PR


タグ:ハラスメント

ハラスメントのタグが付いた記事一覧。都内在住アラフォー独身女性ならではの、恋愛&アンチエイジング&仕事のストレスのことなど

2018-08-12 オススメ
最近周囲の人に「Mrs. GREEN APPLE知ってる?」と聞いています。高校生の娘がいる人は「娘が超好きでずっと聴いてて、無料ライブにも行ってたよ」と言ってたし、20代前半の子は「あー、名前は知ってます。なんか若い子に人気のバンドですよね」と言ってましたが、アラサーアラフォー前後は「は?新しい缶チューハイの名前?」とお答えになりました。ですよねー。Variety [ Mrs.GREEN APPLE ]●真剣佑が好きな「Mrs. GREEN APPLE」の...

記事を読む

2018-08-03 女ですもの
東京医大が受験時に女子学生の点数を一律で減点したり、男子に加点をして女子の合格者数を減らしていた件が話題になっていますね。これ、女としては腹立たしい、患者としては分からなくもない、複雑な気持ちになる話です。最近お腹の大きい看護師さんを見ることもあれば、会社で産休育休に入る女性社員に関わることがありますが、少人数ならともかく、ほとんどの女性がそういう状況になってしまうと、周囲のフォローが半端なくなっ...

記事を読む

2018-07-29 女ですもの
友人と杉田水脈議員の発言について話している時に「普通の主婦の意見だろうなーと私は思った」と言ったら、友人から「待って、既婚で子供がいることを『普通の主婦』と定義してるなら、それで一緒くたにされたくない」と言われました。「いや、彼女の経歴をWikiで見ただけだけど、普通に地方で生まれ育って、市役所勤めてって人だから、日本ではそういう人がほとんどなんだろうなーってこと。私の地元の友人は、LGBTへの差別につい...

記事を読む

No Image

2018-07-26 アラフォー腐女子向け
ランチの時に同僚に一橋大学アウティング事件の話をしたら、彼女はこの事件自体を知りませんでした。先日また●一橋大学のゲイ暴露転落事件には、報道の偏りがある気がしますにコメントを頂き、ちょうどその返信を書いている時に、NHKでアウティング事件の裁判のことが放送されていました。遺族は大学のことを訴え続けているそうで、ニュースを観て私は思わず「遺族は、誰かのせいにしないと、気が済まなくなっているのかな?それと...

記事を読む

2018-07-12 美術・デザイン
Yahoo!ニュースを見ていたら、ビックリした記事を見つけました。元は文春で、本日発売の雑誌に掲載されているそうです。●グラフィックデザイナー・佐藤卓氏がパワハラ疑惑に「申し訳ない」週刊文春 2018年 7/12 号 [雑誌]佐藤卓さんは本当に有名なグラフィックデザイナーなので、お仕事を目にしたことがある人は多いはずです。キシリトールガムとか、「にほんごであそぼ」は特に知ってる方が多いかも。にほんごであそぼ たっぷり [...

記事を読む

若い子の間で流行っているモノを大人が理解できない理由

驚くおばさん

最近周囲の人に「Mrs. GREEN APPLE知ってる?」と聞いています。

高校生の娘がいる人は

「娘が超好きでずっと聴いてて、無料ライブにも行ってたよ」

と言ってたし、20代前半の子は

「あー、名前は知ってます。

なんか若い子に人気のバンドですよね」


と言ってましたが、アラサーアラフォー前後は

「は?新しい缶チューハイの名前?」

とお答えになりました。ですよねー。


Variety [ Mrs.GREEN APPLE ]

●真剣佑が好きな「Mrs. GREEN APPLE」のCD「ENSEMBLE」を買った


で、ちゃんと歌詞を読んでみたんです。

真剣佑とお友達は「歌詞が深い」と言ってましたが…

…ごめん、おばちゃん、良さが理解出来ないわー

私より上の世代が読んでた少女マンガの中のポエムから、情緒抜いた感じに思えてしまいます。

おばちゃん、深い歌詞って言われると、スガシカオを思い浮かべちゃうの。

でも、「黒崎くんの言いなりになんてならない」の映画を観た友達が言ってたけど、今の中高生って昔流行った王道ネタみたいなのを

「斬新で素敵!」

って思うらしいから、きっと音楽とかもそうなのね?

●女子高生感涙!アラフォー爆笑の映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」

いやー、宇多田ヒカルはやっぱりスゴイわ。

彼女は高校生の年齢で、大人もハマる名曲生み出してましたもんね。


同僚アラフォー女性にこの話をしたら、彼女もその場でMrs. GREEN APPLEの歌詞を読み

「最初の数行で、もう寒くて無理です!

私以前、人に誘われて色んなバンドが出るライブ行ったことあって、その時既にドラゲナイ流行ってたセカオワが出たんですよ。

急に赤いランプが点灯してサイレン鳴り出して、なんかもう居たたまれなくて、しばらくトラウマになりました…

セカオワの後にBEGINが出たんですけど、私それまで全然BEGINに興味無かったのに、安定したクオリティの歌と喋りのステージを観て、セカオワで情緒不安定になってた心が救われたんです。

まさか、BEGINに助けられる日が来るなんて思ってなかったけど、すごく安心できました…」

というエピソードを聞かせてくれました。


私は自分が中高生の頃は、

「大人には若者が良いと思うモノが斬新で理解出来ないんだ」

って思ってました。

実際に私が子供の頃は、それまで日本には無かった音楽が生まれてきてたし。

小室哲哉とかX JAPANみたいなの、それまでいませんでしたからね。

私は中学生の時にB’zに出会ってからは、他のバンドはドリカムとかイエモンとかラルクとかブリグリとか聴いてましたが、その辺りは私より上の世代も好きでハマってたと思います。

少なくとも「寒い!ダサい!」と大人が言ってた記憶はありません。

ビジュアル系は私は興味無かったし、ダサいなーと思ってたけど、その辺は趣味の違いなのかな?
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子学生が不当に落とされるのは東京医大だけじゃない

マタハラ

東京医大が受験時に女子学生の点数を一律で減点したり、男子に加点をして女子の合格者数を減らしていた件が話題になっていますね。

これ、女としては腹立たしい、患者としては分からなくもない、複雑な気持ちになる話です。

最近お腹の大きい看護師さんを見ることもあれば、会社で産休育休に入る女性社員に関わることがありますが、少人数ならともかく、ほとんどの女性がそういう状況になってしまうと、周囲のフォローが半端なくなってしまう…

「少子化問題のためにも、周囲は妊婦や育児中の女性をフォローすべき」

というのはもちろん分かるのですが、お腹の大きい看護師さんには患者も気を使うし、職場だと引き継ぎに次ぐ引き継ぎで混乱することもあります。

それが、患者の命を扱う医師だったら、困ったことになるだろう、という判断かもしれませんね。

●東京医大、女子受験生を一律減点…合格者数抑制


さて、女子学生の数を抑制しているのは、医大だけではありません。

美大でも女子学生の数が抑制されている、というのは、以前教授から聞きました。

今の御時世、将来が不安な美大に通いたいと思う男子が少ない、ということと、女子の方が実力がある、という流れになってきてしまっていて、でも女だらけの学校にするのも…という理由なのだそうですが

名前で男女の判別が出来ない

性別であからさまに合否を決めることは出来ない

ということで、受験の時に自画像を描かせて、敢えてバランス良く男子を合格させるようにしているそうです。

確かに母校の受験問題を見てみたら、自画像や手を描かせていました。

美大だったら別に女が多くても良くない?と思うのですが、女子美術大学はあるけれど、男子美術大学は無いって時点で男子の方が不利なんですよね。

なので、共学の方で男子を合格させてあげるという状況だとか…
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
 カテゴリ
 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「普通の主婦」って不平不満口ばかり言う、頭の悪い人?

女のカースト

友人と杉田水脈議員の発言について話している時に

「普通の主婦の意見だろうなーと私は思った」

と言ったら、友人から

「待って、既婚で子供がいることを『普通の主婦』と定義してるなら、それで一緒くたにされたくない」

と言われました。

「いや、彼女の経歴をWikiで見ただけだけど、普通に地方で生まれ育って、市役所勤めてって人だから、日本ではそういう人がほとんどなんだろうなーってこと。

私の地元の友人は、LGBTへの差別について深く考えたこともない人がほとんどだと思う。

同人誌を読んでた子でさえ、多分そこまで深く考えないだろうし。」

と答えたら、特にその後なにも言われませんでしたが、「普通の主婦」の定義って何なんでしょうね?


『男女は適齢期に結婚出産するのが一般的だけど、同性愛を人前で差別してはいけない』

という認識の人がほとんどではないかな?と私は思っています。

友人は確かに既婚で子持ちだけど、色々LGBTについて調べたり考えたりしていて、他の部分でも私は彼女を「普通の主婦」と認識していません。

と考えていくと、私の中で割と

「普通の主婦は、あまり他人のことを考えない、自分の家族が良ければそれでいい人達」

と思っている気がしてきました。

いや、実際に私は子供の頃から

「普通の主婦にはなりたくないから、普通に短大行ってOLして結婚、とかする人生は嫌だ」

と思っていました。

まー「好きな人と結婚なんて、誰でも出来るもの」って思ってたのが間違いだと、今は分かってるんですけどね。


今私が想像している「普通の主婦」は、

「保育園が足りない」

「もっと税金を私の為に使って欲しい」

「もっと旦那に家事育児を協力して欲しい」

「もっと自由な時間が欲しい」

「あまり働きたくない」

「働く環境では、子持ちの私を優遇して欲しい」

「そもそも女を優遇して欲しい」

「お金をたくさん稼いでる人、お年寄り、独身がもっと税金を負担すべき」

「私は大変、もっと労って欲しい」

という、どこからその財源が出てくるのか考えずに要求し、自分が良ければそれでいいと思っている人達です。

実際にそういう人がどのくらいいるのか分かりませんが、とりあえず主婦の不平不満愚痴はよくSNSで見かけます。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一橋大学のアウティング転落事件は「ホモハラ」?

ランチの時に同僚に一橋大学アウティング事件の話をしたら、彼女はこの事件自体を知りませんでした。

先日また

●一橋大学のゲイ暴露転落事件には、報道の偏りがある気がします

にコメントを頂き、ちょうどその返信を書いている時に、NHKでアウティング事件の裁判のことが放送されていました。

遺族は大学のことを訴え続けているそうで、ニュースを観て私は思わず

「遺族は、誰かのせいにしないと、気が済まなくなっているのかな?

それとも弁護士や支援者に『今後息子さんと同じような被害に遭う人たちを生まないためにも、大学を訴えましょう!』って言われてるのかな?」


と思ってしまいました。

この裁判のことが書かれているニュースサイトでも、私がテレビで観た内容が書かれています。

●ゲイ暴露「一橋大アウティング事件」で証人尋問 大学の責任めぐり遺族ら6人が証言

遺族は「大学は息子がLGBTなのを苦にして亡くなったと勘違いしている!

息子はイジメに遭っていた。

その相談に対して大学はキチンと状況を把握して的確な対応を出来なかった」


と言っているそうですが、現時点では私には、遺族とその弁護士の言い分がイマイチぶれているように感じてしまうのです。


この件を世間はどう思っているのか?とググッてみたところ

「この事件、ホモハラじゃないの?」

というまとめサイトが出てきました。

同性から告白された側の気持ちも考えて欲しい、という言葉を書く方が多かったです。

また「男女間でも、好きじゃない異性からつきまとわれたら周囲に相談する。

それをLGBTだから『アウティングは暴力だ』と差別意識を持って騒がれるなら、関わりたくない」という言葉もありました。

私の中でもこの事件の解釈はモヤモヤしていて、

●アウティング(同性愛暴露)は暴力?一橋大学の事件は女には理解できないのか

でも少しその後の心境を書きましたが、でもどうにも大学とか、告白された側とか、そういう「誰かのせい」で亡くなったという、一方的なものなのだという主張で裁判をし続けることに違和感を感じています。


それで同僚に話したところ

「例えば『同和地区出身者だ』と周囲にバラされたとしたら、それはイジメだし、それに近い感覚なのでは?」

と言われました。しかし、これとはまたちょっと違うような気がするんです。

それは、そもそも同和地区というのは、差別するために作られたモノだから。

ちなみに同和地区については、品川区が以前記載しています。

●みなさんは、同和問題をご存知ですか?

そういう「元々差別するために人が作ったもの」と、「以前は差別対象にしていなかった同性愛」を同列に考える事はできないのでは?
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何故?佐藤卓がパワハラ疑惑で文春に掲載されることに恐怖!

Yahoo!ニュースを見ていたら、ビックリした記事を見つけました。

元は文春で、本日発売の雑誌に掲載されているそうです。

●グラフィックデザイナー・佐藤卓氏がパワハラ疑惑に「申し訳ない」


週刊文春 2018年 7/12 号 [雑誌]

佐藤卓さんは本当に有名なグラフィックデザイナーなので、お仕事を目にしたことがある人は多いはずです。

キシリトールガムとか、「にほんごであそぼ」は特に知ってる方が多いかも。


にほんごであそぼ たっぷり [DVD]

ちなみに私、一度ご本人にお会いしたことあります。

明るく楽しく、ちょっとオネェキャラっぽくお話する方で、お仕事の感じから神経質な方かなと想像していたので意外でした。


私は今はこのネット記事しか読んでいませんが、書かれていることは

「あ〜デザイン事務所あるあるだな」というレベルです。

もっと酷い有名なグラフィックデザイナーの話、いっぱい聞いたことあります。

灰皿を投げられた、とか、殴られて倒れたら腹を更に蹴られた、とか、鼓膜を破られた、とか…

怒鳴るレベルは私も何度も見てきていますが、過去に一番ドン引きしたのは、某デザイン事務所にいた時にカッターで指を切った男の子に対して

「プレゼンに出すものにお前の血が付いたじゃねーか!ふざけるな!」

と怒鳴った社長がいたことですね。

あー怪我の心配より、プレゼンに提出するもののことでいきなり怒鳴るんだな、と。
PR

» 記事の続きを読む

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます