PR


タグ:人間関係

人間関係のタグが付いた記事一覧。
No Image

2017-03-06 女ですもの
先日の記事●彼女持ちの好きな人からホワイトデーのお返しは欲しい?にコメントを頂きまして、返信もしましたし、その返信をしたときの気持ちも●正論や常識って人を追い詰めますよねぇに書いたのですが、いやーなんと言いますか…たまにコメント欄にコメントを頂くことがあり、とてもありがたいな、と思っているのですが、ぶっちゃけて言うと、私はこのブログは、Yahoo!知恵袋や発言小町をお手本にしております。それは、自分自身が...

記事を読む

No Image

2017-03-02 バレンタイン&ホワイトデー
「ホワイトデー お返しいらないと言われたら」とググッたら、ある男性のブログが出てきました。既婚者のブログ主さんは、職場で「義理なのでお返し不要です」 と言われてチョコを受け取ったそうです。そこで、「義理チョコ=3倍返し期待」って意味だと思ってたのに、ただ日頃の感謝の気持ちの義理チョコがあるんだ!と目から鱗が落ちた気持ちになり、本当にお返ししなかったけど大丈夫だったと書いていました。いやー男って単純で...

記事を読む

No Image

2017-02-19 女ですもの
お洋服を見にいくと「いらっしゃいませー!何かお探しですか?」とすっ飛んでくる店員さんに困ったこと、ありませんか?何か手に取れば「そちらすごく形も良くて人気なんですよ~」から始まり「そちらにコレを合わせると素敵なんです!」と、セーターが欲しくて見てるのに、探してもいないジャケットやスカートまで出してくる…。立ち止まってちょっと眺めてたらサッと横に来てペラペラ話し始められ、値札が見たいのに見られないこ...

記事を読む

No Image

2017-02-11 女ですもの
先日書いた、転職に悩んでる友人に「転職は大賛成だよ!」と言ったら、「そう言ってくれてホッとした」と言われてビックリしました。↓前回記事●私、ホントに今の仕事が適職?と迷ってませんか?話を聞いていてネタとして面白い部分はたくさんあったけど、職場としては無しだろーと思っていたのと、心身の調子を客観視したら、そりゃ転職だろっと思ってたんですが、本人は転職に気が引けていたようです。私の周囲のアラフォーはブラ...

記事を読む

No Image

2017-02-11 女ですもの
仕事の場で、例え年上の人でも、親しくないのにタメ口で話しかけてくる人が苦手です。こちらは敬語なのに、なんでタメ口?親しくなってからなら、全然気になりません。私は10歳以上年上の人でも、親しくなったらタメ口で話します。年下でも親しくなったらタメ口で話されても別に気になりません。でも、親しくない内は絶対に嫌。なのに、全く気にせずタメ口で話してくる年上女性はたまにいます。そして小さな子供のいる人だと、まる...

記事を読む

2017-01-30 女ですもの
いやはや、これだけ書き続けられるとは、私どんだけ人と縁を切ってるの?と思いますねー。友人からは「私、人と縁を切ったことなんて一度もないよ」と言われたことがあります。ただ疎遠になっていくだけ、という人も多いんでしょうね。今回は16.会っても愚痴ばかり聞かされて気分が悪くなるので縁を切ったの事例です。全パターンは●アラフォー女性が友人と縁を切る理由1~決定的な喧嘩をして縁を切った事例~に書いています。この...

記事を読む

2016-12-22 カラダのお悩み
NHKで放送されていた番組「ココがズレてる健常者~障害者100人がモノ申す~」を観ました。こういう、健常者と障害者が笑いを交えて本音トークする番組って、ずっと観たいな~と思っていたので、すごく面白かったです!番組内でも言ってたけど、「障害者なのに頑張ってるね」って価値観、私は好きじゃありません。小学生のとき、「障害者が描いた絵のポストカードを買いましょう」というチャリティーが毎年ありました。その時「...

記事を読む

No Image

2016-11-24 女ですもの
今週の「逃げるは恥だが役に立つ」で、主人公みくりが友達に「そうやってすぐに、あーすれば?こーすれば?って言うよね。自分でやる分には勝手にどうぞ、だけど、言われる方は正直言ってウザい」と言われるシーンがありましたね。【期間限定】2017/1/1 0:00まで無料!逃げるは恥だが役に立つ(1)あれ、軽い感じのシーンでしたが、実は結構女同士で思ってるけど、言わずにいる本心で、核心ついてる言葉だな!と思いました。あのド...

記事を読む

No Image

2016-10-26 ココロのお悩み
数年前から不妊治療をしている友人と、母親に関する話をしました。「何で母親って、1番味方でいて欲しいのに、1番酷いことを言ったりするんだろうね?」という話題だったのですが、「私、一年前くらいに母親に『子供が出来なかったら、どうするつもり⁉︎』ってヒステリックに言われたことあるんだ」「マジで⁉︎酷すぎる…なんて返したの?」「『出来なかったら、子供がいない人生を考えるだけだよ。ハイハイ帰って!』って追い返した...

記事を読む

No Image

2016-08-22 ココロのお悩み
東京に出てきたばかりの頃、知り合う人たちの壁を作った対応に困惑しました。ここからここまでは仲良し、ここからここまでは表面的な関係、という区切りが明確で、表面的な付き合いの人がほとんどを占めるって感じ。仲良くしようと接すると「え?なにこの人、図々しい!」というような、退いた態度を取られ、もう仲良くはなれない。そんな東京の感覚に慣れた後、田舎の友人に久々に会うと、「親切過ぎて、面倒くさいな」と思うよう...

記事を読む

アラフォーは、正論や常識以外のダメなこと言ったらダメですか?

先日の記事

●彼女持ちの好きな人からホワイトデーのお返しは欲しい?

にコメントを頂きまして、返信もしましたし、その返信をしたときの気持ちも

●正論や常識って人を追い詰めますよねぇ

に書いたのですが、いやーなんと言いますか…

たまにコメント欄にコメントを頂くことがあり、とてもありがたいな、と思っているのですが、

ぶっちゃけて言うと、私はこのブログは、Yahoo!知恵袋や発言小町をお手本にしております。

それは、自分自身が悩んでググッたときに、そういうサイトが上位表示されているからです。

で、そういうお悩みサイトの解答欄って、正論や常識をドヤ顔で書く人が多くて、ウンザリしてるんです。


日常生活でも、当たり前のことをドヤ顔で言う人って多いんですが、

私が好きなのは、弱い人の感情を一旦受け入れてから、その人に合うアドバイスをする人です。

マンガでもそういうのが好きです。

エッセイでも、菅野彰さんや三浦しをんさんや雨宮まみさんや向田邦子さんが好きです。


女に生まれてみたものの。 (ウィングス文庫)


妄想炸裂 (ウィングス文庫)


まじめに生きるって損ですか?


思い出トランプ (新潮文庫)

関連記事

●【爆笑】エッセイ~菅野彰さん~
●三浦しをん「あの家に暮らす四人の女」感想
●死にたいくらい落ち込んでるアラフォー女性に読んで欲しい!雨宮まみさんの最新エッセイ
●雨宮まみさんは自殺なんてしていない、という真実は残したい
●元祖 こじらせ女子、向田邦子さん大好き!


彼女たちは、自分の中の常識外の感情を面白おかしく書くことで、

「私だけが、こんなことで悩んでるんじゃないんだ!」

と思わせてくれるし、

「あー同じように考えながらも、実際他人と接する時はちゃんとしてるんだなぁ」

と参考になることをたくさん書いてくれています。


私がブログをやっている理由の一つに、よく人から
「本を出せば?」
と言われる、というのがあります。

もちろん文章力があるからではなく、ツラツラと感情について語ったり、身の回りに起きたことを面白おかしく語ろうとしたりするからなんですが、

作家にはなれないけど、ブログなら誰でも出来るなぁ、と思って、日々思ったダメなこととかを書いてみています。


ま、私自身たいして常識も身に付いてませんし、ダメダメなんですが、

でもダメな人っていっぱいいっぱいいますよね。

で、ダメな自分を他人に受け入れて欲しい!
って言うのではなく
ダメな人がここにもいますよー
って見知らぬ人に言えるのが、ネットなんじゃないかな?

と思っています。

常識とか正論は、他の人がたくさん書いてるから、それは私が書かなくてもいいんじゃないかな?


でもねーそれをやってみたら、
「なんで正論や常識を書かないんだ?
分かってないんだろ?」
ってコメントを頂くことも、チラホラあるんですね。

で、あまりに罵詈雑言ってコメントのときは、読んだ人が気分が悪くなる、というか、

私と同じように悩んでいる人が目にしたら、否定された気持ちになってしまうだろうなぁ

と思って、そっと削除しています。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ホワイトデーのお返しはいらない」と言われて、鵜呑みにするお馬鹿な男

「ホワイトデー お返しいらないと言われたら」とググッたら、ある男性のブログが出てきました。

既婚者のブログ主さんは、職場で

「義理なのでお返し不要です」

と言われてチョコを受け取ったそうです。

そこで、「義理チョコ=3倍返し期待」って意味だと思ってたのに、ただ日頃の感謝の気持ちの義理チョコがあるんだ!

と目から鱗が落ちた気持ちになり、本当にお返ししなかったけど大丈夫だった

と書いていました。


いやー男って単純で馬鹿だな~!

3倍返しを期待してるんじゃないけど、

何も返さない=日頃感謝されて当然と思ってる

ってことですかね?

「お返し不要と言われてるのに、お返ししたら失礼にあたる」

とか書いてて、ホント、馬鹿っていうか、気が利かない人だなーと思いました。


気が利く男性なら、同額程度のお菓子か、ちょっとした差し入れをするだけで、お互い気持ちよく今後コミュニケーション取れますよ。

何も返さない人なんて、イコール仕事でも気が利かない人だと思われますね。

営業マンならナシ!

お返しを期待しているんじゃなくて、気遣いの問題なんだって言っても分からないかな?

物が欲しいんじゃないんですよー。

金額とかセンスとかも関係無いです。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋服屋さんで、声をかけてくる店員さんをかわす方法ベスト3

お洋服を見にいくと

「いらっしゃいませー!何かお探しですか?」

とすっ飛んでくる店員さんに困ったこと、ありませんか?

何か手に取れば

「そちらすごく形も良くて人気なんですよ~」から始まり

「そちらにコレを合わせると素敵なんです!」

と、セーターが欲しくて見てるのに、探してもいないジャケットやスカートまで出してくる…。

立ち止まってちょっと眺めてたらサッと横に来てペラペラ話し始められ、値札が見たいのに見られないことも。

だって、お値段次第で買うか買わないか決めたいときに、

「うわーこの客、この程度の値段も出せないの?」

とか思われたくない!

買う気満々でお店に入ったときならまだしも、あちこち見てから決めたいときに全店でコレをやられると堪りません。


ケースに入ったアクセサリーを眺めていると、

「そちら素敵ですよね!」

頼んでもいないのにケースを開け出す店員さんもいますねー。

せめて「お出ししましょうか?」って確認取って欲しい…。

ケースから取り出して勝手に説明し出す店員さんを尻目に、お店を出たことも多々あります。

で、元アパレル店員だった友人にこの話をしたところ、

「まずお客様の迷惑になる接客はNG。

でも自分からは店員さんを呼べない、1人では決められない女性も多いので、そこを見極めるのが腕の見せ所」

と聞きました。

でもテレビの企画で店員さんが一切声をかけないという実験をしてみたところ、売り上げがほとんどなかったそうです。

店員さんを邪険にするのも気が引けますよね。

若い頃は話しかけられたら店をすぐ出ちゃうことも多々ありました。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社畜?甘え?アラフォーのブラック企業からの転職はアリかナシか?

先日書いた、転職に悩んでる友人に

「転職は大賛成だよ!」

と言ったら、

「そう言ってくれてホッとした」

と言われてビックリしました。

↓前回記事
●私、ホントに今の仕事が適職?と迷ってませんか?

話を聞いていてネタとして面白い部分はたくさんあったけど、

職場としては無しだろー

と思っていたのと、心身の調子を客観視したら、そりゃ転職だろっと思ってたんですが、

本人は転職に気が引けていたようです。


私の周囲のアラフォーはブラック企業体質の社畜根性が強く、心身を壊してしまう女性が多いです。

踏ん張りどころと、辞めるべきとこ、の采配は難しいですよね。

30代前半までは数年単位の転職が私も周囲も多かったのですが、アラフォー以上になるとそう気軽に転職出来ない…

転職支援会社は、転職させればお金が入るからってガンガン転職させようとしてますけど、だって決まった人の年収の1/3くらい入るらしいですからね。

私が登録してる転職支援会社デザイナーの人材派遣【マスメディアン】では1人の契約が決まると社員たちが万歳三唱するらしいです。ははは…。




まぁお陰で転職してこれてるし、契約のやり取りもしてくれるからいいんですけどね。


簡単に「辞めちゃえば?」と無責任には言えない世相ですが、ブラック会社にしがみついて結局数年後に共倒れするのも、本人が倒れるのも避けたい!

会社に問題があることも、本人に問題があることも多いし、相談相手も人によって言うことが違う。

ドライな人は相手の状況も考えずにポンポン物を言うこともありますよね。

私が転職を悩んでいたときは、どちらかと言うと

「次の会社がなかなか決まらない」
「行きたいと思える求人がない」


ということだったんですが、

「今までもすぐ次が決まってたんだし大丈夫でしょ~」

と笑って言われることが多くて

「もうその頃とは年齢も世相も違うし、前の転職も自分ではすごく悩んで焦って、不安でいっぱいだったのに」

とモヤモヤしました。


今の転職先も、1年探してきた結果なんですが、前職辞めてすぐ働き出してるので周囲にはスムーズに見えてるようで

「よく毎回そんなすぐに次が決まるね」

と言われます。

もう気軽に転職先が決まる年齢では全然無くて、条件が合う求人を探すだけでも1年かかっていたし、最後は慌ててとりあえずで受けたりもしていて、

それで1社受けてる途中でたまたま今の会社の求人を見かけて、受けたらスルッと決まったし、環境も待遇もすごく良いなぁと思ってますが、でも自分なりには色々ありました。


あと、当時よく上から目線で言われたのが

「フリーランスになればいいじゃん。」

既婚でフリーランスやってる人や、元同僚から言われたんですが、

実際私も以前やっていたけど、お金も保障も無い暮らしでキツかったし、今はともかく10年20年先を考えたら無理。

そりゃ共働きなら、

今暮らせるお金が稼げればそれでいーじゃん、

と思うのかもしれませんが、独身女性の未来を想像もしないでポンと上から言えちゃう神経にはホントうんざりしました。

既婚者なら休職期間があってもまーそのうち、くらいに思えるかもしれませんが、独身だとそうもいきませんよ。

あと20年近く働ける職場を見つけるというのは大変。


地方の同世代ブロガーさんの転職に関するブログを読んでいると、そちらも仕事探しが大変そうですね…

女性だけでなく男性でも派遣をやってる人が多いみたいです。

先行き微妙なブラック企業の正社員か、毎年更新に怯える契約社員か派遣社員か…

この状況はよくニュースにもなってるのに、結局大企業の正社員を守る法案と、契約や派遣を増やす法案ばかりできてる。


もちろん正社員も安泰ではなくて、最近もAmazonやアリさんの引越社で正社員を辞めさせたことが問題になりましたね。

まー契約や派遣からみたら、

仕事出来ない正社員を守るのはおかしい!

って思うんですが。



実情が分からないからなんとも言えませんけど。


時々身近でも聞くのは、出来ない正社員を転部させて、あえて自主退職するような環境にするってやつですね。

実際自分がやられたら堪りませんが、その人がいたポジションを狙う派遣がいたらどんどんやって欲しいやり方。

まるで椅子取りゲームな状況です。

日本だけじゃなく、海外ならもっと過酷かも、と思うと、なんだかウンザリですね…

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親しくないのにタメ口で話す人が、怖くて嫌いです

仕事の場で、例え年上の人でも、親しくないのにタメ口で話しかけてくる人が苦手です。

こちらは敬語なのに、なんでタメ口?

親しくなってからなら、全然気になりません。

私は10歳以上年上の人でも、親しくなったらタメ口で話します。

年下でも親しくなったらタメ口で話されても別に気になりません。

でも、親しくない内は絶対に嫌。


なのに、全く気にせずタメ口で話してくる年上女性はたまにいます。

そして小さな子供のいる人だと、まるで子供に対するように、上から目線で話す人が多いです。

いやいや、あなた他人だからさ。

私、あなたの子供じゃないから。

そういう人って、空気読めないというか、パーソナルスペースが分かっていなそうで怖いから、あまり近付きたくない、

というか、あからさまに話すのを避けてしまいます。


まぁ、パーソナルスペースの価値観は人それぞれなので、

私のことを、「すぐに距離を縮めようとする人」と思う人もいます。

でも私の中にも線引きがあって、

「これ以上は親しく無い人には踏み込んじゃダメだし、自分も踏み込まれたく無い」

という部分を越えて来られたらダメ。無理。怖い。


雑談力―誰とでも無理なく話せる (アスカビジネス)


いや、私もそれで大人しめなタイプから引かれたこと、何度も何度もありますけどね。

●自称人見知り=性格悪い?

で書いたように、人見知りのフリして値踏みしてくるタイプも嫌いですし。

そういう社会経験を踏まえた上でのパーソナルスペースに対する価値観が、全く合わない人は怖いです。

っていうか失礼だし、マナーがなってないな、と思っちゃう。

私にそう思われるって大概ですよ。

私割と、誰とでも最初は社交的に話そうとするタイプなんで。

だから余計に、いい年して距離感考えていない人は怖いんですよね。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー女性が友人と縁を切る理由4~愚痴ばかり言う人と縁を切った事例~

いやはや、これだけ書き続けられるとは、私どんだけ人と縁を切ってるの?と思いますねー。

友人からは

「私、人と縁を切ったことなんて一度もないよ」

と言われたことがあります。

ただ疎遠になっていくだけ、という人も多いんでしょうね。


今回は

16.会っても愚痴ばかり聞かされて気分が悪くなるので縁を切った

の事例です。

全パターンは

●アラフォー女性が友人と縁を切る理由1~決定的な喧嘩をして縁を切った事例~

に書いています。


このお話は、こちらからではなく、向こうからはっきりと縁を切られたときのことです。

友人の紹介で知り合ったEは、安めぐみみたいなフンワリした可愛らしい見た目で、中身は男らしさのあるシッカリした人で、有名メーカーでバリバリ企画をしている女性でした。


安めぐみのしあわせふたりゴハン [ 安めぐみ ]

知り合ったキッカケは、私が元彼グループと野球観戦をするときに、友人が人数合わせで呼んでくれたのがキッカケでした。

Eは元彼の友人を気に入り、飲み会を開催しました。

Eは積極的に連絡し、2人で一度遊びに行ったけれど、進展はなかったそうです。


当時Eには、音信不通になった彼がいました。

ある日突然返信が無くなり、数ヶ月してから連絡しても返信が無かったそうです。

でも芯のシッカリした女性だったEは、彼を追うこと無く諦め、次を探していました。

ちなみにこの彼からは半年後に連絡があり、前々から約束していたお花見に行ったそうです。


帰り際に

「また連絡する」

と彼からは言われたEは

「もう連絡しなくて良いんだよ」

と言って、キチンと終わりにしたそうです。

私は当時元彼を引きずりまくっていたので、Eの潔さには惚れ惚れしました。


職場が近かったこともあり、Eとはよく飲みに行きました。

数ヶ月してEには彼氏が出来ました。

でも時間が合えば遊びに行っていて、2人で沖縄旅行に行きました。

それが、Eと最後に遊ぶ機会となりました。

ちなみにこのとき、沖縄ではガイドブックに載っていなかった焼き物の窯元に行くことが出来たので、それはそれで良い旅でした。

窯元のことは

●ガイドブックは必要か否か

で少しご紹介しています。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「電車で誰も席を譲ってくれなかった!」と怒る人に違和感

NHKで放送されていた番組「ココがズレてる健常者~障害者100人がモノ申す~」を観ました。

こういう、健常者と障害者が笑いを交えて本音トークする番組って、ずっと観たいな~と思っていたので、すごく面白かったです!

番組内でも言ってたけど、「障害者なのに頑張ってるね」って価値観、私は好きじゃありません。


小学生のとき、「障害者が描いた絵のポストカードを買いましょう」というチャリティーが毎年ありました。

その時「一人一枚買いましょう」と先生が言っていたんですが

「何で欲しくも無いモノを強制的に買わせるの?」

と、小学生の私は納得がいきませんでした。

50円だって、小学生の私には貴重な額です。

そのお金があれば、他に欲しいモノがあるのに。


もちろん、自分の描いた絵のポストカードが売れたら、描いた人は嬉しいだろうと思います。

でも「障害者が描いた絵だから、と強制的に買わせた」と知ったら、描いた人はどう思うでしょう?

募金ならともかく、欲しくも無い、使い道も無いポストカードを学校が買わせる、という価値観は、未だに理解出来ません。

欲しいと思ったポストカードがあれば買う、その機会を学校が作る、なら分かりますけど。


番組内では色んな話題が取り上げられていて、「ヘルプマーク」というマタニティーマークのようなモノがあること、初めて知りました。

ヘルプマーク

ちなみにヘルプマークは、対象者からの申し出れば、下記の場所で配布されています、

都営地下鉄各駅(押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅、新宿線新宿駅を除く)駅務室、

都営バス各営業所、荒川電車営業所、

日暮里・舎人ライナー(日暮里駅、西日暮里駅)駅務室、

ゆりかもめ(新橋駅、豊洲駅)駅務室、

多摩モノレール(多摩センター駅、中央大学・明星大学駅、高幡不動駅、立川南駅、立川北駅、玉川上水駅、上北台駅)駅務室(一部時間帯を除く)、

東京都心身障害者福祉センター(多摩支所を含む)、

都立病院、公益財団法人東京都保健医療公社の病院等


出典:ヘルプマーク


この話の中に

「これを着けていても、誰も電車で席を譲ってくれなかった」

と言っていた人がいました。

「杖をアピールしてるのに、誰も譲ってくれないから、ワザと倒れ込んだのに、誰も譲ってくれなかった!」

と言っていて

「じゃあ、席を譲って下さいって言った方が早くない?」

と言われたら

「でも気付いてもらって、譲って欲しい!」

と言っていたのですが…私はすごく違和感を感じました。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友達に転職のアドバイスをする女はウザい⁉︎

今週の「逃げるは恥だが役に立つ」で、主人公みくりが友達に

「そうやってすぐに、あーすれば?こーすれば?って言うよね。

自分でやる分には勝手にどうぞ、だけど、言われる方は正直言ってウザい」


と言われるシーンがありましたね。


【期間限定】2017/1/1 0:00まで無料!逃げるは恥だが役に立つ(1)


あれ、軽い感じのシーンでしたが、実は結構

女同士で思ってるけど、言わずにいる本心

で、核心ついてる言葉だな!と思いました。

あのドラマ、そういうセリフがちらほらあって良い!

実はちょうどそのことについて、近々書こうと思ってました。

というのも、まさにそういう

「友達想いのフリをしたウザい女」を先日見かけたのです。


休日のドトールで、隣に座っていたアラサー後半かアラフォー前半くらいの女性2人組がいました。

メインで話していたAさんは独身会社員、聞き役のBさんは兼業主婦のようでした。

「最近Cちゃんはどうしてるの?」
とBさんが聞いたら

「んー、なんか私たち、ケンカしてるみたいな感じになってるらしいんだよねー」
とAさんが話し出しました。


「Cちゃんって大手住宅メーカーで働いてたじゃない?

で、半年前くらいから辞めたいって言ってたんだけど、係長に昇進しないか?って話が出てたんだって。

『辞めたらもったいないよ』って言ったんだけど、でもやっぱり無理だって辞めちゃったの。

だから、

『再就職の活動、早く始めないとダメだよ。何をやりたいの?』

って聞いたら

『普通の総務で事務』

って言うから

『総務なんて応募者も多いし、尚更頑張って活動しなきゃダメだよ。

あと資格欄は何が書けるの?』


って聞いたんだけど、住宅系の資格しかなくて、それって普通の総務じゃ関係ないじゃない?

だから普通免許しかないことになるんだけど、でもあの子ペーパードライバーなの。

『普通免許があるって書いたら、総務なら買い出しとか車で行かされるよ?どうするの?』

って聞いたら

『そんなこと仕事内容に書かれてない。契約外の仕事をさせるのは違反だ』

って言うの。そんなの通用しないじゃない?

『失業手当は早く手続きしないとダメだよ』

って言ったのに、それもすぐにやらなかったし。

私は友達が再就職うまくいかなくて鬱になっちゃったから、そうなって欲しくなくてアドバイスしてるのに、あの子現実が見えてなくてさー。

私は仕事で採用側やってるからわかるじゃない?

『何ヶ月も働いてないと、その間何やってたの?って聞かれるよ、どうするの?』

とか言ったんだけど、なんかそうやって怒られるのが嫌になっちゃったらしくて、

だからただ黙って話聞いてくれるDちゃんに最近は話してるみたい。

Dちゃんは、『本人が決めることだからー』って考えるタイプだからさ、冷たいって私は思うんだけど、でもそういう人に優しくされるのが楽だってのは分かるんだけどねー」


とAさんが語っているのを横で聞いていて、私は

「なんて上から目線のウザい女なんだろ。

そうやって友達を追い詰める自分の言い方が悪いってことに気付いてないんだなー」


としみじみ思いました。

いや、私もそういう時代があって、友達にアレコレ言って嫌がられたことありますけどね。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊治療している娘に、母親はどう対応すべき?

数年前から不妊治療をしている友人と、母親に関する話をしました。

「何で母親って、1番味方でいて欲しいのに、1番酷いことを言ったりするんだろうね?」

という話題だったのですが、

「私、一年前くらいに母親に

『子供が出来なかったら、どうするつもり⁉︎』

ってヒステリックに言われたことあるんだ」

「マジで⁉︎酷すぎる…なんて返したの?」

「『出来なかったら、子供がいない人生を考えるだけだよ。ハイハイ帰って!』って追い返した」

「そりゃそうだわ…」

「あんな価値観で、某公務員だってことにビックリしたよ。

最近職場で不妊治療してる人の話を聞く機会があって、やっと理解が出来てきたみたいだけど、

それまで不妊治療をしている人の情報を得る機会が無かったから、よく分かって無かったみたい。

最近は『芸能人が行ってるような病院に行けば?今行ってる病院ダメなんじゃないの?お金なら出してあげるから!』って言われる」

「そりゃお金出してくれるのは有り難いけど…

そっとしておいて欲しいよね…」

「うん…」

という会話をして、何だか色々私もショックを受けました。


独身だったり、不妊の娘に対して、暴言を吐く実母の話は、枚挙に暇がありませんね。

既婚者も義母から暴言を吐かれる人もいるんでしょうが、

実母から暴言を吐かれたときの悲しみと言ったら、もう本当にキツイ。

案外息子には、母親って暴言吐かないんですよねー。


以前別の友人が

「母親ってのは、実の娘は絶対に自分の味方みたいに、分身みたいに思ってるから、

介護とかも息子の嫁じゃなく、実の娘にやって欲しいって思ってるもんだよ」

と言われたのですが、

私は暴言吐かれたことが許せないから、無理!


小林麻央さんのブログを見たり、身近で母親と仲が良い人の話を聞くと

世の中には、娘をちゃんと愛して、大事に優しくする母親もいるのに、何でうちの母親はこうなんだろう?

と不運な気持ちになります。

「私を優先して!」

って母親に嫌気がさして、距離を置く娘の話もたまにネットや本で見ますが、

何が嫌って、そういう母親は、娘に謝らないし、自分の暴言は忘れてしまうこと。


思うに、娘も暴言を吐かれたら傷付く、ということが分からないというか、

「愛の鞭を与えるのは母親の務め!」

と思い込んで、既に傷付いている娘の痛みを理解しないままに、暴言を吐く母親がいる気がします。


まるで自分にべた惚れしている恋人に甘えるように、

何でもかんでも自分を優先して欲しがる母親

というのは、成人した娘から見たらホラーです。

娘が悩んでいるときに、知ったかぶりをして悪態を吐く母親というのは、他人より厄介。

他人なら客観的に良いアドバイスをくれたり、慰めてくれたりするのに、

何も分からないくせに、暴言を吐く。

そして、機嫌が良いときはベタベタしてくる。


以前たまたま見かけたブログでは、結婚して子供もいる娘に四六時中電話やメールをしてきて、

たまたま電話に出られないと怒り狂い、

アポ無しで家に押しかけてきたり、

今すぐ実家に来いと呼びつけたり、

とんでもなく身勝手な母親と、距離を置いている、と書かれていました。

うーん、その母親は心の病?

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「親切」と「お節介」の見極めは難しい

東京に出てきたばかりの頃、知り合う人たちの壁を作った対応に困惑しました。

ここからここまでは仲良し、ここからここまでは表面的な関係、という区切りが明確で、表面的な付き合いの人がほとんどを占めるって感じ。

仲良くしようと接すると

「え?なにこの人、図々しい!」

というような、退いた態度を取られ、もう仲良くはなれない。

そんな東京の感覚に慣れた後、田舎の友人に久々に会うと、

「親切過ぎて、面倒くさいな」

と思うようになりました。


過剰に親切にされると、こちらもそれに応えて、喜んだりお返しをしないといけないから、面倒くさい。

特に田舎の人だと、会うときは必ず手土産があったり、以前ちょっと気になると話したモノをプレゼントしてくれたり、

ありがたいし、嬉しいけど、重い…

ということもあります。

迂闊にこの人の前で話せないな~と思ってしまったり…。


結局こういうのは相手との関係性やタイミング、自分や相手の性格次第なので、

同じことを別の人がやってくれたら嬉しかったり、嫌だったりしますよね。


好きな人から個人的にお土産を貰ったらめちゃくちゃ嬉しいけど、嫌いな人から貰ったら迷惑なこともあるし。

「親切」は必ずしも喜ばれるわけじゃない。

特に東京だと

「この後、宗教とかマルチに勧誘されないかな?」
って警戒したり、
「どこかおかしい人じゃないかな?」
と警戒されることもあります。

自衛のために壁を作るって感覚なので、それを越えようとすると警戒されてしまいます。

でも表面的には、東京の人って優しいし気が利く人多いですけどね。


よしながふみのマンガ「フラワーオブライフ」の中にこんなシーンがあります。

主人公の春太郎は、友達の三国が同級生たちに太っていることを話題にされているときに、怒って

「止めろよ!三国が嫌がっているだろ!」と言ったら、

三国は怒って

「みんなが見てるだろ!」

と、かえって嫌がって立ち去ったのです。

呆然とする春太郎に、三国の中学時代からの同級生だった真島が

「三国が一番嫌がるのは、注目されることだ」

と言われます。

その日、いつも春太郎と一緒に下校していた三国が先に帰ってしまったことに、春太郎がショックを受けて膝を抱えているところに通りがかった担任のシゲにこのことを話すと

「アンタが悪い。

自分がされたら嫌なことを他人にしないって言うのは、出来て当たり前のこと。

相手が嫌がっていることをしないのが大人
よ。」

とアドバイスをするのですが、私はこれを読んだ時に

「あー東京出身者の感覚だな〜」と思いました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
フラワー・オブ・ライフ(1) [ よしながふみ ]

こんな価値観を高校生のうちから身につけるなんて、スゴイ…

まぁ東京出身者がみんなこんな感じか?って言うと、私の友人の東京出身者は、どちらかと言うとボーッとして気が利かないタイプが多かったですけどね。

大人になるにつれて気を遣うようになっていったって感じで、そもそも受け身なタイプが多かったです。

» 記事の続きを読む


PR

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます