、偶然の再会とか、偶然の出会いとか、そういうご縁を感じるタイミングというのはあるものなので、私に関しては言えば

良縁=良い友達との出会い

という形で叶ったのかな、と思われます。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西川史子先生、失恋で激ヤセ?

久々にサンジャポを見ていたら、西川史子先生があまりに激ヤセしていてビックリしました。

こんなこと言ってはいけないのですが、

「もしかして癌かな?」

と思うような、ゲッソリと痩せて顔色は悪く、皺の深い顔立ち。

こういう風に激ヤセしていたら、その後癌告知する芸能人の方も多いので、もしかして…と思っていたら

「ずっと大好きだった人に一週間で

『もう会いたくない』

ってタクシーで言われて振られちゃったの」


と涙ぐみながら話していて、じゃあ失恋痩せなのかな?とも思いました。




私が片思いのこととか色々書くと

「いい歳してそんなこと悩むなんて、くだらない。

精神年齢が低すぎる」

みたいな書き込みが時々きますが、何歳だって人それぞれ価値観は違っていて、子育てに夢中な人もいれば、失恋して苦しむ人もいます。

ググると西川史子先生は昨年から激ヤセを心配する声が上がっているようなので、ずっと激ヤセ状態が続いているんですね。

そのずっと好きだった人のことで悩み続けていたのか、体調が悪いせいなのか分かりませんが、医師がこれでは患者さんも不安になるかも…
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元彼と復縁して即結婚が決まった女性の話

  •  投稿日:2018-03-19
  •  カテゴリ:
先日

●7年前の元彼と復縁したアラフォー美容師さん

で書いた美容師さんは、この春に結婚することが決まったそうです!

これまでの美容師さんのお話はこちら

●都内オシャレ美容師30代女性は、恋愛に奥手⁉︎
●のらりくらりと会う約束をはぐらかす男の見極め方
●続・都内のオシャレ美容師さんの、ピュアな片思い
●可愛い美容師さんのピュアな片思い、終了

脈なし男性に一年グズグズ片思いしていた時間はなんだったの?というくらい、スピーディー!

やはり復縁なので、いざ付き合いだしたら親なども

「さっさと結婚しなさい!」

と焚き付けてきて、あっという間に結婚の日取りが決まったそうです。


彼女が元彼と復縁出来たのは、偶然再会できたから。

そして、当時の不満が無くなっていたから。

よくある復縁マニュアルに書かれている通りの展開ですね。

別れる時も自然消滅のような感じだったそうですし、泣いてわめいて大揉めして別れたわけじゃないってのが、やはり良かったのでしょう。

付き合っていた期間も長かったそうですし。

しかし、そういう理屈は分かっていても、「元彼と復縁したい!」と願っているような状況だと、こういう展開は厳しいですし、これこそご縁ってやつだと思います。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妄想女性ストーカーは、起訴され裁判しても変わらない、みたい

  •  投稿日:2018-01-02
  •  カテゴリ:
何度か書いてきたストーカー女性の中村弘美さんは、2回目の逮捕で勾留中に誕生日を迎え、43歳になっていました。

偽名Facebookで12月が誕生日と書かれていたので、やっぱりアレは本人のFacebookだったんだなぁ、と分かりました。

関連記事

●怖い!42歳ストーカー女性の偽名Facebook「藪崎美智子」を見てしまった

●【被害男性は葬儀場社員】42歳の無職「中村弘美」が20代男性にストーカー、に大迷惑

その後色々彼女について調べていたのですが、12月26日に千葉地検に起訴された、というニュースが出ていました。

●ストーカー女起訴 千葉地検 千葉日報


弘美ちゃんについては、「何故、他のストーカーは名前や顔写真が出ないことが多いのに、ただ長期間職場周辺に顔を見に行ったり、3日間でメールを83回一方的に送りつけただけで、こんなにプライバシーを晒されてしまっているのか?」という疑問がTwitterなどで少し囁かれています。

はじめしゃちょーの自宅に侵入した29歳のストーカー女性は、千葉県の人としか情報公開されていないんですよね。

自宅侵入の方がうろつきとメールより悪質だと思うのですが…

とネットで書かれていたので調べたら、こちらの女性も公開されていました。

この女性は過去にも別のYouTuberと付き合っていると思い込んでストーカー行為をし、禁止命令を出されたにも関わらずまた自宅に来たので逮捕され、公開裁判が行われたということがネタ動画にされていました。


まぁほとんど笑いながら「裁判行ってきたよー」って話しているだけで、どんな内容だったかまで話されていないのでネタとしてどうなの?とは思いますが。

敢えて言うなら「女性は本当に付き合っていると思っていたので、警察から止められても関係ないと思っていた」「親も2度目に会いに行こうとしているのを知っても止めなかった」と話していたので、そのあたりも弘美ちゃんに近いかもしれません。



こんな笑いながら好きな人からネタにされるって、辛い…

はじめしゃちょーからも動画のネタにされてますしね…


しかもこの女性、自分のTwitterやYouTubeでも妄想を普通にネタとして投稿してます…

2017年のバレンタインにYouTuberのてつやさんの自宅に押しかけ



裁判後にはじめしゃちょーに乗り換え



クリスマスにはじめしゃちょーにストーカー行為をしたって…



え?この人ホントに付き合ってると思ってたの?

ネタで捕まってない?

Twitterの中でも「付き合ってくれたら」みたいに言ってるから、まだ付き合ってないと分かってたみたいなのに、なんで裁判までそのままいっちゃったの?
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「未来なんていらない」と思うのは40歳以上独身?清水玲子「秘密 」6巻ネタバレ感想

42歳ストーカー女性の話から思い出し、清水玲子の「秘密 トップシークレット」6巻を読み直しました。

●42歳の無職デブス「中村弘美」が20代男性にストーカー、に大迷惑
●42歳ストーカー女性「中村弘美」は結婚歴あり法学部卒らしい
●Twitterで42歳ストーカー女性の名前が検索出来なくなってる!


秘密 6―トップ・シークレット (ジェッツコミックス) コミックス – 2009/2/27


事件は、コンビニアルバイトの40歳独身女性 小島郁子(こじまいくこ)が、バイト仲間だった大学生男女のカップル山崎正(20)佐藤佳代子(18)と他店員1名、路上で巻き込まれた男性1名を殺傷後、自身も自宅の浴室で首を吊って自死したことから始まります。

郁子は太ってシミシワの目立つ独身のおばさん。

でもウェーブのかかったロングヘアにリボンを結んだり、レースやリボンをふんだんに使ったヒラヒラの服を着ていて、虚言癖があるので周囲から奇異の目で見られていました。

彼女は以前はアパレル会社に勤務し、結納をかわした婚約者がいましたが、7年前に母を亡くし、父の痴呆症が悪化した為に実家に戻ることに。

結婚は破談となり、父の介護をしながらコンビニアルバイトをしていました。


アルバイト仲間の山崎は大学で福祉の勉強をしていた為、彼女が父の介護をするのを手伝ってあげていました。

その為、彼女の佐藤佳代子から郁子は攻撃的な態度を取られてしまっていたので

「優しくしてくれた山崎に恋愛愛情が芽生え、痴情のもつれで事件を起こしたのだろう」

と予測されたのですが、関係者全員が亡くなっている為に第9が脳鑑定をすることになります。


父の介護生活は辛いもので、郁子は数年前には何度もリストカットをしていました。

帰宅したら父が排泄物を壁や床に擦り付けていたのを見て、また彼女はリストカットをします。

が、命を絶てず、顔を上げて鏡を見ると、そこには美しい美女が映っていました。

「これが、私?」


以降、1人で鏡を見ている時には、自分の姿が絶世の美女に見えるようになります。

徐々にその幻視の時間は増え、外にいる時でもずっと、彼女は自分を美女で、結婚していて可愛い子供が2人いる、と思い込むようになりました。

「今は父親の介護をしないといけないけど、これが終わったらまた子供たちと幸せに暮らせる」

そんな妄想をしながら、映画のハガキに写る子役を自分の子供と思って過ごしていました。

妄想の世界を口にするので、周囲は彼女を虚言癖だと思っていました。

でも彼女の眼に映る世界は、優しく美しく、他人の言葉も全て賞賛に聴こえていたのです。

ヒラヒラの服を着ているので

「アンタ、ちょっとそれ…」と咎められても

「素敵ね!よく似合ってる!」と言われているように受け止めていた犯人女性。


しかし、山崎はその妄想に気付き、余計な親切心で精神安定剤を彼女に渡します。

「現実から目を背けたらダメだ!

あなたがしっかりして、お父さんを支えないと!」

その言葉も優しさと受け止めて服薬すると、鏡の中にはボロボロに疲れ果てた醜いおばさんの自分がいて、部屋の中は散らかって汚い。

「あのままで幸せだったのに、なんで現実を見せたの?
未来なんて、いらないのに」


薬の副作用で凶暴になった可能性もあるのですが、それが彼女が犯行に及んだ理由でした。

事件解決後、施設に入っている父親は娘のことを考えます。

「誰よりも優しく、美しい、私の娘」と。


生きていれば良いこともある、と信じられるのは若い内だけ。

40歳という年齢だけでなく、容姿も老け込んで疲れ果てた郁子が未来に希望を持てなくなった気持ちはわかります。

郁子、真面目ですよね。

一人っ子だからって、仕事を辞めて結婚を破談にして実家に戻るには、33歳は若い気がします。

今は高齢出産する人が多いし、一人っ子も増えているので、30年後にこんな状況に追い込まれる人は増えるかもしれない、と思うと怖いです。

作者の清水玲子さん自身が40歳くらいで1人娘を出産されているので、こういうお話を考えたのかも。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます