PR


記事一覧

No Image

2016-12-05 女ですもの
最近ずっとジェルネイルは同じサロンに通っています。理由はただ、担当の女性とお話したいから。ホントはワンカラーのグラデがしたいのですが、そのサロンだと1番安いのがラメグラデ5,000円で、ワンカラーだと7,000円になってしまうので、ラメグラデにしています。さすがに3週間に1度の頻度で5,000円以上は払えません…。ただ、担当の女性との話がめちゃくちゃ楽しくて、ほとんどお話するために通ってる感じですね。基本私の話を聞...

記事を読む

2016-12-05 東京散歩
先日SNSで紹介記事を見たお店、古民家カフェ「蓮月」が素敵そうだったので、友達と行ってきました!場所は池上本門寺、池上梅園のすぐ側。池上駅から徒歩10分、西馬込駅から徒歩15分くらい。日曜日のお昼に行ったら、座れるけど混んでました。若い人も多いし、小さな子供連れの人も何組か来ていました。1階のレジ前には小泉今日子と二階堂ふみの映画「ふきげんな過去」のポスターが飾られていました。こちらのお店が改装する前に、...

記事を読む

2016-12-04 アナ雪フリーフォール
600面以降難しくて色々手こずっていたら、いつの間にかステージが追加されていました。11/30に追加になっていたみたいですね。636面からは、キャラクターカードが登場しています。カードの隣でマッチを起こしてひっくり返すとアナやエルサや、色んなキャラクターの描かれたカードが出てきます。ひっくり返ったカードの中に同じキャラクターのものがあると、2枚がペアになって獲得できます。神経衰弱の要領ですね。ペアにならなかっ...

記事を読む

2016-12-04 レーザー体験記
早起きできたので、久々に石井クリニックでシミ取りレーザーをしました。石井クリニックに関してはこちらに書いてます。↓●SK-II開発者が院長の皮膚科、青山の「石井クリニック」今回やったのは、前にもやった目の脇と、鼻梁、あと今回初の目の下付近3箇所。まずは診察後に麻酔テープを貼ってもらい、30分待つ間に地下でランチ。自撮りでボケててよく分かりませんが、白く光ってる箇所が麻酔テープを貼ったところ。目の脇を以前レー...

記事を読む

No Image

2016-12-03 マンガ
東京タラレバのドラマ配役が発表されました。あまりに原作と合っていなくて、ガッカリというか、頭にきます。主人公の倫子が吉高由里子って時点で、嫌な予感はしていました。結婚に焦っているアラサーには全く見えませんからね。話し方とか雰囲気も全然違うし。案の定、ネイリストで元彼だったバンドマンのセカンドに成り下がる香が榮倉奈々、父の居酒屋を手伝うサバサバ系美人だけど不倫にハマる小雪が大島優子、辛口でアラサーた...

記事を読む

娘を女として見る父親って、ホントにいるんですね…

最近ずっとジェルネイルは同じサロンに通っています。

理由はただ、担当の女性とお話したいから。

ホントはワンカラーのグラデがしたいのですが、そのサロンだと1番安いのがラメグラデ5,000円で、ワンカラーだと7,000円になってしまうので、ラメグラデにしています。

さすがに3週間に1度の頻度で5,000円以上は払えません…。

ただ、担当の女性との話がめちゃくちゃ楽しくて、ほとんどお話するために通ってる感じですね。


基本私の話を聞いてもらってるのですが、合間に語る彼女の話が

「そんなプライベートな話をサロンの店員さんがする?」

ってくらいプライベートな上に、ビックリな話が多いのです。

今回は話の流れで

「中学生の娘と一緒にお風呂に入るって男性が会社に2人いてビックリ」と話したら

「うちの父親も一緒に入りたがります。

でもそれは、娘を女として見てるからなんですよね」

と言われ、同僚の話以上にビックリ…!

「それって…?」と聞くと

「妹がタンクトップ姿だとジーッとイヤラシイ目で見てたり、うちの父親おかしいんですよ。

トイレに入ってるときも、鍵をかけないと開けてきたり」

「それ、お母さんも分かってるんですか?」

「はい。だから妹と父親が2人きりにならないように気をつけてます。」と…。


「私が小学生の高学年のとき、ブラをするかどうか母親と話していたら

『あの子もブラしてるし、お前もした方がいいんじゃないか?』

って父親が言い出したんですけど、そうやって他の女の子がブラをしてるかチェックしてるのとか、娘にそんな話をするなんて気持ち悪いですよねー」

と言われ、それってホントにそういう意味なのか、単にデリカシーの無い男なのか、境目が分からず、なんて言おうか考えていたら

「あ、引いてますよね?」

と言われてしまいました…。


いや、確かに本やネットでは、そういう性的な話を家族にしてしまうデリカシーない昭和のオッサンの話はチラホラ聞いたことがあります。

田舎の方にはそういう人、いるらしいですよね?

息子の妻に

「バンバンやって子供作っちゃえ~」

とか言っちゃう父親の話とか。

でも彼女は都内近郊出身なので、お父さんは田舎のオッサンでは無い…。


「お父さんは実父ですか?」と聞いたら

「はい」と言うので、義理父でも無い。

実際に手を出されたワケでは無い、と思うのですが、そんな疑惑のある父親と一緒に暮らし続けられるのも不思議。

何故お母さんは離婚しないんでしょ?

実の娘を女として見る父親と暮らさせるなんて、ありえないんですけど…。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池上本門寺すぐ側、素敵な古民家カフェ「蓮月」

先日SNSで紹介記事を見たお店、古民家カフェ「蓮月」が素敵そうだったので、友達と行ってきました!



場所は池上本門寺、池上梅園のすぐ側。

池上駅から徒歩10分、西馬込駅から徒歩15分くらい。




日曜日のお昼に行ったら、座れるけど混んでました。

若い人も多いし、小さな子供連れの人も何組か来ていました。

1階のレジ前には小泉今日子と二階堂ふみの映画「ふきげんな過去」のポスターが飾られていました。



こちらのお店が改装する前に、二階堂ふみ演じる果子が働く食堂「蓮月庵」のロケ地として使われたそうです。

ちなみにこのカフェ、2014年まではお蕎麦屋さんだったそう。


一階はいかにもオシャレな古民家カフェで、庭もあって素敵!

隙間風が吹く建物なので、寒さ対策にストーブもあちこち置かれてました。

二階は写真は撮りませんでしたが、旅館のような畳敷きの二間のお部屋。

一緒に行った友達は

「ウチの実家、こんな感じだったなー懐かしい!」

と言っていました。

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アナ雪のフリーフォール無限ステージ636面にキャラクターカードが登場

600面以降難しくて色々手こずっていたら、いつの間にかステージが追加されていました。

11/30に追加になっていたみたいですね。

636面からは、キャラクターカードが登場しています。



カードの隣でマッチを起こしてひっくり返すと



アナやエルサや、色んなキャラクターの描かれたカードが出てきます。



ひっくり返ったカードの中に同じキャラクターのものがあると、2枚がペアになって獲得できます。

神経衰弱の要領ですね。

ペアにならなかったカードは、次に別の箇所でマッチが起こるとまた伏せられてしまいます。

ので、どこにどのキャラクターカードがあるのかを覚えておきながら進められたら良いのですが…

私は結構適当に、とりあえずマッチできるところをマッチしながら進めてしまいました。

» 記事の続きを読む


PR

 タグ
None
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石井クリニックでまたシミ取りレーザーをしました

早起きできたので、久々に石井クリニックでシミ取りレーザーをしました。

石井クリニックに関してはこちらに書いてます。

●SK-II開発者が院長の皮膚科、青山の「石井クリニック」

今回やったのは、前にもやった目の脇と、鼻梁、あと今回初の目の下付近3箇所。

まずは診察後に麻酔テープを貼ってもらい、30分待つ間に地下でランチ。





自撮りでボケててよく分かりませんが、白く光ってる箇所が麻酔テープを貼ったところ。

目の脇を以前レーザーしたときの経過は

●レーザーから7日後

に写真付きで書いています。

今日はテープを貼る前の写真は撮っていなかったのですが、でもこの写真が後で役立つことになりました。


30分後に待合室に戻り、名前を呼ばれてベッドへ。

今回、目の脇のシミは大きいので、ショット数か面積か安い方で計算することになっていました。

結局、目の脇は3ショット、鼻梁と目の下はワンショットずつの計7千円になりました。

レーザー後に薬を塗り、テープを貼ってもらうのですが…

看護師さんがテープを貼ってる箇所が、レーザーした場所と違う?


しかし反応で赤くなっていて、肌アレかレーザー後か微妙に分からなくなってしまいました。

で、上の写真を見て、レーザー箇所を再確認してからテープを貼り直し、終了!

プラスでフィンギーマスクを買い、塗り薬とテープを自宅分処方されて、計11,602円でした。

» 記事の続きを読む


PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京タラレバ娘のドラマ配役がヒドイ!吉高由里子、大島優子、榮倉奈々じゃないだろ!

  •  投稿日:2016-12-03
  •  カテゴリ:マンガ
東京タラレバのドラマ配役が発表されました。

あまりに原作と合っていなくて、ガッカリというか、頭にきます。

主人公の倫子が吉高由里子って時点で、嫌な予感はしていました。

結婚に焦っているアラサーには全く見えませんからね。

話し方とか雰囲気も全然違うし。




案の定、ネイリストで元彼だったバンドマンのセカンドに成り下がる香が榮倉奈々、

父の居酒屋を手伝うサバサバ系美人だけど不倫にハマる小雪が大島優子、

辛口でアラサーたちの傷を抉りながらも、倫子と一夜を共にする金髪モデルのKEYが、坂口健太郎、

昔倫子が振ったプロデューサーで、倫子の弟子の若いマミちゃんと冒頭で付き合いだす冴えないマジメ大人しい良い人系の早坂さんが、鈴木亮平、

と、全く原作を無視して、とりあえず数字取れそうで、知名度高くて、スケジュールが合う人をおさえましたってだけの配役になったそうですよー。


言っておきますが、選ばれた俳優さんたちは私は好きです。

みなさん、合う役柄を演じてるときはすごく良い!

俳優だから1つのカラーだけじゃなく、新境地の役に挑むこともあるでしょう。

そして、こういうとき大抵

「私のイメージに合わないって言いだすヤツは絶対いる」と馬鹿にしたように上から目線で言うヤツはいます。

イメージどうこう、は以前

●「原作ファンは必ず実写化に文句を言う」って偏見がムカつく
●またマンガ原作映画が失敗?「秘密」の生田斗真が酷い!

でも書きました。

自分なりに合う配役を考えない人は、愛より金って感じの思考停止してる価値観なんでしょ?

» 記事の続きを読む


PR

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © EPIC DAYー東京在住アラフォー独身女のブログー All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます