PR


タグ:人間関係

人間関係のタグが付いた記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2017-12-19 女ですもの
今、電通のセクハラ問題がSNSで騒がれていますね。特に今話題なのが、はあちゅうさん(1986年1月22日生まれ 31歳)。note更新しました。→https://t.co/SVQiCHeZ0H— はあちゅう (@ha_chu) 2017年12月18日はあちゅうさんに今更ながら実名でセクハラ行動をバラされた岸勇希さん(1977年8月13日 生まれ40歳)は、この件を受けて株式会社「刻キタル」の代表取締役・岸勇希氏の辞任と退社を発表したそうです。Twitterもアカウント削除...

記事を読む

2017-12-17 女ですもの
友人の叔母さんは、生涯独身のまま80歳を越えたそうです。実家は昔、大きな料亭を郊外でやっていたそうで、叔母さんはその大きな家に1人で住んでいました。が、寄る年波には勝てず、少しボケてきたこともあり、弟の子供達(友人と兄)が自宅整理をし、叔母さんは弟の家の近くの介護施設に入ることになったそうです。ここまで聞くと、「うわー兄弟に面倒をかけられたら嫌だな」と思った方もいるかもしれません。特に既婚者で、旦那...

記事を読む

2017-12-15 オススメ
今夜12月15日(金)21時~22時52分にフジテレビ系列で、あの北九州監禁事件の加害者の息子のドキュメンタリー「ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて…」が放送されます。10月に放送されたもののスペシャルに加えて、母親の緒方純子さんとの手紙のやり取りも公開されるとのこと。この事件、発生時からしばらくは、あまりに残酷な事件のためほとんどニュースで取り上げられませんでした。事件発覚は2002年ですが、私がこ...

記事を読む

2017-12-14 マンガ
あじゃじゃしたーでスレがまとめられているのを見て知ったマンガ「深夜のダメ恋図鑑」。深夜のダメ恋図鑑【電子書籍】[ 尾崎衣良 ]いわゆるだめんずだけじゃなく、無自覚に男尊女卑をする男に、女が冷静につっこむ、という話に、「分かる~こういう男、いる!」って思う女性もいれば「張り合って言い返す女は見苦しい」と思う男性もいる、というのが、まとめサイトのコメント欄でよく分かりました。楽天Kobo電子書籍ストアでも上位...

記事を読む

2017-11-23 アラフォー腐女子向け
「失恋ショコラティエ」で一躍有名になった水城せとなさんの「脳内ポイズンベリー」の映画、皆さんもうご覧になってますか?私はいつか観ようと思いつつ、まだ観ていません…なんか、真木よう子は好きだけど、イメージと違わない?と思ってしまって…これ原作持ってますが、すごく面白いです!楽天市場で買う無料立読アラサーで一見ぽわ~っとしている主人公が恋をしたら、脳内で色んなタイプの人たちが会議しまくっていくってのが主...

記事を読む

はあちゅうのセクハラ私刑は売名行為?#MeToo 運動に違和感

今、電通のセクハラ問題がSNSで騒がれていますね。

特に今話題なのが、はあちゅうさん(1986年1月22日生まれ 31歳)。



はあちゅうさんに今更ながら実名でセクハラ行動をバラされた岸勇希さん(1977年8月13日 生まれ40歳)は、この件を受けて株式会社「刻キタル」の代表取締役・岸勇希氏の辞任と退社を発表したそうです。

Twitterもアカウント削除されていますね。


己を、奮い立たせる言葉。 (NewsPicks Book) 単行本 – 2017/10/28
岸 勇希 (著)



アラフォーで多少なり広告業界をかじったモノとしては、うーん、これは世代の差もあるのかな?という気もします。

岸さんのような氷河期世代は、新卒時代から当たり前のようにパワハラ、セクハラを見ていて、

「ハラスメントに耐えられるヤツが偉い。
もしくはハラスメントに遭わずに済む状況を自分で作り出す知恵と力を持たないといけない」


と思って社会生活を送ってきていたはずです。

ハラスメントの被害も、まるで武勇伝のように、笑い話として語り継がれることはあっても、大問題にはそうそうならない、というのは、電通だけでなく中小企業でもあることですよね。

が、もっと下の世代だと「セクハラありえない!」と思う人達がぐっと多くなっています。

上司からの飲みの誘いも嫌なら断る。セクハラされたら会社に訴える。

そんなの当たり前の人たちが増えています。


正直に言います。

私の中の本音と建前があって、建前としては、セクハラはありえないし、被害に遭ったことを勇気を出して訴えたはあちゅうさんの行動により、声を上げる力をもらえた人もいるかもしれません。

が、本音は

「どうせ売名行為だろ?その程度のことで騒いで、女の権利を主張して。

今まで若さや顔で仕事を取ってきてる部分もあるのに、良い思いをしたのは当然で、セクハラを受けたのはありえないって騒ぐんだー。へー」


と思ってしまう気持ちがあるんです。

私のような気持ちが湧いても、それには蓋をして発言しない人が多いと思います。

そして、簡単にこれに同意する人は「老害」「社畜」と言われても仕方ないとも思います。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

80歳以上の生涯独身女性がボケた時、親族はどうする?

痴呆症になったお婆さん

友人の叔母さんは、生涯独身のまま80歳を越えたそうです。

実家は昔、大きな料亭を郊外でやっていたそうで、叔母さんはその大きな家に1人で住んでいました。

が、寄る年波には勝てず、少しボケてきたこともあり、弟の子供達(友人と兄)が自宅整理をし、叔母さんは弟の家の近くの介護施設に入ることになったそうです。

ここまで聞くと、

「うわー兄弟に面倒をかけられたら嫌だな」

と思った方もいるかもしれません。

特に既婚者で、旦那の姉妹が独身の方は

「ウチの子供に迷惑をかけられたくない!」

と思う方が多いと聞きます。


が、この叔母さんの家には大きな料亭だった名残でたくさんのお宝があり、他にも株をたくさん持っているのだそうです。

入った介護施設は、中でもかなり高額な所なのだそうですが、その月々のお金は分配金で賄える為、貯金には一切手を出さずに済むのだとか。

ちなみにこの叔母さんは、友人の弟のことをとても可愛がっていて、以前弟名義で株を買っていたそうです。

昨年叔母さんが弟に連絡し

「アンタの分の株だから、取っておくなり、換金するなり、好きにしなさい」

と言って渡したら、弟はすぐに換金し、その額は100万円程になったとか。


ちなみに叔母さんは

「兄と姉にも分けてあげなさいね」

と言って渡していたので、最近になってこの話を友人のお父さんに

「その後どうした?」

と聞いた為に、友人は弟が叔母さんからお金をもらっていたことが発覚!

親から連絡がいったので、弟は兄と姉に10万円ずつ渡してきたそうですが…

黙っていたら、そのままだったんでしょうね。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【無料立読有り】テレビで報道されない「消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―」感想

今夜12月15日(金)21時~22時52分にフジテレビ系列で、あの北九州監禁事件の加害者の息子のドキュメンタリー「ザ・ノンフィクションSP 人殺しの息子と呼ばれて…」が放送されます。

10月に放送されたもののスペシャルに加えて、母親の緒方純子さんとの手紙のやり取りも公開されるとのこと。

この事件、発生時からしばらくは、あまりに残酷な事件のためほとんどニュースで取り上げられませんでした。

事件発覚は2002年ですが、私がこの事件を知り、先輩からこの本を借りたのは2005年くらいです。

こちらBookLive!で立読ができます。


消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―


amazonで買う

立読みはアプリのみのため、こちらでアプリをダウンロードしてください。
(会員登録は必要なし)

BookLive!無料アプリダウンロード


以前

●黒い看護婦…なにこれ…福岡県久留米市で実際に起こった事件ドラマ

でも書きましたが、母親の緒方純子と妹は、私の従兄弟の同級生だったそうです。

最寄り駅は「安武」という駅ですが、この事件で緒方純子以外は亡くなっているので、もう誰も関係者は住んでいません。

福岡の中でもかなり田舎の、田んぼだらけの町で育った彼女が、何故家族全員を巻き込んだ事件に関わることになってしまったのでしょう…

この本ではあくまでも事件で起こったことを書き綴っているため、心情までは分かりません。

本ではまず、少女A(父親と共に事件に巻き込まれた被害者)が監禁された部屋から逃げ出した部分から始まります。

以降、松永太と緒方純子が出会い、付き合いだし、どんどん松永というクズに家族をめちゃくちゃにされていく様子、事件内容が詳細に書かれていくのですが、正直単なる興味本位で読むのはオススメできません。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男尊女卑大好きネットオタクが激怒したマンガ「深夜のダメ恋図鑑」ネタバレ感想

  •  投稿日:2017-12-14
  •  カテゴリ:マンガ
あじゃじゃしたーでスレがまとめられているのを見て知ったマンガ「深夜のダメ恋図鑑」。


深夜のダメ恋図鑑【電子書籍】[ 尾崎衣良 ]

いわゆるだめんずだけじゃなく、無自覚に男尊女卑をする男に、女が冷静につっこむ、という話に、

「分かる~こういう男、いる!」

って思う女性もいれば

「張り合って言い返す女は見苦しい」

と思う男性もいる、というのが、まとめサイトのコメント欄でよく分かりました。


楽天Kobo電子書籍ストアでも上位ランキングに入っていたので、私もとりあえず1巻を買って読んでみました。

構成は、3人の25歳くらいの女友達(同じビルの別の職場で働いてる)が、自分の彼氏や出会った男たちの話をする、というもの。

1話は数ページでそれぞれにタイトルがあり、オムニバス形式となっています。

3人の女性のプロフィールは

福間千代(25)
少女漫画好きで、男には王子様のようでいていたいと思っている夢見がちなタイプ。

古賀円(24)
受付嬢。一見清純派の美人お嬢さんタイプ。高校時代は遊んでいたけど、いまだに処女。キレると元ヤン時代の性格や口調が出る。

千鳥佐和子(25)
あまり感情を表に出さず、笑顔で相手に合わせるタイプ。男性に尽くしながら、不満が限界まで溜まると冷静につっこんでキレる。


以下ネタバレ含む感想です。ページ順ではなく3人それぞれに分けました。


福間千代

「可哀想な男」

行きつけのバーで出会った同じ年の男。

何度か飲んで感じ良かったので、そのまま彼の家に行ったけど、シャワーを浴びて出たら彼が布団を敷いて、座って靴下を脱いでいるところを見て幻滅してしまい、帰宅してしまった。

〈感想〉
恋愛マニュアル的にはダメな、飲んで終電間際にキスされて、そのままお持ち帰りされた流れですね。

シャワー浴びながら「えーこのまま、彼としちゃうのかな?少女漫画みたいな展開!」とドキドキしちゃう、という。

少女マンガ好き故に、付き合う前でもホイホイ相手についていってしまう、というのはあるなー。

でも、所帯染みた行動に幻滅するって…


「ヤレナイ男」

「可哀想な男」の続き。今度は一緒にお風呂に入ろうとしたときに、湯船に浮いている毛とかゴミに幻滅。

〈感想〉
確かに男性のすね毛が浮いてるのは目立つよね…


「番外編」

「ヤレナイ男」の後日談。逃げたことを問いつめられたけど、話の最中に彼の鼻毛を見つけてまた逃げ帰る。
〈感想〉
特に無し。


「番外編」

「毛」の後日談。いつのまにか相手が彼氏ってことになってます。これまでのことを問いつめられて

「好きな人には王子様みたいでいて欲しいの!」と本音を告げ、彼が

「王子ってどうすればいいんだ…馬に乗って登場すればいいのか…?」と悩む話。

〈感想〉
特に無しってか、王子=馬って発想がもうちょっと古すぎて…


「王子を目指す男」

「俺がイギリス王室に入るにはどうしたらいいんだろうな…」
と友人に真顔で相談する彼氏。
〈感想〉
ただのギャグページ。


「番外編」
王子様を目指すべく乗馬を始めた彼氏。でも「暴れん坊将軍みたい!」と言われて落ち込む。
〈感想〉
ただのギャグページ。


「絶妙にダサイ男」

初めての休日デート。彼がTシャツをインしているのに軽く引いたけど、でもまぁいいか…今夜こそ…

と思ったけど、彼のTシャツに描かれた「CHANPION」って文字が気になり、またエッチ出来なかった。
〈感想〉
ただのギャグって言うか、めんどくさいなぁ、この女。


「番外編」

頑張って優しい王子様のように振る舞ってくれる彼氏に、今夜こそいいかな…と思っていたけど、別れ際におでこにキスをされて

「大の大人がデコにキス?」とドン引きする。
〈感想〉
ホントめんどくさい、この女。


「残念な男」

千代が高校時代に付き合った1歳上の先輩。イケメンで大好きだったけど、付き合って半年後のデートでカレーうどんを食べながら汁を飛ばす先輩に幻滅して別れを告げた思い出話。
〈感想〉
顔に汁が飛んでも気付かない男なんていないだろ…


古賀円

「不倫する男」

仕事で出会った取引先の男性から連絡先を渡され、その後積極的に誘われてデートをしている内に好きになって告白。彼も好きだと言ってくれたので

「実は男性と付き合うのは初めてで」と話すと

「話してくれてありがとう。俺もじゃあ一つ秘密を話すと、結婚してるんだ。でも君のことも大事にするよ」と言われて、元ヤン時代の血が騒いで怒り爆発。

〈感想〉
チャラ男ですね。


「勘違いな男」

高校時代に告白して振られた男・田中と英会話教室で再会。当時円は遊んでいたため、頭の良い田中から馬鹿にされていた。

一緒にお茶をしているときに上から目線でアプローチされるも、実は円の方が英語のレベルが高く、面と向かって「あの英語レベルでK大卒とか言えるって超スゴイよね~」と馬鹿にして帰る。

〈感想〉
うーん、円が見返して勉強して英語が得意になったのは良いことですね。でもこんな面と向かって馬鹿にする必要あるかな?高校時代のことなんだし…


「タイトル無し」
友人カップルに紹介された大人しそうなメガネ男子。円が男と付き合ったことが無いと知ると、上から目線でロックオンされ、笑顔でお断り。

〈感想〉
男と付き合ったことが無い女=下に見て良いって発想がよく分かりませんが、見た目は普通だけどキモオタ設定の男性ですね。こんな無愛想な男を、彼女の友達に紹介しようって思う友達の彼氏もどうなの?


「妄想する男」

タイトル無しだった前話の続き。メガネ男子が、円と付き合っているとか、エッチのとき痛くて泣いてしまったという妄想を周囲に話していることが分かり、腹に据えかねて相手の職場の近くまでいき、周囲に同僚がいる前で

「あまりに下手すぎてビックリして泣いたんだ~別れてください」

と、嘘には嘘を重ねて拒絶した、という話。

〈感想〉
なんかメガネ君が典型的なストーカーキモオタ設定の男になってますが、ほんとにこんな男いるのかな?

ストーカータイプにこんな恨みを買うことを言うのもヤバイ気がしますけどね。


「KYな男」

同級生だった男友達と後輩女性の結婚式に出席した円。ずっと自分をライバル視してきた嫁は、ブーケトスのときに誰も拾わず床に落ちがブーケを気を利かせて拾ったところ

「やだぁっ彼氏いないからって必死すぎ。二次会で浅ましい真似しないでくださいねっ」

と嫁に言われ、それに男友達が

「そんなことするわけないだろ!こいつは処女なんだから!」

と全員の前で言われ、どちらとも今後の付き合いは遠慮させてもらうわーと友達に愚痴る。
〈感想〉
結婚式の場で、こんな馬鹿な嫌味を言う女と結婚できる男の気持ちが分かりません。とにかくこの嫁が不快。


「後日談」
結婚式後に疎遠にしていた男友達が、円のところにブサイクの45歳独身キモオタ上司を紹介しようと連れてきたため、路地裏でボコボコにした。ちなみに男友達は以前から円と飲んだあとに風俗に行っていたらしく、それが嫁にバレて現在離婚の危機だとか。
〈感想〉
なんでこんな男と友達だったのかが分かりません。アポ無しで上司を勝手に連れてくるなんてことあるかな?上司にも失礼でしょ?


「上から目線の男」

円が法事で会った従兄の40歳独身男性。

「やっぱり女は若いほうが素直でいいわ。俺はババアのATMになるのなんかゴメンだわ」と暴言を吐く従兄。

「そうですね、相手するなら若い子のほうが絶対いいですよね。だって、そのほうが馬鹿がバレなくて済みますもんね」

と笑顔でみんなの前で言い放ってやった、というお話。
〈感想〉
この馬鹿従兄みたいな発言はネットでよく見かけますね。実際に面と向かって言うような男が親族にいたら恥ずかしい…

まぁ、キモいオッサンが女は若くなきゃ〜って言うのは見苦しいってのは常識なので、こうやってわざわざ話にされても、読んでて気分悪いかな。


「オタクな男」

電車オタクな男と知り合った円。最初は感じのいい人だし、いいかな…と思ったけれど、なんでもかんでも話を電車に繋げるのが面倒くさくなり、友人から

「そんなんじゃエッチのときに『キミの中にかけこみ乗車だ!発射オーライ』とか言いそうじゃない?」と言われ、やっぱり無理!と思ってしまう。
〈感想〉
これ電車オタクじゃなくて、ただの馬鹿でしょ…会話成立してないし…


「デブ」

合コンで女性陣に「牛丼好きなの?モテないよ〜。炭水化物食べるの?太っちゃうよ〜。俺ぽっちゃりじゃなくてスレンダー美人が一番なんですけどー」

と失礼なことを言い放ち続ける太った男に

「じゃああんなた何のためにそんなに脂肪蓄えてんの?まじで疑問。つーかオマエと一緒にパスタも牛丼も食うことねーから安心しろよ」

とバッサリ言う円が、その後その場にいた他の全員から拍手されたという話。

〈感想〉
こんな失礼な男を飲み会に連れてくる男たちの気持ちが分かりませんし、男同士でなんで止めないの?誰もこの男の発言をフォローすることもなく好き勝手言わせ続けて、最後に円がキレるって流れが納得いかないってか、まぁこのデブが不愉快ですよね。


PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水城せとなのBLマンガ「同棲愛」ネタバレ感想1〜杉浦椿〜

「失恋ショコラティエ」で一躍有名になった水城せとなさんの「脳内ポイズンベリー」の映画、皆さんもうご覧になってますか?



私はいつか観ようと思いつつ、まだ観ていません…

なんか、真木よう子は好きだけど、イメージと違わない?と思ってしまって…

これ原作持ってますが、すごく面白いです!




amazonで買う



アラサーで一見ぽわ~っとしている主人公が恋をしたら、脳内で色んなタイプの人たちが会議しまくっていくってのが主なんですが、確かにそういうときって、ピュアな自分、警戒する自分、動きたい、動けない自分が脳内でワイワイ騒ぎます。

20代の頃と違って、嫌な思いも色々していると、闇雲には突っ走れません。

でも、主人公がなぜ真木よう子なんだろう…

好きな女優さんですが、数年前なら菅野美穂あたりがベストな配役のキャラなんじゃないかな?

この「脳内ポイズンベリー」に関してはまた後日書くとして、今回は別のモノをご紹介します!


水城せとなさんは、腐女子なら20年近く前から知ってるマンガ家さんです。

当時はB-BOYというBLマンガ雑誌で「同棲愛」というマンガを描かれてました。


同棲愛(1) (ビーボーイコミックス)

amazonで買う


女子校だったのでクラス内でみんなで普通に回し読みしてました。

一回絶版になって、愛蔵版全8巻が出たときに買って最後まで読んだんですが、ホント人の心の微妙な機微を描くのが上手い方だなぁと思います。

ほとんどの登場人物がゲイなんだけど、執着してしまったり、トラウマを抱えたり、人を好きになって、失って、もがく様子がすごく痛々しい。

以下ネタバレになりますが、各巻をご紹介していきます。

オムニバス形式になっているお話なので、主人公は杉浦椿・篁光太郎・馬堀貴文・江端薫・金巻千里を主軸のお話が時系列となり、徐々に交わっていきます。

1記事では書ききれないので、数回に分けて書きますね。


杉浦椿のお話

高校一年生の杉浦椿は、同級生の江端薫と親しくなります。

女の子の子供を欲しがっていた両親の間に生まれた椿は、薫に無自覚の内に愛情を感じ始めるのですが

「男同士の間でラブなんてあるわけないだろ!男を好きになるなんてありえない!」

と薫に言われたことで距離が生まれてしまいます。

その後、高校の生物教師の池上から告白をされた椿は、薫が女の子と付き合っているところを見てしまったショックの勢いで池上に身を委ねます。

池上は椿の体液(アレです)を顕微鏡で覗いて「まだ動いてるよ」と言うような気持ち悪い人なのですが、高校卒業までの我慢だと思いながら椿は付き合い続けます。

椿は受験に失敗してしまいましたが、とにかく卒業で池上と別れられる、と思っていたのに、別れ話に抵抗した池上が椿の家に来て両親に全てをぶちまけたため、いたたまれなくなって高崎から東京へ飛び出してしまいました。


上京し、馬堀と付き合う椿

上京して入ったカフェで店員に飲み物をこぼされ、流れで家がないことを話すと、その店員の風子から「家においでよ」と言われ、そのまま彼女の家に転がり込むことになりました。

自分が男性と付き合っていたことを話しても笑って聞いてくれる風子と向き合う内に、椿も彼女を好きになり、結ばれました。

しかし、やっと愛情を知ったと思ったその翌日に、風子は事故で亡くなってしまいます。

傷心のままフラリと入った店で知り合った大学生の馬堀貴文についていき、そのまま関係を持つ椿。

そのまま椿は馬堀の家で一緒に暮らし始めました。(そんな簡単で良いのか!?)

馬堀に優しくされて、大事にされて暮らしていっても、椿は徐々に空虚さを感じるようになりました。

ペットの犬を可愛がるような馬堀に、椿は恋愛感情を抱けずにいたのです。

そして、「そうだ、俺は自分自身事が好きなんだ。だから弱い者として扱う馬堀といると寂しかった。俺は、自分で自分のことを好きだと自信を持ちたかったんだ」と気付き、馬堀の家を出ていきました。


「俺は自分のことが好きだ」と気付く

椿はそのままお金を持たずに店に入り、見かけた高村光太郎をナンパしてご馳走してもらいます。

そしてお互いのこれまでのことを話して心を通じ合わせた二人(光太郎の話は後述します)は、光太郎の家で関係を持ち、そして自分のことをキチンと認識できた椿は、実家に帰ることを決めました。

地元に帰り、偶然薫と再会した椿は、高校卒業後にふらふらしていた薫に「一緒に東京で住もう」と持ちかけます。

この自分勝手で可愛らしい椿に弱い薫は、そのまま椿との同居を決めました。

また東京に戻ってきた椿は、光太郎を友達として励ましたり、薫とも楽しく暮らしていきます。

そしてその後、薫はあの馬堀と付き合い始めるのですが、これはまた後述。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます